<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    Ng (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    沢村俊介 (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第42話 大久保長安の処断理由 続き
    沢村俊介 (07/03)
  • 不要不急老人の戯言(7)
    iso800 (07/02)
  • まだまだわからん石見銀山 第41話 大久保長安の処断理由
    沢村俊介 (06/29)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    Ng (06/27)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    沢村俊介 (06/27)
  • 日本遺産
    iso800 (06/23)
  • まだまだわからん石見銀山 第39話 大久保長安の行政能力
    沢村俊介 (06/22)
  • まだまだわからん石見銀山 第38話 南蛮人は当地に来たのか
    Ng (06/19)
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 大森県 | main | まだまだわからん石見銀山 第11話 石見銀山の修験の跡 >>
「〇〇日」と「〇〇の日」

新型コロナウイルスの影響で大田市の伝統ある春の彼岸市「ちゅうにっつあん」も中止となりました。ところで、320日は「春分の日」ですが、祝祭日には「〇〇の日」と「〇〇日」の二通りありますが、「の」が有るのと無いのはどう違うのでしょうか。

例えば、最近の223日「天皇誕生日」と211日「建国記念の日」です。

大田・彼岸市

 「の」が無い記念日はその日にちが確定しているのです、「元日」は11日、「天皇誕生日」は223日、「憲法記念日」は昭和2253日(日本国憲法が施行された日)と云うように日にちが確定しています。一方、「の」の付くのは、「成人の日」、「昭和の日」、「みどりの日」のように日にちが確定しない(この日にしておこう的な)記念日です。

 さてここで、「建国記念の日」と「春分の日」(秋分の日)ですが、もともと建国記念の日は「紀元節」と称し明治政府が明治6年に古事記や日本書紀に書かれている初代天皇「神武天皇が即位した日つまり、紀元前660年の11日を太陽暦に変えて211日としたもので歴史的には、はっきりしていません。「この日にしておきましょうね」と云う所です。

 又「春分の日」(秋分の日)はどうでしょう、これは太陽が天の赤道と横道の交差点を通過する瞬間を言います、つまり、その一瞬が含まれる日を春分の日と云います。日にちが20日になったり21日になるのは、1年が365日と6時間(弱)、この6時間があるために毎年春分点を通過する時間が6時間ずつずれてくるのです。そしてうるう年で24時間修正されるということです。つまり「春分日」ではなくて「春分の日」と云う事です。

要約すれば、「〇〇日」はその日でないと駄目な日。「○○の日」はこの日と云う事にしましょう。と云う事でよいと思います。(銀爺)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:40 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - |
コメント
あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
| omachi | 2020/05/22 9:20 PM |
コメントする