<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
  • 小学校の修学旅行の案内
    iso800 (10/01)
  • 鮟鱇の交尾
    iso800 (09/27)
  • 小学校の修学旅行の案内
    iso800 (09/19)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    沢村俊介 (09/15)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    Ng (09/14)
  • まだまだわからん石見銀山 第63話 休谷の間歩−新切間歩
    沢村俊介 (09/14)
  • まだまだわからん石見銀山 第58話 熱水鉱床
    Ng (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第57話 石見銀山の地質
    Ng (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第58話 熱水鉱床
    沢村俊介 (09/12)
  • まだまだわからん石見銀山 第57話 石見銀山の地質
    沢村俊介 (09/12)
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 春めくマルシェ | main | まだまだわからん石見銀山 第15話 大内氏の伝承 >>
シルバーラッシュは何故起きたP-2

☆世界初の紙幣「宗(中国)の「交子」」が生まれた背景☆

 日本にも多大な影響を及ぼした唐の後、中国四川地方に「蜀」と云う国が出来ました(三国志の「蜀」ではありません、五代十国時代の「蜀」です)。経済活動が活発で銅銭が不足したのです、四川地方では銅の産出が乏しく代替えとして産出量の多い鉄で、鉄銭を大量に発行しましたが、銅銭に比べ価値が低く(十分の一程度)持ち運びに難がありました。

 そこで四川の商人が組合を作り重い鉄銭を預かり、代わりに預かり証書を発行したのが「交子」でした。その後これに目を付けたのが「五代十国」の後の政権「宗」の政府で、民間の交子の営業を禁じ宗の政府として「交子」を発行流通させたのです。これにより約束手形ではなく、世界初の紙幣となったのです。そういえば、紙も印刷も中国で生まれたのですから当然と云えば当然なのでしょうね。

左が「交子」、右が元の「寶鈔」

 それは、「宗朝」の後の「元朝」にも引き継がれ、「寳鈔(ほうしょう)」を発行します。宋は、銅銭(宋銭)を大量に発行しますが、経済には追っつきませんでした。元朝は銅銭主義をとらず銅銭を鋳造することはしなかった。結果銅銭は限定的な使われ方をし、元の時代にだぶつき、銅銭である「宋銭」が後に大量に日本に輸出されたのですね。

彼のマルコポーロは、東方見聞録で、元の皇帝は、紙を金に変える当に錬金術師である。と紹介しているそうです。

マルコポーロ

補足

中国の歴史は色々複雑ですが、ザックリと下記の時代の話です。石見銀山が注目を浴びたのは明(後期)の時代です。(銀爺)

              唐☞五代十国☞宗☞元☞明

618907  唐

907960  五代十国

9601279 

12711368 元

13681644 明

五代十国時代の中国地図

次回から510国後の「宗」「元」「明」について順次ザックリと見てみる予定です。

 

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:29 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:29 | - | - |
コメント
コメントする