<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 石見銀山ファンクラブ | main | 活況つづく石見銀山! >>
山吹城跡・動物跡編

 石見銀山「要害山」山吹城跡、一見野生動物など何処にもいないようですが、よく注意を払って観察するとどっこい、動物の痕跡が見られます。山吹城跡、今回は動物編です。山で動物に出会うことはめったにありませんが、動物の痕跡に出会うことはよくあります。それらを見つけて動物の行動を想像するのも自然観察の楽しいところかもしれませんね。

山吹城跡(要害山・山頂付近)

 野兎のうんちでーす。よりにもよってこんなところに、目立つことに意義があるのでしょうかね、ここは俺様の縄張りだぞーとでも主張しているのでしょうかね。その光景を想像してみると・・・。

土台石の上の野兎のうんち

 そこからさほど離れていない場所には、これ「テン」君でしょうか、少し小高い石碑の台に、これも目立ちますよね、それでもチョコっと控えめに台石の隅っこ、器用にギリギリの場所です、この時の光景も想像してみてください、同時に本人たちの思いも想像してみましょう。

石碑の土台に残された「テン」君のうんち

 さて、最後はイノシシさんの発掘調査の成果です。お皿のかけらがありました。恐らく戦国時代の物と思われますね、(その後にこんなところにお皿持ってくる人はいないでしょう)お城(山吹城)で使われ、兵どもが使用したお皿ということで、これも当時の様子を色々想像すると・・・。いやはや、石見銀山いろんな楽しみ方がありまーす。(銀)

イノシシさん掘り返したらお皿のかけらが…

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3586
トラックバック