<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ガイドフル動員の状況です! | main | バードコール >>
宗丹慶寿のこと

石見銀山ガイドの会の長尾英明さんから、当欄への投稿がありましたので、2回に分けて紹介します。

 

先週福岡県の香春町に行ってきました。香春は「カワラ」と読み、田川市の近くの町です。

明治時代以降は炭鉱で栄え、現在はセメント用の石灰石を採掘しています。

しかし、この町には古代に金、銀、銅などを産出した香春鉱山がありました。特に香春岳で産出された銅は宇佐八幡宮の鏡や東大寺の大仏に使われたことが知られています。渡来氏族である秦氏がこれにかかわっていました。

 

    石見銀山の紅葉もそろそろ見納めです

 

さて、朝鮮半島から石見銀山に銀の製錬技術である灰吹法を導入した人は宗丹慶寿という唐人だったと教わりました。『石見銀山旧記』にはそのように書かれている(「博多宗丹桂寿」)、と。

しかし、この宗丹慶寿なる人がどのような人物なのか、また、一人の人物なのか二人の人物なのかどうか永らくわかりませんでした。

そのようななかで、近年研究者の間で宗丹慶寿という名前のうち宗丹というのは地名あるいは場所名ではないかとの説が出ていました。(以下土曜日に続く)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 04:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3601
トラックバック