<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 書籍 「いも殿さま」のご案内 | main | 紙幣と石見銀とブラックホール関連付けました >>
祝いのおかけじ展

重要文化財熊谷家住宅で「祝いのおかけじ展」が始まっています。

浅学にして、筆者はこの年まで「おかけじ」を知らないできました。

子どもたちの無病息災と健やかな成長を願って、正月や雛、端午の節句に武者人形や雛を飾ることは知っています。

それを、掛け軸にして飾るということが明治から昭和にかけて流行したのだそうです。

 

 

武者人形を掛け軸にすると、

こんな感じなのですが、この絵で金時が赤く描かれているのは、子どもたちが「疱瘡」にならないようにということなのだそうです。

 

おかけじと一緒に飾られるとにな人形も一段と華やかになります。

 

今回のおかけじ展では、熊谷家16代当主の初正月に贈られた破魔弓などとともに、貴重な約50点が展示されています。

5月26日まで開催されています。

一見をおすすめします。

 熊谷家住宅では、今、恒例の「春高楼で花の宴」(4月20日)の参加者も募集しています。

お問い合わせは重要文化財熊谷家住宅

電話 0854−89−9003 まで。(A)

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3371
トラックバック