<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
子ども達と石見銀山

 数日前、広島県布野町にある布野小学校の子ども達約30名が石見銀山を訪れました。猛暑の中、元気に龍源寺間歩を目指してくれました。この案内には当会からOさんとFさんが対応しました。

 布野小学校のある布野町には銀山街道が通っています。日本100名峠で有名な難所「赤名峠」を超え、仏ケ峠(ほとけがたお)を歩き峠を越えると作木と布野を結ぶ便坂トンネル付近に下りてきます。しばらく国道54号線を歩くと信号のある場所、常夜灯のある上布野の町に到着します。この常夜灯から布野小学校までの約500m余りがかっての布野宿となります。

 

 布野宿は江戸時代度重なる大火に見舞われました。ここには「赤名愁訴」といわれ助郷21ケ村の銀山街道に纏わる哀しい記録が残されています。つまり赤名周辺の21の村々の百姓が大森代官所(幕府)に対して銀の輸送の在り方について異議を申し立てる訴状を提出した。この訴えは訴状を提出していらい8年間に及び裁判で村々の人々はつらい厳しい状況がつづきました。そして6つの村を加えることで一件落着したと言われていますが、この訴訟にかかった費用は約530両にも及び赤名の村々には借金だけが残ったのであります。

筆者は地元の子ども達には、世界遺産石見銀山の歴史を通じて自分たちの村にはこういう悲しく厳しい姿があったことをしっかりと知っておいてもらいたいです。この子どもたちの見学には、地元の銀山街道を護る活動の辻田貞夫氏も同行されていてしばしの交流をさせていただきました。子ども達には厳しい暑さの中頑張って歩いてくれたことに感謝し、銀を運んだ銀山街道についてもっと学んでほしいと思いました。 (S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
暑さに負けず銀山を回ろう

 ここ石見銀山も連日35度前後の暑さです。が、『夏は暑いもの』と割り切って、日傘や帽子を着用し、お茶や水を持ち歩いてこまめに水分補給をする等の暑さ対策をして、ゆっくり銀山を回られてはいかがでしょうか。

 木陰の多い遊歩道を行きか帰りに歩けば少し涼しいですよ。鳥やセミが鳴き、バッタやトンボが飛び回っています。川にはサワガニもいます。龍源寺間歩の中は12℃くらいで天然クーラーの世界です。お孫さん連れのおじいちゃん、おばあちゃん、子どもさんに優しい言葉で解説しながら歩いておられるお父さん、お母さん、お友達と楽しそうに回られている若い方々‥‥‥、たくさんの方々が暑さに負けず元気に銀山を回っておられます。

 

 冷たぁ〜い冷気が流れ出て 間歩の前でもヒンヤリ

 

 できれば間歩の往復は2時間半、町並みは1時間くらいはとってゆっくり回っていただきたいです。そんなに時間の取れない方は、レンタル自転車で回ることもできます。

 石見銀山は鉱山遺跡です。歴史豊かで面白いエピソードも満載ですが、話を聞かないと、パッと見てわかるという遺跡ではないので、ぜひガイドと一緒に回っていただきたいです。自転車でのガイドも受けていますので、ご相談ください。

 

              (М)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康ということ その3

 健康であることについて、山歩きを題材にして、シリーズ的に載せてきましたが、今回はその最終版です。

 

      山仲間と三瓶山を歩く

 

 2年前の当ブログにも載せていますが、アメリカの心理学者エルマー・ゲイツ博士の実験で『 精神作用(心づかい)の実験 』というのがあります。

 以下、内容を部分的に要約しています。

 

 空気を圧縮すると、非常に冷たい液体空気

(−197℃)ができる。

 人間が思いを込めて吐き出す言葉(息)をガラス管に集め、その液体空気で冷やしてやると、沈殿物(結晶体)ができる。

 そして、人間の感情の状態によって驚くことが起きる。

 

〇元気な時の息からは、緑色の結晶体ができる。

〇清々しい心の時の息からは、青色の結晶体ができる。

〇尊敬の心の時の息は、紫色の結晶体ができる。

〇崇拝の念の時の息は、すみれ色の結晶体ができる。

 この4つの液体を、瀕死のモルモット60匹に注射したら全部蘇生した。

 

 いつもニコニコと、清々しくしている人が健康であることが理解できます。

 こころの状態が、人の健康に大きく作用することが、この実験でも、私たちの日常の生活の中でも知れます。

 まさに「笑う門には福来る」です。

 こころの状態によっては、この逆のことも起こる訳ですから、世の中は健康をつくるのも自分、病気をつくるのも自分ということが、言えるのではないかと思います。

 

 東京都八王子市の「高尾山」の山頂から富士山を写したものです。

 

 銀山・仙ノ山から男三瓶山が見えます。

 男三瓶山は独立峰の富士山とよく似ています。大田市唯一の国立公園でもあるので、来訪された方には、筆者は「大田市の富士山」とご紹介しています。

 

 自分の体力に合った山歩きは、健康を保つための要素が、たくさん備わっているような気がします。

 できれば気の合った仲間や友人と、あるいは家族で。

 まだ独身と言うなら恋人と一緒に。またはお独りで。

 自然を友に、ゆっくりと自分に合った山歩きをしてみませんか? 

 きっと、健康な身体を育ててくれるでしょう。         

                 文 責(T)

 

(このブログがアップする水曜日には、筆者は中央アルプスの木曽駒ヶ岳の山頂にいます。)

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月6日と温泉津温泉

今日は8月6日です。

1945年8月6日に広島で被爆され家を失われた方が、温泉津温泉にこられました

温泉津の温泉に入ることで、火傷などの症状がよくなったところから、温泉津温泉が原爆症に効果のある温泉として注目され、1957年には医学的な検証をする取り組みが行われました。

1回15分程度の入浴を1日2回、毎日温泉水100佞魄む。これを2週間続けた結果、温泉治療が原爆症に効果があるとされ、別府温泉や有福温泉などに原爆被爆者保養所が設置されました。

 

 

温泉津温泉には、1956年から1966年の11年間で、7000人以上の被爆者の方が湯治に来られたと言います。

「入湯団」が組まれバス2台で広島から来られたり、三江線が全線開通してからは3泊4日の湯治の方も多かったと言います。

 

 

「この温泉で原爆症が治った」と書かれた碑が元湯温泉のそばの温光寺にあります。

世界遺産登録を進めているユネスコは、戦争のない平和な世界を目指してます。

その思いを大切にして、今日もお客様をご案内したいです。(A)

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
厳しい暑さにめげず石見銀山に感動のお客様の姿!

    35℃近くの猛暑の続く石見銀山、4日も多くのツアー客、夏休み、盆休みを利用してのお客様の姿があり、一方で真っ赤な顔で帰られるお客様の姿もありました。午後には当会軒先の寒暖計は35℃を超えていました。

 

こんな中、島根県のゆるキャラ「しまねっこ」による「ねこぶらり」が開催されました。この企画は、島根の観光地で実施されている定時ガイドツアー「むすぶらり」に参加したお客様を対象に各観光地のオリジナル缶バッジ及びしまねっこのサインがもらえるイベントです。石見銀山では4日、午前10時半出発の町並みワンコイン、間歩ワンコインに参加されたお客様が対象でした。この日、町並みワンコインには16名、間歩ワンコインには11名の参加があり「しまねっこ」も暑い日差しの中で精いっぱいのサービスに徹し、記念写真、サインなどに応じていました。相変わらず大変な人気者でしたね。

子ども達にも大変人気のしまねっこ!

サインも「すらすら」と書いていましたね。

大変な人気の「ねこぶらり」でした。

 

夕方、厳しい暑さにも関わらず、往復5.0kmの歩いてこられた神奈川県からのお二人のお客様に、事務所前でこの町は400人の町ですが、今、子ども達が多く育っていて元気な街です。と紹介するとガイドさんからも「そう聞きました」と返してくださいました。そして「楽しかったです」と、「龍源寺間歩の涼しさは格別でした」と満足気でした。こうした会話ができることは私たちにとってありがたいですね。お疲れさまでした。次の機会は、「ぜひ街道を歩いて下さいね」と見送りました。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山USO情報P2

  石見銀山においでのお客様からの質問で多いのが「今でも銀はあるのですか?」です。結論から言えば「銀はあります」という事になります。ただし採算はとれません。鉱物資源はあるか無いかではなく、採算が取れるか取れないかなのです。つまり鉱山経営は市場との天秤ですから、物が有っても取り出すのにコストがかかり過ぎれば無いのと同じ事です。

龍源寺間歩

 例えば海水の中にも莫大な金銀が含まれていますが、100円分の貴金属を取り出すのに100円以上かかりますから、今のところ無いのと同じですよね。今後技術の向上でコストが100円以下になれば工業的に成り立つでしょう、それはまだまだ先の話ですが、そう遠くない時代、日本近海のレアメタルやメタンハイドレートはかなり期待できそうですね。1617世紀日本は世界の資源国でしたが再び有数の資源国になるのかな〜。

メタンハイドレート

 そんな中 龍源寺間歩公開部分の中に銀鉱石が露出している場所があるのです。何故採取されずに残っているのでしょうか?と逆にお客様に質問します。「えっ!何故ですか?」という答え、すかさず、「実はこれが石見銀山で働く人たちの優しいところなんですよ」「江戸時代の鉱夫さん皆で申し合わせしたそうです、ここだけは採るなよ、残しておこうよ」と、何故か?あのな、平成、令和の時代になったら沢山の人がここに来られるから、その時銀が全く無かったら気の毒だからな、ここだけはのこしておこうよね」というわけで残りました。

ただし 今のくだりは、音声ガイドでも、説明文にも出てきません、ガイドに付かれたお客さまだけの特権で〜す。お後がよろしいようで。(銀)

龍源寺間歩内の銀を含む鉱石

 

◎8月6日(火)

NHKラジオ「マイあさ!」

8月6日(火)NHKラジオ「マイあさ!【マイあさだより】」(5時17分ごろ〜5時25分ごろ)で、温泉津温泉や石見神楽が紹介される予定です。(A)

| チョコッと脱線 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
引き札わんだーらんど

 

8月1日から石見銀山資料館で「引き札わんだーらんど」が始まっています。

明治時代以後の、今でいえば商店の広告のチラシが展示されています。

 

 

写真の左の方に商品や店名が入ります。

 

 

これが実際に使用された引き札です。七福神が描かれています。

そのほかにも貴重なものがたくさん展示されています。

 

この引き札が発行された当時の大森町の写真も展示されています。

 

現在の町並み交流センター付近です。

 

石見銀山資料館では、これまでとちがって、写真撮影が可能なスペースができています。

 

 

「仲野館長イチ推し!」など、新しい企画もあり、よりわかりやすく見やすくなっています。

たくさんの方にご覧いただきたいです。

 

◎石見神楽公演

 

8月3日(土)、4日(日)は、町並み交流センターで石見神楽の公演があります。

 

◎ねこぶらり

 

8月4日(日)の「むすぶらり」に「しまねっこ」がきます。

午前中のワンコインガイドに参加されたみなさんには、特製缶バッジ、しまねっこ直筆サインがプレゼントされます。

前回は、31人の方に参加していただきました。

明日も、たくさんご参加いただければ嬉しいです。(A)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 06:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月まさに盛夏の石見銀山

    銀山通信をこよなく愛する皆様、暑中お見舞い申し上げます。

連日の猛暑で大変な状況と思いきや、暑さに負けじと多くのお客様の来訪、特に夏休みに入ったこともあり家族連れでの来訪が目立ちます。

 

メディアでは連日のように猛暑の情報、今日もうだるような暑さとなりそうです。筆者も町並みガイド担当です。日本列島は酷暑に見舞われていて気象庁からの情報としてニュースでは真っ赤に色づけされた日本列島が紹介されていました。

 これだけ危険と言われる暑さが続けば高齢者集団の当会、大変失礼な言い方でお許しください。ガイドも何らかの対策が必要ではないかと思います。つまり連続のガイド配置は極力さける勇気が必要ですね。無理はしないことだと思います。命の危険と隣り合わせ、まさに災害級の暑さがしばらく続きます。昨日、救急車の音が気になりました。「熱中症だろうか」と・・

 

このような災害級の天気で、対策に動き出した県もあります。都会ではミストシャワーが稼働しています。石見銀山ではしばらくは遊歩道への人気がつづくでしょう。無理をせずゆっくりと水分補給などしてほしいです。島根県など自治体は勇気ある猛暑対策を考えてほしいものですね。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
いつか見た光景

 先日、久しぶりに町並みをガイドしました。日曜日にもかかわらず、観光客の姿は相変わらずまばらでした。でも、通りには、地元の子供たちの遊ぶ姿や歓声があふれとても新鮮でした。乳母車を押す若いお母さん、とび回る我が子を見守るお父さん、それを取り囲むようにして、微笑んで眺めているお年寄り。そこを通りすがりの観光客が、これら地元の人たちと二言三言言葉を交わしていました。

大森の古い町並みに展開されている懐かしさと新鮮さが入り混じったこの光景は、小さい頃どこにでもみられました。景色だけではない人と人とのつながりが見えてくる原風景がこの町に再現されつつあります(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
健康ということ その2

 先週水曜日の当ブログで、健康を維持するために、山歩きをお勧めしました。今回はその続編です。自己流の健康法ですが、筆者の考えや思いを載せました。

 

「石見銀山ガイドの会」は、銀山街道、銀山の仙ノ山、三瓶山などの山ガイドもお引き受けしています。当会の平均年齢は、定例会の報告によると既に71歳を超えています。 銀山ガイドを行うにも健康は必須のことです。

 

      男三瓶山を西ノ原から望む

 

 山歩きを続けるためには、快食・快眠・快便であることはもちろんですが、その他にも気を付けることがあります。

 関節や靱帯や骨は、筋肉ほど鍛えられません。

 筆者は消耗品だと考えています。全身の筋肉や関節を柔らかくして置かないと、腰痛や靱帯断裂などを引き起こす原因になります。

 

 自分自身のことで恐縮ですが、若い頃から、プライベート登山を始め、自然観察ガイド、銀山ガイドと体力の続く限り歩いていました。

 1年前の5月のことです。突然、腰に激痛が走りました。3年前は肩腱板断裂を起こしました。指圧や電気治療、内視鏡手術などで治癒しましたが、そんなに強健でもない体は、悲鳴を上げていたのです。

 今は、毎日、足腰の筋肉や腱をほぐすため、60分の自己流のストレッチをしています。始めたころは、続けることがストレスになっていましたが、今では体がストレッチを求めるようになりました。

 

 

 そして、ビタミンを豊富に含んだ食事を取り入れ、抗酸化作用のあるプルーンエキスは必需品となっています。

 肉や野菜をバランスよく取り、健康は、活きた食事(加工食品を除く)が作ってゆくものというのが実感です。

 特に、登山の前日に肉を食べておくと、当日に力が出るようです。

 

「人も自然の一部」と言われます。

 体力に応じた山歩きは、自然からエネルギーがもらえるようです。

 病気や山で怪我をするのは、体力を超えた無理があるからかも知れません。特に高齢者の病気や怪我は、生活習慣や生き方を見直すシグナルのような気がしてなりません。  

                  文 責(T)   

 

 

 

 

                          ・

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/343PAGES | >>