<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
開催された第4回世界遺産サミット

 前日の分科会に引き続き、11月10日(土)大田市の島根県立男女共同参画センター「あすてらす」で、第4回の世界遺産サミットが開かれました。

 国内の世界遺産が所在する自治体(姫路市・南砺市・廿日市市・天川村・平泉町・東京台東区・大田市)が一同に集まり、世界遺産の保全や活用について意見交換がなされました。 

 

 オープニングは、大田市の和太鼓演奏グループによる石見銀山天領太鼓です。

 和太鼓の響きを通じて、会場いっぱいに熱いエネルギーが伝わります。

 

 開催地大田市の楫野市長が、開催地挨拶の中で、官民の枠を超えた連携の大切さを述べられました。

 

 前日の分科会の成果について発表がありました。

(上の映像は石見銀山ガイドが下河原吹屋跡でご案内している様子です。)

 

「観光地の再訪は、人が人に会いに来ること、住んでいる人と触れ合うことが大切。」「それぞれの世界遺産の価値や魅力を伝えて行くためには、説明者(ガイド)が不可欠。」「登録されれば伝えて行く責任がある。」「後世に繋げるためにも、伝える活動にもっとエネルギーを注ぐべき。」等々、課題を含めた発表がなされました。

 

 後半の2部では、女優の高島礼子さんと旅する世界遺産研究家の久保美智代さんのトークセクションが行われました。

 

 高島さんから石見銀山について

「世界遺産が本物だから学んでみたくなる。」「数百年前と同じものを見て、昔の人たちと同じ風景を感じながらそこに立っていることに感動を覚える。」「坑道の中は、銀を掘った跡が昔のままに残されていて、当時の人達が人力で掘り進んだ光景が分かるようで涙が出そうになった。」など、感動的なお話しがありました。

 

 久保さんから高島さんに、毛利元就公が当時の天皇に寄進した「御取納丁銀」がプレゼントされました。当時の丁銀には灰吹銀(石見銀)が使われています。

 

 一般参加者の会場への入場枠は50名でした。筆者は、抽選くじには当たった経験がないのですが、当選枠に入りサミットを見学することができました。勉強になる有意義なサミットでした。

 サミットではガイドの重要性も盛り込まれています。行政の支援を期待し、私たちも出来るだけ多くの人に、世界遺産を伝えて行きたいものです。  文 責(T)

 

 

 

                          

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
大森町文化祭

11月12日は、大森町の文化祭でした。

いい天気に恵まれて、たくさんの人が参加して一日賑わいました。

オープニングは、子どもたちのリードで参加者全員が踊りました。

 

 

体が汗ばむほど、みんなが音楽にのって踊りました。いいオープニングだなと思いました。

今年は、幼児や小学生のハローウィンの仮装もありました。

 

 

子どもたちは、会場内をまわってたくさんお菓子をもらっていました。

子どもたちの声の響く文化祭は、楽しく、未来に希望がもてていいなあと思いました。

 

石見銀山ガイドの会は、甘酒の振る舞いをさせていただきました。先着200名様に無料でおいしい甘酒をサービスして喜んでいただきました。

この文化祭には、町民だけでなく、観光客のみなさんも参加されて、町民のみなさんと交流されていて、それもいいなあと思いました。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
島根大学生23名による非日常体験

  平成29年度 石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーン助成事業で開催した夏休み限定の企画「龍源寺間歩コース」への島根大学COC事業による石見銀山プログラム体験会が午後5時から龍源寺間歩を使って実施されました。

龍源寺間歩の入口 四つ留

これから体験するプログラムの説明中の浜潟ガイド

銀を掘る際使用した灯り・・螺灯

足半(あしなか)・・わらじの半分のサイズ

しきまつ・・かな堀さんが座るに使用

螺灯をもっていざ、入坑

 

島根大学COC事業って難しい言葉ですが、島根大学へCOC入試を通じて、卒業後に地域で活躍し、地域とともに地域活性化や地域課題解決に取り組む人材の養成を目指す。つまり島根県における存在意義を高め、地域社会と連携・協働し、地域貢献人材の養成並びに地域の課題解決に取り組んでいくことと大学の案内でこう紹介しています。

 

今回の体験会は、足半(あしなか)、敷きまつを実際身につけ、そして螺灯をもって真っ暗な坑道内を体験。のみをたたく音、巻き上げ節を聞き、瞑想もしてもらう体験もしたことでしょう。実際、聞いた話では柵が締められた音で恐怖感で女性からは悲鳴も上がったとか・・・・

約30分位の体験でした。提出されるレポートでどんな事が報告されるか興味深く、内容によっては「来年度実施の企画に生かされれば良いな」と思いました。

間歩出口では真っ暗な坑道でやや緊張した身体を暖かな甘酒で「ほっと」していただきました。帰りはガイドさんに誘導され、螺灯のあかりで幻想的な道を歩いていただきました。また、明るい時間帯でお会いしたいですね。学生のみなさんご苦労様でした。この体験によって島根大学COC事業によって大田市の地域活性化に結び付け、ひいてはこの非日常体験のプログラムの取り組みが生かされ事業展開に結び付けていける事を期待したい(S

 

| ガイドつれづれ日誌 | 03:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
世界遺産サミット会議あれこれ

11月10日、世界遺産サミット会議が開かれました。

首長会議では、それぞれの地域の首長さんたちが、自分の所の世界遺産について熱く語られたのが印象的でした。

採択されたサミット宣言には、ガイドの重要性も盛り込まれていました。これを真剣に受け止めて今後に生かしてほしいと思いました。

交流会の場でお話をさせていただいた方の中には、「石見銀山」は、ガイド必須の世界遺産であると明確にして、来訪者にガイドと歩くことを義務付ける方向を目指すべきではないか(世界遺産の中にはそういうところもあるということです)と言われた方もありました。考えさせられました。

別の方は、ガイドさんの立ち位置を行政がもっとはっきりさせて、支援していく必要があると言われました。心強く感じました。

 

 

高島礼子さんと久保美智代さんのトークセッションは、お二人の世界遺産や歴史への関心が深く、楽しく聞かせていただきました。

 

日本観光振興協会の中村さんの閉会挨拶が嬉しかったです。

中村さんは、冒頭、朝大田町から久手町までランニングをしているとき、出会う子どもたちがみんな「おはよう」とあいさつしてくれたのですがすがしく感じた、全国各地に行くがこんなことは、初めてだと話されました。

以前、当欄で、邇摩高校の生徒が挨拶をしてくれると紹介したことがあると思いますが、だれにでも、挨拶が交わせる風土を大事にしたいものだと思いました。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界遺産の魅力を伝える

11月9日、大森町のオペラハウス大森座で世界遺産サミットの第3分科会が開かれました。

テーマは、「世界遺産の魅力を伝える」で、「富岡製糸場」、「法隆寺」、「石見銀山」、「長崎」の4地域の関係者のパネルディスカッションが行われました。

 

 

1時間半の話し合いでしたが、たくさん学ぶことができました。

「ガイドには知的好奇心が大切。ガイドとはお客様と知識を共有することだ」(「法隆寺」)

「世界遺産の成否を観光客の数だけで判断する傾向は問題だ」(「富岡製糸場」)

「長崎の宝事業ー長崎の宝を再発見・見つめようーで、小学生から大学生までがガイドに参加している」(「長崎」)

奇しくも「法隆寺」以外は、産業遺産の世界遺産地域ということで、筆者は「産業遺産は、一見しただけでは分かりにくいと言われているので、ガイドと歩いてもらうことが必要。世界遺産に登録されたということは、それを伝える責務があるということであり、そのためにもっと行政は力を入れてほしい」と発言しました。

短時間でしたが、これからの活動にたくさんのヒントがもらえて、有意義な会議でした。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
銀山街道「赤名宿から室集落」まで歩きました。

  11月3日、天気に恵まれ銀山街道尾道ルートの区間である島根県飯南町赤名から三次市布野町室までの約8km区間を20159月に歩いていらい久しぶりに銀の道の仲間7人で歩いてきました。赤名の町では大森銀山道道標、(左ハ石州さけ谷、大田、大もり五百らかん、右はとん原、まつ江、大やしろ一ばた)とあります。鍵町でもある広い町並を歩き本陣跡及び100年レールのある駅舎で小休憩、国道54号線沿いを歩いて瀬戸の一里塚跡に通じる当時の街道を歩きます。しばらく歩くと石ケ坪矢置石の看板があります。玉依姫という美しい姫様が備後の国境にそびえる女亀山(女神山)に住んでいて、ある日東の山の後方からとてもきれいな丹塗りの矢がとんできました。此の矢は大山昨(おおやまくい)という神様が一筋の矢に姿を変えたもので、この御霊が玉依姫に通じて姫は御子を産んだというお話があります。

古道を歩き、さらに集落の裏を歩き街道へとすすみます。そして国道54号線を横切って、北野古道入口を目指すも手前の集会所で昼食。ここまでスタートしてから9400歩。昼食後、北野古道より赤名峠を目指します。

 日本百名峠である赤名峠の案内板についたのは午後1220分。そして国境の碑の場所です。「従是芸州領」「三次郡横谷村」「従是出雲国廣瀬領」から「従是備後国芸州領」 と刻まれています。ここでは毎年、飯南町と布野町での国盗りの綱引きは有名ですね。勝利したほうに国境が移動します。

布野町に入った場所に新しく中村憲吉が赤名峠から女亀山を詠んだ歌「国境にいざよふ雲や国原に雪も時雨もこの御山より」の歌碑が建てられています。この辺から山林開発が行われていました。少し気になります。

赤名峠の入口

国境

中村憲吉の歌碑

 

さらに道なりに街道を歩くと出雲街道の看板を目印に行くと「万右衛門の碑」「室熊塚・一里塚跡」に到着、しばし解説版を読みました。これらの解説版は室集落の人達によって整備されたものです。集落の人達の銀山街道を護る気持ちが伝わってきました。この辺りから周辺の山は大掛かりに伐採が進んでいました。この姿を横目に街道を進み更に林道が大がかりに開発されていました。銀山街道大丈夫かとも心配するほどの姿です。

今回の目的地、広島県三次市布野町室集落(室本陣跡)についたのは予定より早い午後133分でした。(14710歩)

今回の歩く旅は、銀の道歩く仲間のグループで和気あいあいと歩けて良かったです。初めての参加の方との交流もできました。銀山街道を歩くことで多くの仲間と知り合える喜びがいいですね。次回は5月頃、島根県美郷町九日市〜赤名を予定しています。

石見銀山ガイドの会でも銀山街道や色々なコースを半ちゃんコースで歩く。仲間なりお客様に呼び掛けて気楽に歩ける企画もしても良いかなと感じました。(S 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
「銀山争奪の歴史」講座第4回が開かれます

 石見銀山世界遺産登録10周年記念事業「石見銀山争奪の歴史」講座第4回が来週開かれます。11月16日(木)に「多胡辰敬(たこときたか)と刺賀長信(さっかながのぶ)〜銀山争奪に生きた武将たち」と題した講義、18日(土)に岩山城跡と段山城跡を巡るフィールドワークが行われます。講師とガイドは石見銀山ガイドの会のメンバー、松原軍二さんが務めて下さいます。

 

 皆さん、多胡辰敬って何をした人物かご存知ですか。

         大田市久手町円光寺蔵の肖像

 

 多胡辰敬は、尼子の家来で、大内氏との激しい争奪戦が展開されていた石見国大森銀山を確保するための重要な拠点であり、同時に出雲国防衛の面からも最前線となる要の地、刺鹿岩山城の城主でしたが、永禄5年(1562年)2月に毛利氏に責められて落城、討ち死にしました。『多胡辰敬家訓』を残したことでも有名な戦国武将です。

 

 一方の刺鹿長信は、毛利氏の家臣で、忍原崩れの戦いで大敗した元就の命に従って銀山山吹城に籠城しましたが、永禄元年(1558年)、尼子軍に包囲されて孤立、兵糧を止められて飢えに苦しむ城内の兵を救うため、自分の自害と引き換えに安芸国吉田郡山城の元就のもとへ送還することを要求したことで知られる武将です。

 主君への忠誠を誓い銀山争奪の戦いを繰り広げた戦国武将たち。彼らはどんな思いで戦国の世を生き、戦ったのでしょうか。ロマンに溢れた波乱万丈の物語が聞けることと思います。

 歴史に満ちた史跡が今も市内のあちこちに残る我が町大田。大田市民の皆さん、この機会に大田にゆかりの深い戦国武将たちの話を聞き、城跡を訪ねてみませんか。 (М)

 

 

 お問い合わせ・お申し込みは

東部公民館 TEL 0854−82−5122 まで 

| ガイドつれづれ日誌 | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
文筆業のお客様と本谷コースを歩いて

 今週の日曜日(5日)のことでした。

 大久保間歩ツァーでご案内した4人のお客さまの中に、東京の某大手書店の方と有名な作家のお客さまがおられました。

 お聞きしたところ石見銀山に関する小説を書くために、今回のツァーに参加されたということでした。

 いつもの様に2時間半の観光ガイド(本谷コース)を終え、世界遺産センター前で、お客さまからご質問をお受けする際にそのことを知りました。

 少し驚きましたが、小説が出版されて石見銀山の文化的価値が、広く伝えられていけばいいなと思います。

 またのお越しを心からお待ちしております。

 

 ご案内した今年7月から一般公開している大久保間歩坑内の福石場の採掘跡です。

     (画像については大田市教育委員会からの提供を受けています。)

 

 他にも観光プロデューサーの方もおられたようです。このところ、特定のコースに限らず石見銀山を踏査され、学習目的で来訪されるお客さまが多いように思います。

 

       会員のガイド風景 

 

 私たち石見銀山ガイドは、学術文献や古文書などを基にしたガイドを心掛けていますが、これからも、今以上に研鑽を積まなければと思いました。

 

 銀山は秋の日差しに照らされて、紅葉が冴えわたっています。旬の季節に石見銀山を歩いて見ませんか。

                   文 責(T)

 

 

                          ・

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界遺産サミット迫る

先日も当欄で紹介しましたが、「世界遺産サミット検廚11月9日~10日と開かれます。

9日の分科会は、大森町で開催され、参加自由となっていますので、たくさんの方においでいただければと思います。

分科会のテーマとパネリスト・コーディネーター紹介します。

 

 

第1分科会(石見銀山世界遺産センター)

テーマ

西日本における世界遺産連携

パネリスト

世界遺産所在自治体実務担当者

姫路市、広島市、廿日市市、萩市、大田市

コーディネーター

大國晴雄氏(大田市教育長)

 

第2分科会(大森町並み交流センター)

テーマ

世界遺産のまちづくり

パネリスト

岡井 健氏(NPO法人日光門前まちづくり理事長)

三島敏樹氏(白川郷田島家養蚕展示館館長)

多田稔子氏(田辺市熊野ツーリズムビューロー会長)

仲野義文氏(石見銀山資料館館長)

コーディネーター

久保美智代氏(旅する世界遺産研究家)

 

第3分科会(オペラハウス大森座)

テーマ

世界遺産の魅力を伝える

パネリスト

佐滝剛弘氏(NPO産業観光学習館専務理事)

桐野耕一氏(長崎コンプラドール代表)

吉原淳一氏(斑鳩の里観光ボランティアの会会長)

安立 聖(石見銀山ガイドの会会長)

コーディネーター

井戸智樹氏(世界文化遺産地域連携会議お世話役)

 

時間はいずれも、16時開場で16時30分~18時です。

 

せっかくの機会ですので、参加して意見交流も出来ればいいと思います。(A)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
天空の朝ごはん  天気にも恵まれ最高!

  114日恒例の人気の催し物となってきた「天空の朝ごはん」が実施されました。前夜には時間雨量80mmの猛烈な雨も降る情報もだされかなりの雨がふりました。しかも催行日4日の午前6時〜12時までは雨との天気予報。てっきり中止だろうと参加のみなさんは思った事でしょう。

当日の朝、午前4時前に起床、天気予報を確認して自宅を出発しました。ところが、まだ薄暗い空にはお月さんがでていました。幸運と思いました。もしかして雨には遭遇しないと・・・・・

集合時間の午前5時すぎにはぞくぞくと参加者が石見銀山清水谷駐車場に集まりました。松江市からの参加者、遠くは名古屋からの参加もありました。参加者確認してストレッチ後、午前5時半過ぎ山吹城山頂目指して出発。雨で水もかなり出水していました。特に木橋の階段はすべりやすく声をかけて注意し登りました。吉迫口から鞆ケ浦街道と別れ山吹城へのルートにある600段の階段に挑戦し約1時間ほどで山頂に到着です。

山頂は綺麗に草木が刈られていました。すばらしい景観でした。しかし、せっかくなら町並の景観がみれるようもっと丁寧に刈ってあればいいなと感じましたね。天気も回復し雨の心配も全くありません。参加した23名全員で天空の山吹城での朝ごはんをいただきました。カリアーリコーヒー、日高さんのドイツパン、サラダにチーズ、そして大野さん手造りの蜂蜜も最高に美味しかった。そしておしるこも最高でした。みなさん至福のひとときに満足、しかも青空ののぞく天気に恵まれた「天空の朝ごはん」最高でした!次回の開催は4月頃の予定。多くの方に参加してほしいです。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/279PAGES | >>