<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 梅が次々に開花  大龍寺今昔 | main | 前期高齢者と後期高齢者の記事を読んで・・・・・ >>
前期高齢者と後期高齢者のちがい

 筆者も後期高齢者に仲間入りして、1年以上になります。身体と脳の衰えようはいかんともしがたいものがあります。今日は、筆者の経験に基づいて、前期高齢の時と(65〜74歳)と後期高齢(75歳以上)に入ってからの違いを自虐メモにて公開いたします。

 

○ 駐車場にバックで車を入れるのがうまく出来なくなるのが前期、前進でも真直ぐに駐車できないのが後期。

○ 駐車場で下車してから白線をはみ出しているのを確認してやり直すのが前期、駐車させたら後を振り返らないのが後期。

○ ガイドのネームプレートを時々忘れ、お客さん用のプレートを使うのが前期、忘れたことを思い出さないままガイドを完遂するのが後期。

○ 時々リュックのハスナーを閉め忘れ、お客さんに“ガイドさん、リュックがあいていますよ”と注意されるのが前期、リュックをどこかに置き忘れ“ガイドさん、リュックは?”と注意されるのが後期。

○ 物忘れに悩むのが前期、物忘れを自慢するのが後期。

○ 病気の話で盛り上がるのが前期、お墓の話で沈み込むのが後期。

○ ガイドの前、鏡を見て、しわとか毛髪に注意を払うのが前期、鏡から目をそむけるのが後期。 

○ お客さんを案内し終わったときに息をはずませているのが前期、若い女性のお客さんを案内する前から息をはずませるのが後期。

○ ガイドしながら俳諧を楽しむのが前期、徘徊しながらガイドするのが後期(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:23 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3305
トラックバック