<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 一年で一番きれいなときです | main | コウモリの衝突回避の仕組み >>
春の花と野鳥

 みどりの息吹を感じる春は、四季の中で最もエネルギーに満ちた季節です。春の花は、昆虫たちによく目だつ白色系の、白っぽい色が主流となっています。

 今年の春歩いて、出会ったお気に入りの山野草(野生種)をあげてみました。銀山仙ノ山、国立公園三瓶山、県民の森大万木山(おおよろぎさん)など、県内の自然観察会で出会った花たちです。

 

       ヤマシャクヤク(山芍薬)

 遠くからでも目に飛び込んでくる目立つ花ですが、花が開いているのは短く3〜4日です。ヤマシャクヤクは山でないと自生できない花ですが、盗掘されることも多く絶滅が危惧されています。

 

      ヤマルリソウ(山瑠莉草)

 ワスレナグサ(園芸種)の原種とも言われています。

 銀山には、よく似たキュウリグサがあります。

 

     ショウジョウバカマ(猩々袴)

 一時的に赤くなる花びらを、能を披露する猩々の頭の赤毛に、葉っぱを袴に例えてこの名があります。名付けた人の想像力に脱帽です。銀山で咲いています。

 

        サンカヨウ(山荷葉)

 葉を歩荷(山小屋などに荷を運ぶ人)に、花を荷物に例えてこの名があります。歩荷が荷物を運んでいる姿を想像して付けられたのでしょう。

 

     ラショウモンカズラ(羅生門葛)

 羅生門で、切り落としたときの鬼の腕に、例えてこの名があります。横から見るとそう見えないこともないです。

 

         ユキザサ(雪笹)

 葉っぱはナルコユリに似ていますが、雪の結晶のような花を咲かせます。花が雪に、葉っぱがササの葉に似ているのでこの名があります。

 

       ヒトリシズカ(一人静)

 この名前は、白い花を白拍子の静御前に例えて、その静御前の舞う姿になぞらえて付けられました。一輪の花には哀愁を感じます。銀山にも咲いているようです。

 

 石見銀山を歩くと、日本三鳴鳥に指定されているオオルリ(ピリーリー)、ウグイス(ホーホケキョ)、コマドリ(ヒンカラカラ)の囀りも聞こえてきます。コマドリは鳴く地域が限られていますが、野鳥の宝庫でもある銀山の自然の豊かさを表しています。     文 責(T)

 

(備考)

※山野草はその場所でないと生きてゆけないものが多く、盗掘は厳しく禁止されています。三瓶山など一部では、罰則規定を設けて取り締まる地域もあります。とるのは写真だけにしたいものです。

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3403
トラックバック