<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
天ぷら饅頭

7月に入って、長野県の方をご案内した時、天ぷら饅頭が話題になりました。

何かの話の中で、お客様が、長野県では天ぷら饅頭というものがあると言われたのです。高遠のあたりから始まったと言われていると。そこで、ここ大田でも天ぷら饅頭を食べていますよ、と言うと驚かれていました。何故、大田で天ぷら饅頭かと言うお話もして不思議な縁ですねという話になりました。

 

    学校給食にも登場する天ぷら饅頭。

 

その数日後、福島県の方をご案内した時、天ぷら饅頭の話をしました。もちろん、ご存知でしたが、大田市にもあるという話には驚かれていました。

天ぷら饅頭を食べている地域は、筆者の知る限りでは長野、福島、大田市以外には東京(会津藩江戸屋敷のあった付近)と岐阜(飛騨地方では、お土産の人気商品になっています)です。

「天ぷら饅頭サミット」とか「天ぷら饅頭めぐりツアー」とか企画してもらえるといいのですが。  (A)

 

追記

本日、日本海テレビ夕方のニュース番組『ニュースevery日本海』で、ガイドの会の十周年記念企画の健康ウォーク「夏休み龍源寺間歩コース」が紹介されます。6時15分頃から放送の予定です。ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏休みには、「家族で健康ウオーク」参加してみませんか !
本題に入る前に、ポーランドのクラクフで開かれている
第41回世界遺産委員会で9日、福岡県の「神宿る島」宗
像・沖の島と関連遺産群を世界文化遺産に登録すること
がきまりました。当初、構成8遺産のうちユネスコの諮
問機関が4資産を除外するよう勧告していましたが、世
界遺産委員会は逆転で一括登録が決まりました。

世界遺産となったむ沖ノ島と手前は小屋島、御門柱、天狗岩

関係者の皆様、おめでとうございます。
今回の登録で国内の文化遺産は17件、自然遺産と合わ
せた世界遺産は21件となりました。

さて、本題に入ります。 8日、県内某テレビ局による
7月22日からスタートする夏休み限定の健康ウオーク
「龍源寺間歩コース」の取材がありました。 これまで
に何回もモニターツアーを実施し成熟度を図ってきま
した。
いよいよ夏休み限定のツアーがスタートします。
(7月22日〜8月26日までの毎週土曜日開催)

龍源寺間歩に入坑された方は沢山おられますが、どなた
も経験されたことのない非日常体験ができますよ。
しかも午後5時から龍源寺間歩を貸し切っての企画なん
です。そして内容は





真っ暗な間歩の中を螺灯を持って歩きます。 
銀を掘る際に使用したノミと鎚(つち)の音を再現
し、同時に構内の水を排水する際に唄ったとする巻
き上げ節を聞きます。
お客様は、坑道内で横臥し、暗闇で瞑想にふけっ
ていただきます。
これによりストレス解消を図り、健康になっても
らおうとする企画です。

このほかには、銀山公園から間歩までの間では、スト
レッチやお茶タイム、そして新切間歩では、銀堀さん
が使っていた足半(あしなか)、敷まつを着用し銀山川
に入り水刺激体験(クナイプ療法)を行います。そのほ
か楽しく歌も歌います。

この健康ウオークは観光ガイドに加え、非日常体験を
通じてストレスを解消し健康になっていただこうとす
るものです。 取材は全コースで行われ近日中に放送
予定です。楽しみです。

沢山の参加をお待ちしています。
参加費は、魅力たっぷりの、おひとり様3000円
(小5〜中学生は半額)
詳しいことは、 石見銀山ガイドの会 
電話0854-89-0120 です。お待ちしています。(S)
| ガイドつれづれ日誌 | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀山点描

昨日(8日)、6月14日のワンコインガイドに1人で参加された兵庫県のお客様がご夫婦で再訪され、ワンコインガイドに参加してくださいました。「今度は二人で来ます」の宣言をひと月以内で実現してくださって嬉しかったです。

 

 

昨日は、大森町で「世界遺産MATSURI」が、世界遺産検定の試験に合わせて開かれました。

町並みには、たくさんの食べ物屋さんが出店しどこも300円で食べられるとあって、にぎわいました。

 

 

ガイドの会の事務所の軒下でツバメの雛がかえりました。

 

 

渡辺家の横できれいに咲いているルドベキア。

 

 

雨上がりには、沢蟹が見られます。

 

 

黄色いスイカ。

 

 

町並みで見かけたきれいな花。(花の名前をご存知の方教えてください)

 

ゆったり歩けば、石見銀山では、さまざま魅力に出会えると思います。(A)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
10周年記念日余話

九州地方の豪雨による被災者のみなさんにお見舞い申し上げます。

ガイドの予約をしてくださっていたお客様から、取り消しの連絡もありました。

ご無事を願うばかりです。

 

 

7月1日の提灯行列には、たくさんの方が参加されました。

「石見銀山」は今回が3回目で、大久保間歩ツアーに参加するために来訪された埼玉県の方がおられました。

広島から来られた方は、7月1日が自分の誕生日なので、何か記念になることをと思って提灯行列に参加しようと思ったと言われていました。

本当にうれしく、ありがたいことです。

 

 

7月2日の「オペラ石見銀山」は大成功でした。全国各地からおいでいただきましたが、石見銀山を見て少しでも「勉強」してから

オペラを見ようと思われたお客様も少なくありませんでした。

札幌の20名のお客様は、ガイドを予約されて、ガイドと一緒に歩かれました。その後、オペラをご覧になり内容がよく理解できて感動がさらに深まったと喜ばれて、ガイドの会にお礼のファックスを寄せてくださいました。

 

中四国各地の旅行社では、10周年記念日の「石見銀山」へ行こう!(多くの有料施設に無料で入れる)というツアーが企画され、

観光バス10台で来訪されました。ガイド料も無料ということもあり、ガイドの予約をされた所も多くありました。

 

10周年を機に、来訪者が増えていると感じていますが、嬉しいことです。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
「重大な危険差し迫った異常事態」とは

島根県西部地方は5日の未明より猛烈な雨が断続的に降
り、浜田市、益田市、邑南町などに「重大な危険が迫っ
ている」として大雨特別警報が発表されましたね。幸い
島根県は甚大な被害にはならなくてよかったです。

被害に遭遇された皆様にはお見舞い申し上げます。

ところで、気象庁は4日から新たに始めた大雨・洪水警
報の危険度分布について、雨量を予測して大雨による浸
水や河川の洪水の危険性を「今後の情報等に留意」から
「極めて危険」までの5段階で表示。作成にあたっては、
過去20年分の水害の発生状況などのデータも活用したと
いうことです。「大雨の危険度分布」では1時間先まで
の雨量を予測し、危険度を判定します。「洪水警報の危
険度分布」では、河川ごとに3時間先までの流域の雨量
を予測します。紫色の「極めて危険」と表示されれば、
重大な被害が出る恐れがあるとして警戒を呼び掛ける
ということで、今回の島根県西部の大雨特別警報発表
の際にもテレビ画面に表示されました。
下記の画面です。



いつまで続くのか大雨情報 心配が続きます。

島根県西部に次いで、5日の午後からは九州北部地方に
おいて、梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んで積乱
雲が発生し「線状降水帯」が発生、豪雨をもたらしまし
た。 気象庁は「重大な危険が差し迫った異常事態」とし
て、これまでに経験したことのない大雨になっていると
して大雨特別警報を発令しました。

九州北部の記録的な豪雨は福岡、大分、佐賀などで6日
になっても降り続き甚大な被害が発生しています。 平
成26年8月の広島県安佐北区の惨状を思い浮かべました
このように災害はいつやってくるか予測できません。

筆者の町で今日、高齢者と小学生3・4年生を交えたサロ
ン活動の中でもこのお話をさせていただきました。

日頃より自分の住む町の危険個所、あらためて把握して
おきたいものです。 実は縁あって、6月11日大分県宇佐
市からのご家族5人を案内いたしました。大雨の被害に遭
遇されていないことを祈っております。

雨の中、間歩までガイドし、取材を受けた様子

今日は大きな災害もあったので、少し話題を変えてブログ
を書かせていただきました。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
牛のいる風景(3)

出雲部、石見部にかかわらず、たたら製鉄業にとって牛の
存在は不可欠でした。「小鉄(こがね)七里に炭三里」と
言われるくらい、広範囲から砂鉄や炭を運ぶ輸送手段とし
て主として牛が使われていました。

中国山地の脊梁地帯の植生は、放置すればブナ、ミズナラ
樹林になるはずなのですが、その一部は人為的な草原景観
にとって代わり今でも残っています。  

かってたたら製鉄が行われていた雲月山の山頂(912m)
右側は浜田市金城町でササ型草原から雑灌木に遷移しつつ
あります。緑色の濃い左側は広島県北広島町で、ススキ型
の草原が維持されています。北広島町では、ススキ型の草
原景観を維持するために、山焼きを復活させたり、ハイキ
ングコースを整備したり、地元の子供たちの環境教育に役
立てています。こうなると、いよいよ島根県側との対比が
際立ってきますが、環境教育としては“放置すればこうな

りますよ”という、格好の教育現場となることでしょう。

中国山地のたたら製鉄が盛んであった地域が、和牛でも蔓

牛(つるうし)と呼ばれる優秀な系統牛の産地とぴったり

と一致します。広島の比婆牛、島根の仁多牛、鳥取の日野

牛、岡山の千屋牛、兵庫の但馬牛などです。現今の改良さ

れた黒毛和牛はこれらの蔓牛によって築き上げられたもの

です。

たたら製鉄は廃れましたが、この産業を支えた和牛は、

今世界の肉用牛として注目される存在になりました

(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガイドの重み
 世界遺産登録10周年の記念行事も終わり、落ち着いてきた銀山ですが、梅雨の時期は銀山に来られるお客さまも少なくまばらです。



 折りに触れて、ガイドなしで歩かれたお客様に、銀山を歩かれた感想をお聞きしています。
 片道約2.3kmの龍源寺間歩(坑道)コースを歩かれた方々です。
〇30分以上歩いて、やっと辿り着いた暗い洞窟(坑道)
 に入り、また30分以上歩いて帰って来ました。洞窟だ
 けだったので少し疲れました。
〇緑いっぱいの山村を歩いたのは良かったけど、あの洞窟
 が世界遺産なんですね??


      石見銀山ガイド事務所(右奥側)

 そういう感想が多いので、ガイドとしてのジレンマを感じています。もちろん、洞窟(坑道)だけが世界遺産ではありません。
 ガイドの立場から、時間がある時は、ガイド事務所の前で石見銀山についてお話しさせて頂いています。
 世界遺産となった理由など、絵図や銀山道具等を使って、世界観でお伝えするのがガイドの役割りだと考えています。
 ガイドの自慢話しをしている訳ではありません。
 それほど、ただ歩いて見るだけでは、伝わりにくい、分かりにくい世界遺産なのです。


        大森銀山の町並み

           龍源寺間歩

 坑道内(龍源寺間歩)は、ガイドの説明付きを条件に入坑することを、提言されたお客様もおられたようにお聞きしています。
 もし現実に、石見銀山でガイドする人が全くいないことを想像すると、世界遺産は廃墟として映る様な気がするのは、筆者の思い上がりでしょうか。。。



 何はともあれ、中世から近世にかけて、世界の文化と経済に大きな影響を残した先人達の跡(遺構等)を、次の10周年に向けてお伝えして行きたいものです。
                   文責(T)                                                


| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界遺産登録10周年記念日

7月2日、世界遺産登録10周年記念日は一日賑わいました。

あすてらすでは記念式典が行われました

記念式典のサプライズは、「たたら侍」の錦織監督とAKIRAさんの登場でした。

お二人の石見銀山や島根に対する熱い思いが伝わり嬉しく思いました。

参加者全員の記念撮影も行われました。

大田市の子どもたちが食べた、「世界遺産登録10周年記念献立」。

「らとちゃんの笑顔いっぱいさざえごはん」

「モ〜(牛)っと食べたい!じゅうねん炒め」

「うめーぇのは和え」

「ふるさとみりょく発掘汁」

「心躍る天ぷら饅頭」

 

市民会館では「オペラ石見銀山」が上演されました。

昼の部、夜の部共に満席でした。

素晴らしいステージで、終演後のカーテンコールは大変な熱気でした。

市民会館前で開かれた「石見銀山”味力”フェスティバ」も大盛況でした。

「オペラ石見銀山」の出演者のみなさん。

9月25日、東京新国立劇場での再演が楽しみです。

チケットは残り少ないということですが、たくさんの人に見ていただきたいです。(A)

 

追記

「オペラ石見銀山」公演の様子が、本日(4日)18時10分からのNHK[しまねっと610」で紹介されます。

 

| ガイドつれづれ日誌 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山世界遺産登録10周年効果・・銀山公園終日混雑
2007年7月2日「石見銀山遺跡とその文化的景観」
は日本で14番目の世界遺産登録されてから今年10
 周年を迎え、銀山公園は終日大混雑しました。
しかし、10周年記念日というのに銀山公園での
「らとちゃん」による出迎え、関係者の来訪もなく
雰囲気としては寂しい現場での一面でした。

石見銀山ガイドの会では、記念すべき今日の日ガ
イド料はすべて無料対応しました。
記念すべき日にツアーを組まれた Y 旅行社から
広島、鳥取、松山、福山、岡山からお客様が観光
バス11台で石見銀山に訪れました。残念なことに
一部のツアーはガイド予約がなく、お声をかけさ
せていただきガイドを急きょ配置しご案内いたし
ました。ガイド不足もあってご案内できなかった
お客様には申し訳ない気持ちです 。しかし、ガイ
ド料無料というコマーシャルは効果ありの様子で
したね。写真は昨日の様子で す。(S)








 
| ガイドつれづれ日誌 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
400人以上の提灯行列

今日は、世界遺産登録10周年記念日です。

10年前を思うと、やはり、感慨深いものがあります。

「この10年を振り返って一言でいえばどうなりますか?」と新聞社の方に聞かれたとき、「不消化」と言う言葉が浮かびました。

「石見銀山遺跡とその文化的景観」という素晴らしい世界遺産の価値と魅力を伝えきれていない、それを十分生かし切れてもいないという意味で「不消化」という言葉が浮かびました。

新たな十年に向けて、昨日は、世界遺産の地元大森町で、町並みギャラリーと提灯行列が行われたくさんの人が参加されました。

夕方の提灯行列には、地元自治会や町外の大田市民、観光客のみなさんなど400人以上が参加しました。

代官所前からとたまるや前から出発し、町並み交流センターで合流しました。

ガイドの会も手作り提灯をもって参加しました。

町並み交流センターで、みんなで世界遺産登録10周年を祝いました。

5周年記念の教訓を生かして、地元が中心になって世界遺産登録10周年を祝うことができてよかったと思いました。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 08:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
<< | 2/266PAGES | >>