<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 小学校の修学旅行の案内 | main | まだまだわからん石見銀山 第65話 御崎谷と大谷の間歩−福神山間歩、岩屋堂間歩、下惣太夫山 >>
船表番所

 我が家の前の道路は車社会の今では少々狭い道路ですが、これでも明治22年に出来たときは直線的で目を見張る大道路でした。当時は山陰道として県の主要道路でした。その南側にやや狭い道路がありこれが江戸期の山陰道で、慶応二年の長州討伐には松江藩の兵士が移動した旧道です。

民家の脇にひっそりと「石見銀山鳥井番所跡」の石碑があります。これは寛政3年(1791)ここに船表番所が設置された跡です。江戸期の絵図(嘉永5年(1852))を見るとかなりの規模の施設のようです。ではなぜこの時期に何の目的で出来たのでしょう。

右が江戸期の山陰道、左が明治22年の新山陰道

 当時の日本の状況は?11代家斉の時代です。家斉と言えば在位50年と最も長く(因みに子供の数も最も多く50名を超えた由)政治は経済中心の田沼意次が失脚変わって出たのが松平定信の寛政の改革が始まり質素倹約、当時の流行り狂歌に「白河の(定信のこと)清きに魚もすみかねてもとの濁りの田沼こいしき」「世の中に蚊ほど(定信のこと)煩きものはなし、文武、文武と夜も眠れず」等と風刺されるほどでした。定信の理想主義は家斉とも合わなくなり彼は失脚します。家斉の贅沢三昧は反面江戸文化の活発化に拍車、となり文化文政の爛熟期を迎えます。

文化文政江戸庶民文化イメージ

 そんな中、日本を取り巻く情勢は変化していました。日本が鎖国をしている中、ヨーロッパでは「産業革命が起こっています、(産業革命って分かりやすく言えば日本の高度成長期を思い浮かべればよいと思います)。これにより、世界はヨーロッパ人による植民地化します。そして極東に位置する日本も欧米から見ると最後のターゲットとなり、ロシア船が北海道・厚岸(あっけし)に来たのを皮切りに異国船が日本近海に出没し始めました。海の管轄は代官所です。その一環で鳥井船表番所が寛政年間に設置されたとみることが出来ると思います。江戸後期の代官所にどこそこに大砲があったとか、有事の際の食糧藩の旗などがありますが、長州に備えたのかなと勘違いされる方も無きにも有らずですが、これ等も想定は異国船に対する物です。

異国船イメージ

 江戸後期日本では教育が盛んにおこなわれています、庶民は「寺子屋」、武士は「藩の塾」。彼の有名な「松下村塾」でも兵法学や異国の脅威が論じられ、そんな中、井伊大老の開国に端を発した攘夷(異国を打つ)論が生まれ、明治維新へと流れるのですが、奇怪なことに攘夷から始まりいつしか倒幕になった新政府は攘夷などどこ吹く風、開国し、すべて西洋に右へ習えしながら富国強兵を押し進め徐々にアジアから西洋をも追い払いました(国力をつけて攘夷を行ったとみるべきでしょうか)。世界の中で無視できなくなった日本もやがて欧米より警戒され太平洋戦争にまで実は一本道だったのです。何げない路傍の石柱より此処まで思いをはせるのは、やり過ぎかな?(銀爺)

鳥井船表番所跡石碑

 

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:03 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - |
コメント
コメントする