<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< シルバーラッシュは何故起きたP-19 | main | 梅雨明けはいつ? >>
まだまだわからん石見銀山 第49話 銀はいくら産出されたのか

 これは難問です。石見銀山は16世紀〜17世紀に最盛期をむかえた鉱山です。そのピーク時には世界の銀生産の1/3を日本産が占め、そのうちの大部分が石見銀山産だったという説明を時折り目にしますが、当時の世界の銀生産量をどのように把握したのかなど、この説明には疑問が残ります。

 

 ただし、石見産の銀の具体的な産出量はともかくとして、相当規模の銀が産出されて中国などに輸出されたことは事実です。しかも石見銀の品位はかなり高く評価されていたことも事実です。慶長8年(1603)に山師安原伝兵衛が3,600貫(約13.5邸砲龍笋魃疹紂頁疾如砲靴燭海箸詫名です。しかし、18世紀、つまり江戸時代中期以降採掘量はかなり減少しました。

 

 その石見での銀の産出量ですが、江戸時代石見銀山は江戸幕府の幕府領(いわゆる天領)となっていて、江戸幕府が鉱山を厳格な管理統制下に置いたので、江戸期の採掘量についてはある程度正確な数値が残ります。

 

 代官所に記録として残る江戸時代の灰吹き銀産出量(年平均)は、次のとおりです。

  慶長7年(1602) 10トン(葉賀1998)

  延宝年間年平均(1673〜1680)1.041

              (山根俊久1937、以下同じ)

  天和年間年平均(1681〜1687)1.125

  元禄年間年平均(1688〜1703)1.406

  寛永年間年平均(1704〜1710)1.133

  正徳年間年平均(1711〜1715)0.523

  享保年間年平均(1716〜1735)0.663

  宝暦年間年平均(1751〜1763)0.278

  天保年間年平均(1830〜1843)0.207

  (参考)明治24年〜大正8年(28年)年平均 2.204

                     (藤田組資料)

 むろん前提となる銀の純度(含有率)などに差がありますので、そのままの数値で議論はできないですが、江戸時代も後期になればなるほど産銀量が減少する傾向は明らかです。

 

 なお、江戸初期(だいたい1600年〜1670年)の銀産出量は年間20邸30伝宛紊世辰燭里任呂覆いという見積もりがあります。またこの時期のある年の産出量は67.5鼎世辰燭箸、1万貫(約38邸砲世辰燭箸いう報告もあります。筆者はいずれの数値も出所がどこなのか把握できていません。(Ng)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:14 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - |
コメント
 筆者(Ng氏)は、上記に、『石見銀山は16世紀〜17世紀に最盛期をむかえた鉱山です。そのピーク時には世界の銀生産の1/3を日本産が占め、そのうちの大部分が石見銀山産だったという説明を時折り目にしますが、当時の世界の銀生産量をどのように把握したのかなど、この説明には疑問が残ります。』と書いておられます。
 
 勝手ながら、以下に、故・石村勝郎氏の記述を基に、私の個人的な意見を書かせてもらいます。

 石村氏は、その著作「石見銀山よもやま」において、『1600年代の日本からの持ち出し銀は、推定で欧州船が20,000貫、東洋船が25,000貫の合計45,000貫に上った』と述べておられます。1貫を3.75キログラムとすれば、これは16.8万キログラムとなります。

 次に、石村氏は、『当時の世界の産銀量(日本を除く)は40万キロ前後だったが、日本が輸出する銀は15万キロ前後にのぼった。つまり、日本は全世界の銀生産量の、3割以上に当たる銀を輸出していた』と記しておられます。

 そこで、私が推察するに、日本の銀の輸出量については、中国、イギリス、オランダ商船の船長の航海日誌などで推定できるにしろ、日本の銀の生産量なり、世界の銀の生産量については、石村氏としても、なかなか推定ができなかったのだろうと思います。

 さらに、石村氏は、『イギリス、オランダ商船の船長の航海日誌によると、ソーマ〈佐摩=石見〉銀と呼ばれた上質の銀が日本から大量に輸出されたとある。ほかに、この航海日誌には、佐渡銀山の銀、生野銀山の銀などの名も出てくる』とも記しておられ、日本の輸出銀のすべてが石見銀山から産出されたものではない、ということを言外に述べておられると、私は思います。

 また、石村氏は、『江戸初期において、石見銀山の銀は、その多くが海外貿易に使われたほか、国内において、徳川家康が、知恩院の再興のための建設費用として、東本願寺創建のための建設費用として、石見銀山の銀を使った』と述べておられ、石見銀山産出の銀の全体量を推し量るには、国内消費量と海外輸出量とを合算する必要がある、と言外に含みを持たせたかったのではないか、と私は思います。

| 沢村俊介 | 2020/07/29 10:16 AM |
コメントする