<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 太平洋側の気候 | main | 日本遺産セミナーに参加してきました! >>
石見銀山町並み後ろ姿

  小春日和の石見銀山陣屋町並、ふらりと旧国道9号線(現在の9号線は日本海沿いを通っています)側から見てみました。バス停の川向うに見えるのが今年修復終えた「金森家」です、銀山川に降りる階段、過っては日々の生活に川の存在は大きかったことでしょう。

「金森家」(熊谷家と並ぶ豪商)

 少し下ると武家屋敷「阿部家」の後ろ姿、後方には「永泉寺」の屋根も見えます。

武家屋敷「阿部家」の後ろ姿、(今は宿泊できます、要予約)

 銘菓「下駄の歯」の「有馬光栄堂」さんも銀山川越に見るとまた新鮮に見えますね。

銘菓「げたのは」の「有馬光栄堂」さん

 古民家の後ろ姿なんとも情緒あります。裏手に流れる銀山川、生活用水として大切な存在であったことがうかがえます。また、時折この川が牙をむくと大変な事態になってきたことも忘れてはなりませんね。

町屋の後ろ姿、なかなか風情あり

 武家屋敷、「川島家」です。やはり裏口は銀山川に下りる階段が残されています。

武家屋敷「川島家」公開しています、やはり裏口から銀山川を利用していたのですね

 今回は、この道路から探索しました。旧国道9号線は、当時(昭和中頃)口の悪い人が「酷道泣号線」というほど、道路状態は悪く大変な道路でした。(銀)

「井戸神社」前の旧国道9号線

| ガイドつれづれ日誌 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3593
トラックバック