<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< まだまだわからん石見銀山 第64話 休谷の間歩−蔵本坑 | main | 船表番所 >>
小学校の修学旅行の案内

先日も紹介しましたが、9月〜12月にたくさんの小学校の修学旅行のガイドの依頼を受けています。

これまでも、大田市の銀山学習で小学生を案内しているのですが、市外の小学生を案内するにあたってどのようにしたらいいか、先日の定例会で話し合いました。

世界遺産の名称を「石見銀山遺跡とその文化的景観」と「フルネーム」で紹介することや、世界遺産登録の理由をわかりやすく案内することなどに加えて、石見銀山では修学旅行で来た小学生の年齢ではもう働いていたなど、子どもたちに身近に感じてもらえる案内するなど、具体的に話し合いました。

 

 

また、短命だったといわれる坑大たちの仕事の大変さとともに、坑夫たちの命を守るためにマスクが考えられたこと、文化的に豊かな生活も楽しんだことなども伝えていくことや、小学生の学校のある地域と石見銀山の関係なども関連付けて案内したらいいなどなど、様々な意見を交流しました。

これからも、いろんな意見を交流しながら、子どもたちの心にも記憶にも残る案内をしたいと思います。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 07:59 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:59 | - | - |
コメント
 学びの場としての石見銀山。それでは子どもたちに何を学んでもらうのかは難しい問題ですね。あまり難しいことを話しても子どもたちには消化できないからすぐにソッポを向かれます。
 
 まずは子どもたちの関心を引き起こすことから始めたらよいと思います。身近な話題で、これから石見銀山を学んでみたいとか昔の人たちの生活に興味が湧いたとか思えるような動機付けができたらよいでしょう。

 しかし、それには子どもたちの世界に入り込む努力が必要ですが、すっかりその世界を忘れてしまった自分としては、これまた復元が難しいところです。
| iso800 | 2020/09/19 9:35 AM |
 昨日(9/30)は出雲市立大津小学校と同遙堪小学校の皆さんが石見銀山に来ました。今日(10/1)は静岡県掛川市立栄川中学校の生徒さんが来ます。

 昨日の様子は夕刻の山陰中央テレビニュースで放映されました。そのニュースはインテ―ネットで見ることができます。「山陰中央テレビニュース」で検索してその番組をクリックしてください。
| iso800 | 2020/10/01 12:16 PM |
コメントする