<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 石見銀山と無宿人その2 | main | 竹の花 >>
石見銀山ウオークの魅力を求めて!

澄み渡る天気の中、石見銀山ウオーク「山吹城跡コース」がはじまり大田市からの参加者中心として、遠くは松江市、飯南町、江津市から16名の参加がありました。まず銀山公園模型の場所で田平副会長から歓迎のあいさつを頂いた後、今日のガイドは伊藤、田中両氏が担当しました。

まず、伊藤ガイドから模型を使って今日の行程の簡単な説明がありました。

参加者の皆さんは真剣にメモを取る参加者もあって期待が膨らんでいたような様子でした。

田平副会長、歓迎の挨拶

伊藤ガイドによる説明

向正面にそびえる山吹城跡目指してスタート

 

筆者は見送りと取材のため訪れました。久しぶりに会う方もおられたので簡単な挨拶をさせていただきました。

今年度は石見銀山ウオークとして実施いたします。7月14日は銀山街道鞆ケ浦コース、9月8日銀山街道やなしおコース、10月13日銀山街道沖泊コース、最終日となる11月10日は16世紀、世界に大きな影響を与えたとする石見銀山の中枢である本谷コースを歩きます。

 

石見銀山は、龍源寺間歩コース、町並みコース、大久保間歩コースが有名ですが上記に紹介したコースを歩いてこそ「石見銀山遺跡とその文化的景観」の真髄を知ることができます。各コース、ガイドが丁寧に紹介いたします。

多くの皆さんの参加をお待ちしています。

 

お問い合わせは石見銀山ガイドの会にご連絡ください。

電話 0854-89-0120     (S)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - |
コメント
 石見銀山の魅力は、銀を掘った鉱山跡や江戸時代の町並みだけでなく、その雄大な自然や人々が行き交った街道跡にあります。
 緑に覆われた山並みに自分の身を置いたとき、自然と人間の営みのすばらしさをリアルに感じます。

 つい先日の6日、出雲空港と韓国のソウルを結ぶチャーター便が運航を開始しました。そのニュースのなかで、ソウルのツアー会社に勤務する女性の話が載っていました(6月7日付け朝日新聞)。「第1便ということで社長と視察に来た。島根は初めてだが石見銀山を楽しみにしている。」

 韓国にはトレッキングできるような山が少ないためか、韓国の人たちは山好きです。きっと石見銀山の自然を求めて来れれたものと思います。
 韓国人に限らず日本人にも、とにかく石見銀山ウォークはおススメです。
| iso800 | 2019/06/10 7:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3431
トラックバック