<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
リピーター

3月16日、愛媛のOさんが来訪されました。

Oさんは、2年前一人で来訪され、ワンコインガイドに参加されたとのこと。とても感動され、1週間後には奥さんを連れて再訪され、ガイドの会の事務所にお菓子まで届けてくださったとのこと。そして、Oさんは、奥さんをガイドして龍源寺間歩に行かれたとのこと。

今回は、長崎から知人が愛媛に来たので長崎に帰る前に「石見銀山」に行こうと誘われて、奥さんと3人で来られたのです。ところが、ご自分は半月板の損傷で歩けない、そこで、奥さんにガイドするようにいわれたのですが、奥さんはできないからと言われ、それならガイドといっしょでないとダメと言われたとのことでした。たまたま、別のお客様のガイドがスタートするときだったので合流されました。

 

 

島根県で行っている「むすぶラリー」プレゼント。

県内の2か所でガイドに参加して投函すれば、ペア宿泊券や島根の特産品がプレゼントされます。

3月11日、ワンコインガイドに参加された東京のお客様は、これに当選して、島根の特産品を選択してシジミを送ってもらったと言われていました。

今度も当たるかもしれないと笑顔でした。

 

ガイドと一緒に歩くことで、リピートしてもらえるということを改めて感じます。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
遊歩道

龍源寺間歩に向かう遊歩道の通行止めが予定より早く解除されました。嬉しいことです。

妙正寺側から見ています。

大久保石見守墓所側から見ています。

落石防止のネットが張られましたので、安心して歩けるようになりました。

階段もくぼんで歩きにくかったのですが、きれいに直してもらいました。

ただ、工事のために切り倒された杉の根が残っていて、これに躓く人がいないかと気になりました。気を付けてご案内しなければと思いました。

これで、遊歩道は、新切間歩までは歩けるようになりました。

新切公園では、現在遊歩道の橋の付け替え工事が行われています。ゴールデンウィークには遊歩道の通行止めが全面解除になればいいなと思います。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「旅の縁」は、ひとつのきっかけから・・・・・

先日、14日、私は事務所当番の出勤日。

この日も朝から事務所はお客様で混雑しました。取り急ぎガイド配置の仕事をこなして、定時ワンコインガイドの受付など混雑の解消に努めました。

 

すると2人の男性からガイドをお願いしたいと申し入れがあり、1時間位の時間ということで街並み地区のガイドをお勧めし出かけました。1時間位経ったでしょうか。事務所から電話があり「今、どこ?」「西性寺」と答えると、「あとどれくらいかかりますか」と。「15分」位ですかね。実は、間歩へのお客様があるんだけど、ガイドがいなくて困っている。羅漢寺を紹介したので、そちらが終了したら帰ってほしいとの電話でした。

 

実は、お客様、町並み交流センターでガイド中、タクシーが私の前、止まりました。「どうしたんですか?」と声かけると「銀山公園がわからない」とのことでした。私は、「この道をまっすぐ上がって、途中で訪ねてみてください」そして、「ガイドの会の事務所を訪ねて下さい」と説明して別れました。

 

この日は、いつもよりお客様が多く待機のガイドさんも出払っていたんですね。

 

街並みガイドが終了し代官所前駐車場には同僚が私を待ってくれていました。すばらしい配慮をしてくれていました。私を待ってくれている方がいるんだという気持ちになると、嬉しくなるもんです。

 

お客様は、神奈川からの女性3人、玉造温泉からタクシーを利用しての来訪です。わざわざ、足を運んでくれたんですね。期待に応えねばという気持ちになります。お会いして、初めて会った会話でなく、気持ちも和んだと思いました。話をしてみるととても楽しい方でした。ガイドの始まりから終わりまでいろいろな会話がありました。玉造温泉から来ようとも直通の乗り物がないとの指摘。そうなんですよね。石見銀山の観光を終えて、宿泊地は玉造温泉も多いんですよ。お客様満足度向上には、交通不便な石見地方。交通対策の改善も必要ですよね。お客様は、本気で訪客の方法を取り組んでほしいと。

そして、間歩まで歩く観光についてもひと工夫必要だとおっしゃいました。

大田市は、新観光振興計画策定中であり、パブリックコメント募集中です。観光振興計画策定も大切ですが、まず石見銀山、三瓶山、温泉津温泉など観光地の現状をよく見極め、「お客様が来訪したい」という満足すべき環境にまず整備することが先決ではないでしょうかね。

 

ガイドを終えて、事務所前で写真を撮らせていただきました。充実したガイドもでき、お客様に「楽しいガイドをさせていただきましてありがとうございました」とお礼を述べたい気持ちの1日となりました。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダークツーリズム(Dark tourism)

 早いものでこの3月11日で、東日本大震災から6年になりました。津波の被害を受けた地域は、徐々にですが確実に復興が進んでいます。ところが、福島原発周辺では、避難指示地区が徐々に解除されても、戻る人はあまりいません。未だに多くの農地と漁場を奪われたままです。双葉町商店街に掲げられていた「原子力明るい未来のエネルギー」の看板がいつのまに撤去されていました。野良犬がうろつくだけのゴーストタウンに掲げられていたこの看板を見ておけばよかったと思いました。

そしてチェルノブイリ原発事故からも31年たちます。チェルノブイリは世界の穀倉地帯といわれるウクライナにあります。小麦畑が果てしなく続き、麦の穂が風に揺らいでいた肥沃な土地に、今灰色の風が吹き荒んでいます。チェルノブイリ周辺30kmは今なお立ち入り禁止となっています。原子炉を封印した石棺が今ぼろぼろになり、さらにこの石棺を覆うように巨大なシェルターが建設中だといいます。その高さは東京ドームの2倍もあるそうです。荒寥とした原野にそそり立つ石棺や、当時のままに教科書や防毒マスクが散乱した教室の様子を見に行き、眼裏に刻んでおきたいと思います。今、チェルノブイリとフクシマを世界遺産にという運動が持ち上がっています。もし登録されれば、核関連の 世界遺産では、広島の原爆ドーム、アメリカの核実験場があったビキニ環礁に次ぎます。

その成否はともかくとして、最近、ダークツーリズムとよばれる観光が注目を集めています。これは、災害、大量殺害、戦争の跡地など、負の遺産を巡る観光のことを言うようです。今では、福島原発を間近で見学するツアーも組まれ、結構人気で昨年だけで観光客は年間2万人近くもあったそうです。一方、チェルノブイリでも沢山の観光客が押し寄せているようです。お土産物屋には、Tシャツや帽子、置物などの様々なグッツが並び、その売り上げ利益は、犠牲者の救済や環境保全に役立てるというメッセージも。今やニューヨークのグラウンドゼロでも旅行客相手に商業活動が盛んに行われているようです。

ダークツーリズムの問題点は何か。筆者のフクシマやチェルノブイリを見て、脳裏に焼き付けておきたいという願望は、単に筆者の個人的な興味の対象でしかないのかもしれません。動機の根源を問われているのですね。ダークツーリズムは、安易な商業主義にのって、犠牲者の尊厳を傷つけてしまうことが大いにありうるということです。

原爆ドームの場合はどうでしょうか。昨年夏、オバマ前アメリカ大統領が、原爆ドームを訪れた時の大部分の日本人の反応は、原爆投下の命を下した張本人ではないにしろ原爆を落としたアメリカの大統領に対して「帰れ」ではなく「ようこそ」でした。悲劇を風化させないというダークツーリズムを肯定的にとらえた典型的な例でしょう。

石見銀山も光の部分だけを強調しがちですが、ダークツーリズムという視点からみると、いろいろなことが見えてくるような気がします(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
梅まつりの日のガイドから

 3月12日に恒例の梅まつりが開催され、連日、その

様子を掲載していますが、筆者は、当日のガイドの中で、

お客様がされたお話しを載せたいと思います。

 

 オープンセレモニー定番の開会式です。

 

 銀山特産「梅もち」の餅つきです。

「石見銀山ガイドの会」の皆さんもお手伝いをしました。 

 

 ガイド依頼のお客様がおられたので、梅まつりのかた

わら、銀山(間歩コース)をご案内しました。

 東京、広島、島根からのお客様でした。大変熱心な皆

さまで、お話しをするたびに質問を出され、し甲斐のあ

るガイドでした。

 

 お別れの挨拶のとき、銀山を歩かれた感想をお聞きし

ました。

 1人のお客様が「もし、ガイドが無かったら、普通の

森林風景を見て、終わった坑道に無造作に入り、残され

た崩れそうな石垣遺構や、災害復旧の跡を眺めただけの

廃墟の世界遺産を感じて帰っていたと思います。」と話

されました。

 

 これは、筆者のガイドの自慢話しではありません。

 石見銀山は、説明が無いと分かりにくい世界遺産とい

う現実でもあります。

 10周年記念イベントやお祭りだけが目立って、世界

遺産の「現地の説明の重要性」が少し置き去りにされて

いるような気がします。現地では説明が無いと、タダの

廃墟と映る場合があるようです。

 

「常に説明者が連れ立って歩く世界遺産」というような

仕掛けが出来ないだろうかと考えます。

 説明者は、ガイドを含めた大田市民の誰もが、出来る

ようになれば素晴らしいと思います。   文責 (T)

 

 

 

 筆者のふるさと、大田市仁摩町の漁港に飛んできた

「コブハクチョウ」です。

 毎年、この時期に数羽が飛来してきます。いつの日

か、港を滑走する白鳥を見られたらいいなと思います。

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅まつりの中の高校生

梅まつりについては既報ですが、筆者は、梅まつりの中の高校生について記します。

最近の梅まつりには、2つの高校の生徒さんが毎年参加して祭りを盛り上げています。

一つは、県内有数と高い評価を得ている石見智翠館高校の吹奏楽部のみなさんです。

今回も、ステキな演奏と歌で観客を魅了しました。

演奏終了後も会場内に残って、祭りを楽しむ姿が見られました。

もう一つは、大田高校のみなさんです。こちらも、毎年、祭りの裏方さんで活躍しています。

今年は、柔道部、弓道部の約30人の参加でした。

餅つき、梅干しの種飛ばし大会のスタッフ、その他の裏方の仕事で祭りを支えてもらいました。

高校生頑張って御餅をつきました。

平もちに仕上げました。

 

餅つきコーナーでは、高齢化で餅をつく人手が不足しているので、若いみなさんは大きな戦力です。

餅の販売コーナーでも高校生のみなさんは大活躍でした。

梅まつりりの会場に若い人の姿があるのはとても嬉しいことです。

石見銀山ガイドの会に高校生のみなさんを迎えられないかと言う思いを強くしました。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
天気に恵まれた石見銀山梅まつり

  第24回 石見銀山梅まつりはさわやかな天気の中、多くのお客様が来訪されにぎやかに開催されました。筆者、午前中は他の仕事で参加できず昼前に会場を訪れました。

石見智翠館高校の吹奏楽が拝見できなかったのは残念です。

好評の梅いりのお餅は、高校生の活躍で沢山出来上がり買い求める姿がありました。筆者もお餅をつかせていただきました。つきたてのお餅は女性たちがきれいに仕上げていきました。

 

会場では、たい焼き、ピザ、高山そばなどのお店の出店があり、買い求めるお客様で混雑していました。

 

ステージでは踊りや舞、安来節などが披露されました。梅まつりの人気イベントである梅種飛ばし大会では子供の部での優勝記録6m28僉⊇性の部は5m41僉一般男性の部、優勝記録は前年の覇者の方が自身の記録11m71僂鮃洪靴垢12m46僂罵ゾ すごいですよね。

我がガイドの会から参加の三谷和久さんの一般の部21名参加の中、最高齢で記録6m76僂鳩鯑いたしました。来年も参加すると表明されましたよ。頑張ってほしいです。

梅まつりには当会からも約40名の会員がイベントへの協力等で参加、まつりを盛りあげていただきました。会員の皆様ありがとうございました。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
大田市のみなさんへのガイド

「旅するどんぶり」は、開場1時間以上も前から並ぶ人もいて賑わっていました。筆者は、待ち時間なしの「プリンどんぶり」を食べました。

食べごたえがあり、おいしかったです。

 

「旅するどんぶり」には、大田市外からのお客様も多く、その後、龍源寺間歩へと向かわれる方も結構見受けました。

大田市の方が、県外や市外の方を案内されて龍源寺間歩へ行かれてもいました。

今、大田市のみなさんに「石見銀山」を分かりやすく伝えることが大事だという気がしています。

そのために、例えば、自治会やグループで世界遺産を見学する際は、入館料やガイド料を補助(無料が一番ですが)するような制度(しくみ)が考えられないものかと思います。

「なるほど世界遺産」と市民が納得するということが、来訪者増策の大前提という気がします。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
お知らせ

お知らせ機…鵡垰澆甓鮟

 

 

2月15日から行われていた、龍源寺間歩へ向かう市道の工事が終わりました。

予定より早く、3月11日(土)から通行止めが解除されます。

 

お知らせ2 大国の史跡めぐり

 

仁摩町大国の史跡めぐりウォーキングが開催されます。

日時  3月18日(土) 8:30〜13:00ごろ

集合  大国まちづくりセンター

コース 大国まちセン〜冠巌〜矢筈城跡〜

    湯里西田水上神社〜瑞泉寺〜バスで大国まちセン

定員  25名(健脚者対象)

持ち物 おにぎり、タオルなど

お問い合わせ 大国まちづくりセンター

       筺0854−88−9455

 

お知らせ3 モニュメント除幕式

 

 

世界遺産のモニュメントの除幕式が行われます。

日時  3月24日(金)13時30分〜

場所  石見銀山公園

 

これまで要望の強かった世界遺産のモニュメントが、銀山公園におかれることになりました。

その除幕式です。

多くのお客様から、世界遺産だとわかるようなものがないのかと言う声が寄せられていました。

これからは、このモニュメントの前で写真を撮られるお客様も増えることでしょう。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月11日から12日 大森町に行こう !

 半年前の『旅するひと皿』が大森町で開催され大変なにぎわいがありました。その時、例えば熊谷家の厨房で人知れずカレーのお手伝いをしていた人天ぷら職人 加瀬部武。「加せべさんにもう一度天ぷらを揚げてもらいたい。そして、一口でいいから食べてみたい!」・・・そんな思いから、再びあのメンバーが集結します。3月に入って大森町では「ひなまつり展も開催中、賑わいも戻ってきています。大きなイベントが目白押し。銀山通信ですでに紹介していますが12日には恒例の梅まつり、そして今日紹介いたします「旅するどんぶり」が11日及び12日の両日町並み地区において開催されます。

 

魅力あふれる世界遺産の地 大森町を訪ねてみませんか。

旅するどんぶり(旅するひと皿 番外編)

開催日
3月11日(土)・12日(日)

場所
大田市大森町 町並み地区

内容
馳走 天ぷら 加せべ
[出店日]311日(土)11:00
[数量]限定50
[場所]熊谷家住宅 
2015年、惜しまれつつ店をたたんだ出雲の名店「加せべ」の天丼が、なんと復活します!

cafe ma-no
[出店日]312日(日)10:00
[場所]ベッカライコンディトライヒダカ 
丹波のおしゃべりお兄さんが昨年に引き続きやってくる一杯のコーヒーを、あなたのためにお淹れします!

カレーのアキンボ
[出店日]312日(日)11:00
[数量]限定100
[場所]熊谷家住宅 
佐賀の「アキンボ」が再びやってくる!今度はなんと、カレー丼

さんべMARKET
[出店日]311日(土)・12日(日)10:30
[場所]熊谷家住宅 
子どもの頃に一度は夢見たことがあるはず・・・どんぶりいっぱいのプリン三瓶高原牛乳とこめ卵で作る昔懐かしのプリンが、限定登場します!

cafeごはん Read
[出店日]311日(土)・12日(日)11:0015:00
[場所]水仙の店
地元食材を使ったカフェごはんが人気の「Read」。この日のために、人気No.1鶏の唐揚げを、親子丼にしてご用意いたします!

ベッカライコンディトライヒダカ
[出店日]311日(土)・12日(日)10:0017:00
[場所]ベッカライコンディトライヒダカ 
ドイツマイスターによる味わい深いパンと焼き菓子いろいろ。この2日間は、オーブンフル稼働で焼きまくります!

 

12日 銀山公園では梅まつりが開催されます。 時間は午前9時半から午後15時まで。

来訪の際は、公共交通機関のご利用をお勧めいたします。車で来訪の際は、石見銀山世界遺産センターへの移動をお願いいたします。(S)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/255PAGES | >>