<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 高校生ガイド | main | まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩 >>
井戸公頌徳碑から見えたこと

石見銀山の代官様と言えばこの地域で最もよく知られた名代官「井戸平左衛門正明公」です。石見代官としては僅か2年足らずの石見代官在籍ですが、その功績は民衆に大きく評価されています。井戸公の頌徳碑は大田市だけでも100基中国地方では800基位はあるとか聞きます。しかも、明治維新の「廃仏毀釈」運動で、石碑に戒名が彫られていたため数百基が破壊されたとも云いますから、ただ一人の代官の頌徳碑としては異例中の異例かもしれません。また知名度も高く、大田市の小学生に聞いても大森代官と言えば「井戸平左衛門」とたちどころに答えてくれます。通称「芋殿さん」と親しまれこの地域で最も著名な歴史上の人物です。

井戸平左衛門・木像

その頌徳碑が勿論我が町内にもあります。そこで今回は、私の町「鳥井町」の頌徳碑を検証しそこから見えてくる事を紹介します。それによるとこの頌徳碑が建設されたのは井戸公が亡くなって百年余り後のことです、百年前の人物の頌徳碑が何故この時建設されたのか興味涌きますよね。

石碑に刻まれている文字は

  「本邨鳥井挙里黔首等拝首秫旨顙謹建」

         要するに、この村、鳥井の里あげて民衆たち謹んで建設しました。と云う事でしょうか。

 

       この中に「秫旨顙」がよく分かりませんが、秫(もちあわ)は米以外の穀物ですのでこれが「薩摩芋」を表しているのかもしれません。(どなたかご存じの方教えてください)

鳥井町の井戸公頌徳碑

 問題は、建設の時期です。実は天保4年(1833)〜天保10年(1839)は江戸期の4大飢饉「天保の大飢饉です。天保10年大飢饉が終息しこれから良くなるよという節目がこの日でした。「苦しい、苦しい大飢饉を乗り越えられたのは薩摩芋の御蔭でした、ありがとうございます。」と云う事になります。

 因みにこの天保の飢饉中「大塩平八郎の乱」、また江戸近辺には農村を離れた無宿人が増え治安が悪くなっています。石見銀山では、疫病もはやり大勢の人が亡くなり人手不足から一時佐渡に習って無宿者を使用しましたが上手く行かず、銀山の働き手は銀山でと云う事で「養育米制度」(2歳から10歳まで一日1.5合の米の支給)が出来るきっかけになっています。

 また、井戸平左衛門公が関わった、享保の飢饉には我が鳥井村には年貢の免除を受けています(田圃のみ)。今も各地で命日には「芋殿法要」がおこなわれています。(銀爺)

享保17年(1732)の鳥井村に対する年貢割り付け

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:21 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:21 | - | - |
コメント
コメントする