<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 石見銀山街道を歩こう! | main | 「大国」の地名の由来 >>
吉岡さんの言葉

12月に入って、一年を振り返ることも多くなります。

1月に、石見銀山ガイドの会の創立メンバーの一人で、大森文化財保存会の会長を長年務められた吉岡寛さんが亡くなられました。

吉岡さんの話しておられたことを折に触れて思い出します。

今回は、「観光について」の吉岡さんの言葉を紹介します。

 

 

沖縄のある村長が話をしてくれました。「観光というのは他の地に行ってその地の文化の光を見るですよ。光を見ることが観光ですよ」って。光っとるのが見えるか見えないか。自分の目を養っておかなければそこに行っても光が見えない。

私たちは大森を観光地にすることはええし、観光もいいと思うけど、観光という意味をはき違えた人もたくさんいる。土産屋をつくって泊まるところをつくって温泉に入って、一杯呑んで手を叩いてはいさいならっていうのは観光のように考えられておるけども、本当の「観光」っていうのはそうじゃない。(NPO法人緑と水の連絡会議「銀のまちをつくった人たちの話」より)

 

 

吉岡さんの言葉から、筆者は、「文化の光」を生み出しているのはその地の人々なのだから、観光というのはその地の人々を見ることだと思うようになりました。だとすれば、観光ガイドは、その地の人々について語ることが求められているのではないかと思えます。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:28 | - | - |
コメント
 吉岡さんの言葉は確かに響きますが、観光はレクレーションの部分がそれなりに大きいと思います。日常の身心の労苦や煩わしさから離れ、relaxationを通じて次の心身をre-createするという目的です。

 つまり、楽しむという要素です。しかし、楽しめるためには、現地の文化や情景が自分のそれとどのように違うのか理解できないといけないと思います。
| iso800 | 2018/12/04 8:04 AM |
しんぞのご飯は盛りと掛けそば
貰っちゃいかがとカネが鳴く
かんこう ガッコウ 加計っ加計っ加計ぇー
(スイスイ民謡『かんこうワルツ』より)

「観光」の定義とは何ぞや、みたいに大上段に振りかぶると話がややこしくなります。異なる立場、
例えば観光業で食べているひと、観光地に住んではいるが観光が「振興」することからの恩恵がないひと、そしてもちろん観光客として訪問する側のひと。
立場が違えば視点や利害も違います。「観光の定義」を定義してくれないと議論が出来ない、などという笑い話になりかねません。

故吉岡さんの言葉も、(A)さんの先人への敬意も、投稿氏の効用論も、観光という「今の自分の日常とは違う場所に立ち、日常で関わりあう人とは違うひとたちと話がしてみたい、という”人間本来の情動”(私の定義です)」を、それぞれの面から見ているとすればなんら矛盾はありません。
あとはそれら割合をどうするのかどう比重をかけていくのか。

効用論からも見てみましょう。
ヾ儻振興を地域全体の暮らしの維持にどう役立て得るのか。
∨問客と迎え入れる側が”消費者とサービス提供者”以上の交流が出来ないか。私はどうしてもその辺にこだわります。

快適な宿泊施設(五つ星ホテル)、観光付属施設(物販、飲食)、快適なアクセス(新幹線と高速道路)などなど。
どう考えても、山陰の”交通僻地”の観光地が上の条件を揃えている「大資本商業観光サイト」(私の思い付きの造語です)と、同じ土俵で競うのは無理です。いや、競争する必要などさらさら無い。いずれ、国内の有名観光地にはもれなくIRという名のカジノ=賭場がついて来るかも知れない時代の対抗手段は、観光資本が考えている事と真逆のことをやればいい。
今、これだけ「観光スタイル」そのものが曲がり角に来ている時代だからこそ、石見銀山発(地方発と言い換えてもいい)の新しい観光スタイルを発信できるチャンスかもしれません。観光コンサルや、観光業でこの道何十年の人や、たまたま異動でその部署にいるだけの観光なんちゃら課・・これらを無視しろとは言いませんが、振り回される必要はないのではないか。

旧暦神無月が終わります。出雲之國では神在月と称するようですが、私は石見人。カミ様の不在に洗濯も掃除も出来なかったと悔やんでいたら、そこら辺を先生が走り回る季節になりました。
旧暦で暮らす季節感は、実際の気候サイクルとも合っているので、なかなか味があります。旧銀山御料の範囲を「旧暦特区」にして、ついでに時刻も不定時法にして暮らせば、よほどストレスのない生活になるかも知れません。通貨も、両や分・朱を復活させ、貫と匁も併流させればオレオレ詐欺をやる方も混乱して・・

子の帰るテールランプも時雨かな 亀鳴



| どっと・かめ | 2018/12/06 10:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3240
トラックバック