<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 健康ということ その3 | main | 子ども達と石見銀山 >>
暑さに負けず銀山を回ろう

 ここ石見銀山も連日35度前後の暑さです。が、『夏は暑いもの』と割り切って、日傘や帽子を着用し、お茶や水を持ち歩いてこまめに水分補給をする等の暑さ対策をして、ゆっくり銀山を回られてはいかがでしょうか。

 木陰の多い遊歩道を行きか帰りに歩けば少し涼しいですよ。鳥やセミが鳴き、バッタやトンボが飛び回っています。川にはサワガニもいます。龍源寺間歩の中は12℃くらいで天然クーラーの世界です。お孫さん連れのおじいちゃん、おばあちゃん、子どもさんに優しい言葉で解説しながら歩いておられるお父さん、お母さん、お友達と楽しそうに回られている若い方々‥‥‥、たくさんの方々が暑さに負けず元気に銀山を回っておられます。

 

 冷たぁ〜い冷気が流れ出て 間歩の前でもヒンヤリ

 

 できれば間歩の往復は2時間半、町並みは1時間くらいはとってゆっくり回っていただきたいです。そんなに時間の取れない方は、レンタル自転車で回ることもできます。

 石見銀山は鉱山遺跡です。歴史豊かで面白いエピソードも満載ですが、話を聞かないと、パッと見てわかるという遺跡ではないので、ぜひガイドと一緒に回っていただきたいです。自転車でのガイドも受けていますので、ご相談ください。

 

              (М)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3490
トラックバック