<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
  • 小学校の修学旅行の案内
    iso800 (10/01)
  • 鮟鱇の交尾
    iso800 (09/27)
  • 小学校の修学旅行の案内
    iso800 (09/19)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    沢村俊介 (09/15)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    Ng (09/14)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    沢村俊介 (09/14)
  • まだまだわからん石見銀山 第58話 熱水鉱床
    Ng (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第57話 石見銀山の地質
    Ng (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第58話 熱水鉱床
    沢村俊介 (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第57話 石見銀山の地質
    沢村俊介 (09/12)
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 残暑の銀山 | main | まだまだわからん石見銀山 第62話 永久鉱床(三) >>
ちょっと秋めいて来ました ホッ

 大型台風10号は、中国地方は幸い大した被害もなく過ぎました。残暑はまだ厳しいですが、それでも明け方など少し肌寒いくらいになり、ちょっと秋めいて来たなあと感じます。ここ2、3日は、気温も30度前後になり、体温以上の日が続いていたことを思えば体もやれやれ、ずいぶん過ごしやすくなりました。夏の暑さ疲れが出ないよう、気を付けて過ごしたいものです。

 

          雛家前の田んぼ 稲刈りももうすぐです

 

 新型コロナ感染が始まって半年、感染者拡大も少し落ち着いて来たようです。不要不急の外出は避け『ステイホーム』で皆が「うつらない・うつさない」よう自粛生活を続けたことが感染拡大を抑えた大きな要因です。他県との行き来、イベントやスポーツ観戦などの入場者制限も少しずつ緩和される傾向にありますが、気を緩めればまたぶり返すおそれはあります。手洗い・アルコール消毒、マスク着用をしっかり続けて、密な接触を避けることを意識してやっていきましょう。

 

 9月、10月、11月、12月と、修学旅行の予約がたくさん入っています。生徒10人に1人のガイドが付いて案内するので、生徒数の多い学校、一日に2校3校重なる日など、ガイドが足りるか心配なくらいです。対応できる範囲でお受けしています。せっかく来てくれる小学校、中学校、高等学校のそれぞれの生徒さんに 

・世界遺産とは何か ・なぜ世界遺産になったか 

・銀山の歴史 ・町の人々のおもいや取り組み 

などを それぞれの学年に応じてどんな程度、どんなふうに伝えたらいいか、少しでも石見銀山の素晴らしさをわかってもらいたい、楽しんで帰ってもらいたいと皆で検討し準備を進めています。

 

    代官所跡にある資料館 イベントもやってます

             

             (М)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 09:13 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:13 | - | - |
コメント
 タイトル最後の「ホッ」がよい。気持ちがこもっている。
| iso800 | 2020/09/10 8:03 PM |
私も前々から、このブログ記事のタイトルには敬意を表しています。内容も文章も素晴らしい担当者揃いなのでタイトル選びにも並々ならぬセンスと彫琢の跡が感動的です。

おぬしわかったな石見銀山 ハッ!(*タイトル。)
タイトル最後の「ハッ」が迫真的でよい。気持ちがドコモっている。(*コメント。以下同。)

残暑の銀山ざんしょ ヒッ!
タイトル最後の「ヒッ」が何かようわからんがよい。気持ちが悲喜交々である。

不燃粗大老人の嫌味 フッ・・
タイトル最後の「フッ」が無常感を漂わせていてよい。祇園精舎の舞妓さんである。

シルバーシートは何故減ったP-596 ヘッ!
タイトル最後の「ヘッ」が自暴自棄でよい。人生はそんなものである。

感嘆詞は、文末に最後のひと手間。料理で言えば山葵かコチュジャン。簡単なので是非お試しを ケッ!



| どっと・かめ | 2020/09/11 12:24 PM |
コメントする