<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「大国」の地名の由来 | main | いよいよ冬将軍到来! >>
キリシタン大名とその領民

 五野井隆史教授(キリシタン史)によれば、ザビエルが来日してから徳川幕府が禁教令を発するまでの間に、キリシタン大名の数は全国で72名にものぼったということです。この中には、大名というより地方の中小領主が含まれますが、それにしても多いですね。「高山右近」という小説を書いた加賀乙彦さんによれば、キリシタン大名といわれたそのほとんどは、宣教師に南蛮貿易の仲介を頼みたいという別な目的で入信したということです。布教と貿易をセットにしたことで、平戸(松浦氏)、長崎(大村氏)、府内(大友氏)などキリシタン大名が支配する港では、日本からの銀と外国からの鉄砲や生糸、絹織物などを交換するいわゆる南蛮貿易でおおいに栄えたということです。ところが、豊臣秀吉がバテレン追放令(1587)を出した後、多くのキリシタン大名が棄教するとともに、領内のキリスト教徒に対し残酷な迫害を開始しました。キリシタン大名は身の安全を図るために、さっさと棄教するのはいいのかもしれませんが、キリスト教に心から帰依していた領民が取り残され、長い苦しみの時代が始まりました。

 当時ピーク時のキリスト教徒の数は、人口比にしたら現在以上に多かったといわれています。それにしてもなぜこんなにキリスト教徒が増えたのでしょうか。大名の号令一下があったにしても、例えば大村忠純のように自領にある寺社仏閣を一斉に焼き払ったという過激なキリシタン大名もいましたが、領民が仏教からそう簡単にキリスト教に変えられるものであろうか、というのが筆者の疑問でした。最近、沖浦和光著「宣教師ザビエルと被差別民」(筑摩選書)を読んでいて、当時の時代背景とその理由の一部が分かったような気がします(O)。つづく。

| ガイドつれづれ日誌 | 02:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:40 | - | - |
コメント
真っ赤なウソつきのホラ貝さんは
いつもみんなの笑いもの(ハア ドウシタドシタ)
でもその年の大晦日の日
サタンのお爺さんは言いました
辛い世の中ぺらぺらの
お前の頭が役に立つのさ(ハア サイナサイナ)
いつもニヤけてたシンゾーさんは
今宵こそはと鐘(ゼニ)撞きました
(晋美歌18番:『アホびとこぞりてJoy to the Fools』)

宗教の振りした商売、イデオロギーの振りしたビジネス、ボランティアを娯楽として「消費」しだしたテレビメディア・・
伝統・新興にかかわりなくわが国の大教団が押しなべて金銭まみれなのは、誰しも何となく気づいています。
美しい日本、世界の真ん中で咲き誇る国ニッポンなどのフレーズが大好きな人間が率いる集団が、利権への嗅覚が殊のほか鋭いのもミエミエです。
テレビを観ていると、わが国では美談と絆と「寄り添い」が溢れかえっている社会らしいのですが。

支配者側(キリシタン大名など)のキリスト教受容の背景に、功利的実利的な理由があったであろう事は何となく感じていましたが、自身の棄教後にキリシタン領民への迫害にまで一転したという(O)さんの記事にはやはり暗澹とします。先の戦争が敗戦で終わった時、戦犯の一部はアメリカに協力することで復権し市民を抑圧した事例も想起します。
信仰もイデオロギーも道徳律も、銭カネの前ではかなり無力であるというこの国の底流はもう少し研究されてしかるべきかと。
いや、このあまり褒められた事ではない卑小さは権力・支配者層には固有でも、民衆の中にある信仰者や社会改革に苦闘した先人のそれとは異質であると思いたいという気はします。次回の(O)さんの記事で、その一端が解き明かされる事に期待します。

私は(O)さんの継続的なキリシタン史への言及に関心を持っています。それはやはり、幕末・王政復古という政治状況下での銀山御料を中心とした石東地域の”民衆思想”(by安丸良夫、網野善彦ら)がどう動きどう変容したかに関心があり、弾圧から潜伏そして信仰の継続という歴史の中で見出すべき「底辺で生きる強靭さ」なるものとの対比が気になるからです。
多分、その辺の理解からしか現状のこの地域がおかれている苦境(経済的ハンディキャップ、政治的放置=ないし見捨て、あきらめムードの蔓延)に対する解への糸口は掴めないとも思うからです。

斧入れて香に驚くや冬木立 蕪村

この地方は”枯れ木”とみなされ無雑作に斧を入れられ、やれ「地方創生」だ「地域活性」だと煽る風潮がありますが、どっこい地方で暮らす人間はまだ生きているし血も流れている。人をピースや単なる統計数字で捉えるのはふざけんなっ、と言い続けなければ・・

幾万のいのちの眠り冬木立 亀鳴


| どっと・かめ | 2018/12/07 10:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3241
トラックバック