<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 石見銀山町並み後ろ姿 | main | 魅惑の地下空間 >>
日本遺産セミナーに参加してきました!

   日本遺産について文化庁は平成27年度から令和2年度までに100件を認定するとしていて、これのでに83件が認定されています。島根県では5件が選定され下記の通りです。

…渡駄邵昔―百景図を歩くー 平成27年4月24日認定

⊇弍脊△燭燭乕土記―鉄づくり千年が生んだ物語― 平成28年4月25日認定

Fが沈む聖地出雲 平成29年4月28日認定

す喃函を超えた男たちの夢が紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落〜 平成30年5月24日認定

タ澄垢箋瓦燭舛躍動する神話の世界〜石見地域で伝承される神楽〜 令和元年5月20日認定

 

日本遺産は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産」として文化庁が認定しています。

 

銀山街道についても、大田市、美郷町、飯南町、三次市、岡山市などで組織する銀山街道沿線市町等連絡協議会及び銀の道広域連携実行委員会も連携して日本遺産申請に3度挑戦してきましたが認定に至っていません

 

そのことを解決すべく日本遺産セミナーに審査委員でもある東洋大学大学院国際観光学部客員教授でもある、丁野 朗(ちょうの あきら)氏のセミナー「日本遺産を活用した地域活性化の手法」について講演があり参加、大田市からも銀山課職員など多くの自治体関係者の参加もあり熱心に聴講。銀山街道は島根県大田市から広島県尾道市までの約130kmの距離があって、このルートの各町の文化・魅力などいかようにしてストリー性をもたせるかがキーワードでしかもいかにして地域資源を生かした事業化に結び付けていくかも大切とお聞きしました。

 

 銀を通じて浮かび上がることは、銀を生産した集落の形成と生産に必要な資材、運んだ銀の沿線での宿場など繁栄の中でみられる商家などの住宅、生産に関わるたたらや舟運など、運搬に重要な任務として牛馬や人足など関わった背景、そしてどう地域での銀を通じて繁栄した姿などをストーリー物語として繋げていくかと考えます。

 

つまり銀の発見から生産に至る仕組みやその生産を継続することができた仕組みなど専門家の知恵をお借りしなければならないだろう。そして先生から説明のあったこれまでの日本遺産に認定された物語の時代区分も大切とのこと、銀は江戸時代の区分となるだろうか?。

 

そして日本遺産を通じて、そこには地域活性化への動きが求められることも大切なストーリーである。いずれにしても最終年度に向かって、なんとしても「銀山街道」が日本遺産に認定されることは沿線関係者の悲願であり認定に向かって全力で取り組んでほしいと願っています。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:43 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3592
トラックバック