<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    Ng (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    沢村俊介 (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第42話 大久保長安の処断理由 続き
    沢村俊介 (07/03)
  • 不要不急老人の戯言(7)
    iso800 (07/02)
  • まだまだわからん石見銀山 第41話 大久保長安の処断理由
    沢村俊介 (06/29)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    Ng (06/27)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    沢村俊介 (06/27)
  • 日本遺産
    iso800 (06/23)
  • まだまだわからん石見銀山 第39話 大久保長安の行政能力
    沢村俊介 (06/22)
  • まだまだわからん石見銀山 第38話 南蛮人は当地に来たのか
    Ng (06/19)
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< まだまだわからん石見銀山 第39話 大久保長安の行政能力 | main | 昨日と違うところ >>
日本遺産

「我が国の文化・伝統を語るストーリー」日本遺産に、今回、大田市の「石見の火山が伝える悠久の歴史〜"縄文の森""銀(しろがね)の山"と出逢える旅へ〜」が認定されました。

昔、大田市では、三瓶山や大江高山火山群が活発に活動していた時期がありました。その活動によって「三瓶小豆原埋没林」、「石見銀山」などが生まれました。

 

 

大田市では、昨年の「石見神楽」に続いての日本遺産認定です。

石見銀山は、世界遺産に加えて日本遺産ということにもなったわけです。

全国で104、島根県では7つの日本遺産が認定されています。日本遺産は当初、100を認定すると言っていましたので、今年で104になり、来年以後どうなるのか注目されます。

 

 

お客様をご案内するとき、筆者は、必ずと言っていいほど、「三瓶小豆原埋没林公園」を紹介して、来訪されるようおすすめしています。

今回の日本遺産認定を機に、石見銀山と三瓶小豆原埋没林公園をセットで周遊できるよう本格的に取り組んでほしいです。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 07:09 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - |
コメント
 日本遺産認定、おめでとうございます。

 まずは火山が共通テーマですので、Geo Japanの切り口で石見銀山と三瓶山を連携させて何らかの観光資源づくりを考えたらよいと思います。

 ただし、日本遺産は世界遺産とは異なり、遺産による事業化や観光に重点が置かれ、遺産の文化的・自然的な価値の評価や保護・保全面が軽視されがちであるとの声もあります。うまくバランスをとりながら進めるべきです。
| iso800 | 2020/06/23 8:24 AM |
コメントする