<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 地方から見たシステムP3 | main | 新発見 >>
石見銀山の入込数大幅減少の報道から

    3連休の石見銀山、多くのお客様で賑わったようです。ガイドの皆さんご苦労様です。筆者は市民後見人に携わる関係で9日から10日にかけて久留米市に研修に行っていました。天気に恵まれました。帰りの際、大宰府天満宮に参拝しましたが、中国の春節の影響でしょうか多くの中国からの観光客の姿が目立ちました。

 

さて、本題です。

29日の地元紙に「石見銀山の入込数24%24万人」と報じられましたね。当会のブログ(24日付)にも龍源寺間歩入込数が前年比75%であったとお知らせいたしました。減少した理由はいろいろと考えられます。4月に発生した地震、西日本で発生した集中豪雨、夏の災害に匹敵するほどの猛暑など自然災害によるもの。そして10周年事業の反動も確かにあるでしょう。また自然災害で発生した遊歩道などの通行止めなど当会が修復を要望しても対応されず現在も通行止めの状態が続いています。どうも行政の捉え方と私たちの捉え方が根本的に違いますかね。涙して訴えたい。修復事業の優先順位上位に格上げできないでしょうか。今年の観光シーズンがスタートします。

 

全国にある世界遺産となったところ、多くの観光客が訪れています。それはそれでいいでしょう。入込数だけで評価はできないと思います。確かにガイドする立場にある私たちは沢山の観光客に訪れてほしいと躍起になります。一人でも多くのお客様をガイドしたいです。それが石見銀山で働く多くの関係者の願いだと思うんですね。

 

確かに、お客様は石見銀山の歴史のみに期待しているのではありません。町歩きガイドしていると、よく大森の町のすばらしさを聞きます。何がお客様の「心」を引き立てるのか。田舎育ちの私は「お客様の声」を考えることもあります。

 

 多くの観光客が訪れることで町が活性化し潤うことも大切なことだと思います。入込数減少の原因については、しっかりと関係者間で議論し町に住む人たちや関係者とよく話し合って対策を講じてほしいです。10周年事業に関わった実行委員会も今年度で解散すると聞いています。過日、大森町で開催された町並み討論集会での成果を反映させ石見銀山が全国の世界遺産の見本になれる取り組みとして町に暮らす人達との交流を通じて石見銀山遺跡の魅力につなげていく活動ができればいいですね。筆者はそう願っています。

 

 3連休を通じて、暖かな日和のもとお客様も多く訪れています。早く遊歩道の保全をしていただきたいし、猛暑に備えた無料休憩所「渡辺家住宅」の補修や休憩所としての機能も強化、石見銀山にきて良かったと言われるよう「おもてなしに力を入れてほしい」そうすればお客様に喜ばれることでしょう。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:01 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3310
トラックバック