<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 宗丹慶寿のこと | main | 銀山にも冬到来 >>
バードコール

 初夏の銀山の本谷地区を歩くと、野鳥が奏でる大合唱を聞くことができます。時折り、野鳥のさえずりも、風に乗ったシャボン玉をイメージするように森の中から聞こえてきます。

 

 写真(下)は「バードコール」です。これには、巧妙に作られた野鳥の声を、無差別に引き起こす仕掛けがしてあります。鳥の鳴き声を再現することができます。

 

 

 今の本谷は晩秋です。紅葉の映える時季の本谷は静かで、物音ひとつ聞こえてきません。それでも先日、こちらのバードコールに応えて、一羽の野鳥が地鳴きをしてくれました。

 

 春から初夏にかけて、バードコールを鳴らすと、ところ狭しと、森の中から鳥の合唱が始まります。鳥の縄張り主張と言われていますが、立ち止まって聞いていると、長い冬を乗り越えて来た鳥たちが、その喜びに震えて謳歌しているようにも聞こえてきます。まるで、オーケストラが演奏しているかのようです。

       (バードコールはネットで購入することができます。)

 

  本谷地区とつながる石銀地区の初夏の様子です。

 

 今年も一年間、本谷の山ガイドのご案内をしてきました。

 一般のお客さまや大久保間歩ツァーのお客さまを初め、銀山学習の児童たちに、折に触れて、このバードコールを鳴らしました。中には、バードコールに応える野鳥の声を聞いて、手を叩いて歓声を上げられる方もおられたように思います。

 

      晩 秋 の 本 谷 地 区

 

 23日(土)は、筆者にとって、今年の最後の大久保間歩ツァーガイドでした。上の写真は、帰り道、お客さまの背後から撮らせて頂きました。

 一年間、事故無く無事にご案内できたことに、心から感謝したいと思います。      文 責(T)

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3602
トラックバック