<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 遠くからのお客さまも少しずつ | main | 県外移動自粛解除後 >>
まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安

 大久保長安がどのような性格だったのか、筆者にはもちろんわかりません。「天下に並びなき奢り者」と言われた面があったり多くの女性を抱えたりというネガティブな話もある一方で、縁者や配下に細かな心配りを見せるところがあって、その人格はなかなか的確に捉えることが難しい人物でしょう。しかし、彼が政敵を持ったとか策略、謀略によって出世したとの話は聞いたことがありません。筆者には「英雄色を好む」以上に、彼にどこか人間味と庶民性を感じます。

 

 ただ少しやりすぎの面もありました。たとえば、子息や娘を婚姻によって諸大名とつながらせ姻族関係を結ぶとか、生前に自分の墓(逆修墓)を造らせるとか、自分の名を冠した菩提寺(大安寺)を石見、佐渡に建立するとか。これらが晩年に家康から警戒心を抱かせることにつながりました。

      大久保長安墓所の紀功碑と逆修墓(大森町)

 

 その一方、彼の能力面では何か卓越したものがありました。前話で彼の行政能力の一端を紹介しましたが、そのほかの能力面をまとめれば次のようになると思います。

 

  1.鉱山知識などで驚くほどの博識を持ち、それに基づいて細かで的確な指示ができた。

 2.戦場で勇猛に斬り合う前線型武闘派ではなく、兵站や民政を担当できる有能な後方事務官僚型武将。

 3.新たな制度を考え出すことのできる能力。アイデアマン。既存のやり方にとらわれないこと、これも優れた能力に含まれ  るのかも知れません。石見銀山では、山師に対する新たな運上(納税)方式の創設や「御直山」という幕府直轄の間歩経営制度を導入し、銀の採掘に画期をもたらしました。

 4.人をうまく使うという面での天才。細やかな心遣いなどによって人を掌握する能力があった。また身分や出身にとらわれ 

に人材配置ができる柔軟な思想を持った人物。奉行という高い地位にありながら直接山師に接したと言われます(村上氏の言われる、猿楽衆という身分から来た長安の「庶民性」)。これも彼の優れた能力に含めることができるでしょう。

 

そういう人材を発掘し重用した家康も見事だといえます。(Ng)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:25 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - |
コメント
 筆者(Ng氏)は、上記に『たとえば、子息や娘を婚姻によって諸大名とつながらせ姻族関係を結ぶとか、生前に自分の墓を造らせるとか、自分の名を冠した菩提寺を石見、佐渡に建立するとか。これらが晩年に家康から警戒心を抱かせることにつながりました』と述べておられます。

 ところで、小説家というのは、文献実証主義には基づいてはおられないと思います。文献と文献のはざまにあって、曖昧なところがあれば、それを想像力で補うのが作家ではないか、と私は思うからです。

 さて、作家・山岡荘八氏は、『佐渡金山、石見銀山などの奉行職を兼務していた大久保長安の権勢は強大であった。また、7人のわが息子を石川康長や池田輝政の娘と縁組みさせたり、徳川家康の六男であった松平忠輝と、伊達政宗の長女・五郎八姫との結婚を取り持ったりした。そのため、自らが贔屓にしていた松平忠輝の権勢拡大のため、大久保長安は金や銀の蓄財をしていた』という説を持っておられたように私は思います。

 次に、作家・齋藤吉見氏は、『大久保長安は、全国の諸代官を統括する、惣(総)代官であり、その支配領域は広く、石高にして120万石を優に超えていた。そこまでに留まっておけば無難であったろうが、長安は庶民に慕われていた。ゆえに、家康には危険人物と見なされていた』という説を持っておられたように私は思います。

 さらに、作家・堀和久氏は、『松平忠輝卿か、豊臣秀頼公、あるいは武田信道君を天下人に戴き、鎌倉幕府における北条家のような「執権」の地位に就きたいというのが、大久保長安の夢ではなかったのか』という考えを持っておられたように私には思えます。

 いずれにしても、私としては、徳川家が長く政権を維持するためには、豊臣家にしろ、大久保家にしろ、これらの家々を断絶させて、後顧の憂いをなくしておかねば、という晩年における徳川家康の過酷なまでの終活があって、大久保家に対する粛清が行われたのではないか、と思っています。
| 沢村俊介 | 2020/06/27 2:52 PM |
 いつもコメントいただき有難うございます。大久保長安は最終的には家康に処断されますが、その処断理由を、この後第41話〜第43話と3回にわたって検証していきます。ご期待ください。
| Ng | 2020/06/27 3:40 PM |
コメントする