<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 梅まつり、雨の中、梅飛ばしに人気! | main | 史跡めぐりのご案内 >>
ポルトガル語とオランダ語

現在は、カタカナ言葉(外来語)があふれていて、筆者には理解できない言葉もたくさんあります。

日本に最初にもたらされた外来語は、おそらく漢語で、それは、何の違和感もなく現在も使われています。

戦国時代にもたらされた外来語は、ポルトガル語でした。石見銀山の銀を求めてやってきたのがポルトガルだったからです。

 

オルガン  カステラ  カッパ  カボチャ  カルタ  キリシタン  コンペイトー  タバコ  テンプラ  トタン  パン  ブランコ  ボタン  ジュバン  などなどはポルトガル語を語源としています。

 

      咲き始めたミヤマカタバミ

 

江戸時代になると、鎖国の影響でオランダ語がたくさん入ってきました。

アルコール  オルゴール  ガス  ガラス  コック  ゴム  コルク  コンパス  ドロップス  ビール  ピストル  ペンキ  ランドセル  コーヒー  などなどがはオランダ語を語源としています。

 

ローマ字で書くと、ポルトガル語の語尾は、A(kappa)かO(tabako)かN(botan)になっていて、オランダ語の語尾は、U(garasu)かI(penki)になっているのがおもしろいです。(A)

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3340
トラックバック