<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 酒酔い | main | まだまだわからん石見銀山 第72話 栃畑谷の間歩(一)南條坑ほか >>
不要不急老人の戯言(15)

―キノコの力―

 朝晩の冷え、適度な雨が続きキノコのシーズンがやってまいりました。このキノコは人の食生活を豊かにするだけではありません。例えば、台風などで倒れた樹木はキノコなどの菌類に分解され土に還り、それを再度植物が利用するという生態系の分解者として物質循環に大きな役割を果たしています。キノコなどの遺体還元者がいなかったら森林は木質系のゴミの山になってしまいます。キノコは言わば森の掃除屋さんです。

 木材はセルロース、ヘミセルロース、リグニンという物質から成り立っています。セルロース類は糖類として分類され、例えばウシなどの反芻動物の胃の中に棲む微生物によって分解され肉や乳になったり、植物性エタノールの原料になったりする利用価値の高い成分です。ところが、木材の2〜3割を占めるリグニンは樹木を鉄骨のように強固にする接着剤の働きをする複雑な化合物です。そのため、人為的には高温高圧下で強い薬品を使用しなければ分解できない非常にやっかいな物質です。

このリグニンという鉄骨のような強固な物質を唯一分解できる生物が存在します。キノコです。1億年前には、キノコが存在しなかったため当時の樹木は石炭となり、さらには石油となったそうです。このリグニンを分解できるキノコ類を白色腐朽菌といい、シイタケ、ナメコ、エノキタケ、ヒラタケ、マイタケなどがあります。キノコは私たちの食生活を豊かにしているだけではなく、地球の物質循環に大いに貢献しています。キノコを味わう時には、キノコのもう一つの役割に思いをはせてみてはいかがでしょうか(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 08:51 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:51 | - | - |
コメント
 石炭と石油の話、初めて知りました。そして、1億年前にはキノコがなかったことも。いろいろ勉強になります。
| iso800 | 2020/10/15 12:13 PM |
コメントする