<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 街道ウオーク案内で楽しさ一杯! | main | 銀山の山をご案内して >>
こぼればなし〜チームプレー〜

昨日の、韓国のお客様の沖泊道ウォークのこぼれ話です。

昨日のブログの中に、マイクを持った女性の写真がありました。どういうことかなと思ったのですが、ウォーキングの休憩中にカラオケをされたのだそうです。筆者には思いもつかないウォーキングの楽しみ方です。

 

 

韓国では、女性の誕生日には花を贈る習慣があるとのことですが、このツアーのお客様の中に、この日が誕生日の方が二人おられたということです。

ウォーキングの途中で、添乗員さんからガイドのMさんに温泉津に到着したら花束を渡したいので手配してほしいと依頼があったそうです。

温泉津には誕生日に贈るような花を置いた店はありません。そこで、Mさんは、電話で温泉津町在住のガイドのTさんに助けを求めました。

1時間後には到着するという中で、Tさんは、自分の家に咲いていた花で二つの花束を作り、赤いリボンで結んで届けました。

 

 

お客様も、添乗員さんも大変喜ばれたということです。

Mさん、Tさんの素敵なチームプレーです。

 

花束を届けてもらった添乗員さんは、とても喜ばれてTさんに

"How much?"

と聞かれたそうです。Tさんは

「100万円!」

と笑顔で返したとのこと。これまた、素敵な対応だなと思いました。(A)

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3412
トラックバック