<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
紙幣と石見銀とブラックホール関連付けました

 新紙幣が発行されるとのこと。また、ブラックホールが初めて映像で撮れました。今回はこのビッグニュースに因んで、石見銀フィーバーに触れてみようと思います。

2024年、新紙幣発行イメージ

 13世紀、マルコポーロの「東方見聞録」で「中国の皇帝は紙をお金に変えてしまう。錬金術師」とヨーロッパにつたえたとか。

 世界初の紙幣はさらにさかのぼり10世紀の頃「宋(そう)」の時代に造られた「交子(こうし)」と云われています。当初は商人の間で取引用に使われたそうです。紙幣を造るには製紙技術と印刷技術が不可欠ですから、両方の技術が出来ていた中国で紙幣が出来たのはうなずけます。

「元」を経て、「明」の時代になると、「大明通行宝鈔(だいみんつうこうほうしょう)」という最大級の紙幣(A4サイズ)も発行されました。紙幣にはニセ札防止の警告文も印刷されていました。それによると犯人は死刑、通報したものには賞金のほかに副賞として犯人の財産が与えられたそうです、これは効きますよね。

「明(中国)」の紙幣「大明通行宝鈔」

 当初はそれなりに信頼され使用されていた紙幣も15世紀に入ると度重なる戦費捻出で乱発し15世紀半ばには信用を無くし、15世紀の終わり頃には使われなくなりました。紙幣に代わって注目されたのが「銀」だったのです。広大な中国で銀の需要は半端なく、納税や万里の長城整備・軍費等、まるでブラックホールの如くに世界の銀を飲み込んでいったのです。そういえば、先日世界で初めてブラックホールの撮影に成功したそうですね。

世界初のブラックホール撮影に成功

 16世紀前半博多の商人「神屋寿禎」による石見銀山開発はそんな時代にあり、当時日本では見向きもされなかった銀は朝鮮半島を経由して明に流れました。朝鮮からは代わりに木綿が大量に輸入され16世紀末には木綿がわが国に溢れます。その後ポルトガル・日本・明の三角貿易により、大量の銀が明へ流れ、大量の絹が日本に輸入されたという事です。合わせて戦国大名は銀で硝石(火薬の材料)を血眼になって買い求めたのです。これがシルバーラッシュとなった舞台裏だったのですね。(銀)

15世紀前期銀鉱石が積出された「鞆ガ浦」港

 

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝いのおかけじ展

重要文化財熊谷家住宅で「祝いのおかけじ展」が始まっています。

浅学にして、筆者はこの年まで「おかけじ」を知らないできました。

子どもたちの無病息災と健やかな成長を願って、正月や雛、端午の節句に武者人形や雛を飾ることは知っています。

それを、掛け軸にして飾るということが明治から昭和にかけて流行したのだそうです。

 

 

武者人形を掛け軸にすると、

こんな感じなのですが、この絵で金時が赤く描かれているのは、子どもたちが「疱瘡」にならないようにということなのだそうです。

 

おかけじと一緒に飾られるとにな人形も一段と華やかになります。

 

今回のおかけじ展では、熊谷家16代当主の初正月に贈られた破魔弓などとともに、貴重な約50点が展示されています。

5月26日まで開催されています。

一見をおすすめします。

 熊谷家住宅では、今、恒例の「春高楼で花の宴」(4月20日)の参加者も募集しています。

お問い合わせは重要文化財熊谷家住宅

電話 0854−89−9003 まで。(A)

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
書籍 「いも殿さま」のご案内

「いも殿さま」という書籍をご案内いたします。

石見銀山では「いも殿さん」「井戸さん」等とも呼ばれ、知らない人はいないでしょう。

享保16(1731)60歳と言う高齢で第19代代官として大岡越前守忠相の推挙により赴任した。着任の翌年は「享保の大飢饉」この地方は稲作など甚大な被害により収穫ができなく領民は大変な飢餓に見舞われました。そこで井戸代官は幕府の米蔵を許可なく開け、領民に米を支給するなどして領民を助けました。このことからこの地方には100基ほどの頌徳碑が建てられています。筆者の住む町にもりっぱな碑があります。

 

このほど「いも殿さま」という書籍をじっくりと読ませていただきました。町並みガイドなどの際、井戸平左衛門についてのお話をいたします。話ではひとつのストーリーができるほど話は尽きません。あらためて書籍により井戸平左衛門について知ることができました。一度読んでみてはいかがでしょう。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
改元記念キャンペーン 龍源寺間歩入場無料

改元まであと3週間となりました。5月1日の改元を記念したキャンペーンとして、改元をまたぐ2日間、新旧の元号にちなんだ名前の来場者は龍源寺間歩の入場料が無料になります。平成最後の4月30日には下の名前に「平」か「成」のいずれか1文字がある人、令和最初の5月1日には「令」か「和」のどちらかが付く人が入場無料になります。間歩に入場する際、受付で運転免許証など名前を確認できるものをご提示ください。

 

 

◆今年もガイドの会主催の石見銀山ウォークを行います。

 

 

 世界の三分の銀を産み出し、16世紀の日本を変えた石見銀山、その一端を今に残す街道や遺跡をガイドと一緒に歩き、その凄さを感じてみませんか。詳しい実施内容や時間等は後日お知らせします。

 

 

◆ゴールデンウィークが近づいて来ました。今年は10連休です。いろいろとお出かけの計画を練っておられることと思います。世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」もその候補の一つにしていただければ幸いです。世界でも類を見ないほど長く400年間も採掘・精錬を続けたにも関わらず、鉱毒を出さず、緑豊かな美しい自然の景観の石見銀山……  次々と咲き誇る花々、鳥たちのさえずり、鮮やかな新緑の美しさ……  歴史と共に自然豊かな景観も楽しんで下さい。

      

       桜越しに望む山吹城趾

 

      懐かしい風景 一面のレンゲ

 

                 (М)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
活躍した郷土の人

 銀山大森の町並みの外れに井戸神社があります。

 井戸神社は、江戸時代の享保年間に甘藷で、領民を救済した19代目の代官・井戸平左衛門正明公(井戸公)を祀ってある神社としてよく知られています。

 神社は、明治12年に当時の国道(現・県道)沿いに創建され、大正3年〜5年にかけて現在地に再建されました。その境内に、井戸神社の復興に尽力された恒松隆慶氏の頌功碑が建てられています。

 

       恒松隆慶氏の頌功碑

 

         現在の井戸神社

 

  神社の境内の灯篭には「恒松隆慶氏」の文字

 

 恒松氏は、市民に広く浄財を求めて井戸神社を復興し、大正5年、井戸神社は現在の場所で遷座奉祝祭を迎えました。

 衆議院議員などの政治家でもあった恒松氏ですが、

風教(人徳によって人を導くこと)の維持 に力を注いだ人でもあります。

 地域のために尽くした人々の顕彰活動を進め、特に力を注いだものの一つが、井戸公の偉績を世に伝え広めることでした。

 

 その他にも、恒松氏の業績でよく知られているものに、山陰鉄道の開通と大田市駅の開設があります。これからの大田町の発展は、鉄道と駅の開設にかかっているとの強い思いから、奔走尽力されて実現に至ったものです。

 恒松隆慶氏は、ガイドとして、地元小中学生の銀山学習や地域の方を始め、お伝えして行きたい郷土の人物です。 

                 文 責(T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
天空の朝ごはん

4月6日、今年初めての「天空の朝ごはん」がありました。

日の出を見ながら、いつもながらのおいしい朝ごはんは、参加者に大好評でした。

食べきれないほどのパン。残りは、好きなだけお持ち帰りというのも好評です。

「天空の朝ごはん」も4年目を迎えました。

今回は、21人の参加でしたが、毎回新しいメンバーと常連組が楽しく交流を深めました。

 

今回残念だったのは、山吹城跡の桜がまだ開いていなかったことでした。

毛利元就は、

 友を得てなほぞうれしき櫻花

   昨日にかはる今日のいろ香は

という歌を残していますが、これが、山吹城でよまれたものかどうかは定かでないのが残念です。

 

次回は、6月1日(土)、「天空のランチ」を矢滝城で開催します。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月 桜も満開、ウオーキングしてみよう!

46日の週末、石見銀山は桜も一気に満開を迎えました。

今朝の石見銀山代官所跡付近の桜の状況です。暖かな気配がし、春爛漫、ウオーキングには最適な季節を迎えました。

満開前の桜の様子 4日の様子

今朝の代官所駐車場の様子

城上神社より

 

このところ、ある旅行会社のツアーのお客様が連日訪れ石見銀山に元気をくれています。多くの団体のお客様の訪れはガイドにとっても元気をもらっています。ありがたいです。

 

ツアーのお客様、案内の様子

石見銀山玄関口にある常夜灯風の案内板

 

また、石見銀山町並みの入口に大きな常夜灯風の案内板がありますが、このほど綺麗に塗り替えられました。

桜の満開に合わせるように引き立っています。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
令月にして気淑く風和らぎ梅は・・・

 新元号が発表されました、初めて国産の元号だそうです。「万葉集」に詠われた梅の詩とか、梅と云えば、大田市の木、石見銀山を象徴する花です。そこで今回は石見銀山と梅を題材にしてみました。

銀山公園の梅

 石見銀山では、男子は11才から銀山の仕事に携わります。当初は「てご」といって、掘り出された鉱石を「かます(むしろで作った袋)」に詰める等補助作業数年して銀堀の練習を始め、更に数年して一人前の「銀堀(かなほり)」になります。1718才より一人前の銀堀となり、78年で鉱山病を発病したと云われています。30才で長寿の祝いとも伝えられます。石見銀山に限らず、どこの鉱山もこの問題に頭を痛めていたようです。

送風機で新鮮な空気を送る(唐箕を使いました)

 江戸後期、屋代代官の時期鉱山病予防の報告書として備中笠岡の医師「宮太柱」の書「梅肉功験」に書かれたものにあります。兵庫県の「生野銀山」では鉱山病予防目的で、幕府の指示により梅が植え付けられたとのことですが、石見でも幕府の指示か否かは不明ですが、安政年間(185459)代官所の指示で梅の植え付けがなされたそうです。しかし、「桃栗三年柿八年」のごとく、梅は実を付けるまでは十数年かかります、そこで隣村である久利村から何某かを招き接ぎ木を行ったとのこと、台木には桃の木を使ったそうです。

清水谷製錬所跡の梅の木

 しかし、この時の梅を奨励した目的は記録の上では、鉱山病対策ではなく食用とされています。当然当時梅が鉱山病に有効であることは知られていていたと思われますが、記録上では残されていないそうです。恐らく、鉱山病にも有効で且つ食料にもなるという事だったのでしょうか。又、生野銀山では、梅干しを口に含んで作業をしたそうですが、石見で云われているのは、マスクに挟んで使用したとか、又これにより抗夫の寿命が10年延びた等とも云われます。()

銀堀作業・右側にある長方形が送風口

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
いわみ大田で福めぐり

昨日(5日)から、石見銀山世界遺産センターで「いわみ大田で福めぐりズム」が開かれています。

 

 

大田市には、福にまつわる場所や歴史、自然、伝統、文化などがたくさんあるのでそれをアピールしようという企画です。

 

「大」田の「福」にちなんで「大福」というわけで、大福餅など「福」関連のお店が並んでいます。

島根県といえば、「神々」と「ご縁」というアピールが多いのですが、どっこい石見には「福」があるというところでしょうか。

石見に足を運んでもらうアピールをもっともっとしたいものです。

「いわみ大田福めぐり」は明日(7日)まで開かれています。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
石見銀山桜の開花状況

寒い日が長く続いた天候も、ようやく春らしさを迎え昨日は天気も一気に回復して青空が戻りました。銀山公園の公園では園児たちがはしゃいでいる姿に思わずシャッターを切らしていただきました。子ども達の動きに大森町の元気な未来を感じました。

「令和」の新元号にふさわしい美しく一気につぼみをふくらませて桜満開を迎え週末は多くの観光客のみなさんやお花見見物にぜひお出かけいただきたいです。しばらく天気は桜日和になりそうです。(S)

石見銀山資料館前

代官所前駐車場より望む

町並み交流センター内の桜

あたたかな日和に銀山公園ではしやぐ園児たち

(撮影許可いただいています。)

ゆきやなぎも満開

桜をバックに熱がはいります。

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/332PAGES | >>