<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    Ng (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第43話 大久保長安の処断理由 続きの続き
    沢村俊介 (07/06)
  • まだまだわからん石見銀山 第42話 大久保長安の処断理由 続き
    沢村俊介 (07/03)
  • 不要不急老人の戯言(7)
    iso800 (07/02)
  • まだまだわからん石見銀山 第41話 大久保長安の処断理由
    沢村俊介 (06/29)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    Ng (06/27)
  • まだまだわからん石見銀山 第40話 人材としての大久保長安
    沢村俊介 (06/27)
  • 日本遺産
    iso800 (06/23)
  • まだまだわからん石見銀山 第39話 大久保長安の行政能力
    沢村俊介 (06/22)
  • まだまだわからん石見銀山 第38話 南蛮人は当地に来たのか
    Ng (06/19)
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< まだまだわからん石見銀山 第6話 天池寺の創建とその後 | main | キツツキは何故「木をつつく」のか? >>
2月11日

今日は、2月11日。

新暦と旧暦の違いは、およそひと月です。1832年の2月11日は、新暦では今年なら3月13日ということになるのですが、銀山附き地役人だった阿部光格の日記には例年通り「山祝の日」と記してあります。

1月11日が山神さんの例祭で、そのひと月後ということになりますが、2月11日は、例年通り「山師をはじめ銀山の関係者を代官所に招き酒宴をした」とあります。酒宴は夕方まで続いたと記してあります。(光格は二次会もしています)

天領さんでおなじみの「大盛行列」は、この日行われたのではないでしょうか。ご存知の方にはぜひお教えいただきたいです。

 

 

今日は、昔、銀山で働いた人たちが晴れやかに代官所に向かったんだと思いながら、龍源寺間歩から代官所跡まで歩いてみるのもいいのではないでしょうか。(A)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 08:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:59 | - | - |
コメント
コメントする