<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 地方新聞万歳 | main | 健康ウオーク仙ノ山Aコース、秋深まる銀の山で楽しくウオーキング! >>
ハロウィン報道で連想しちゃった(*_*;

日本でも「ハロウィン」が定着したようですね、21世紀になってからのような気がしますがどうでしょうか?年々ハロウィンもエスカレートして、報道によると、度を越した迷惑行為もあるようです。その一つにはコスプレ等で素顔が見えない事、どさくさに紛れて等がそうさせるのでしょうか。

 

実は、江戸期などの百姓一揆などに似たようなことが見られます。一揆が起きる理由はそれなりの理由があるのでしょうが、一旦起きると、「ほっかむり」で顔には煤を塗り誰か分らなくしてあるのと、騒ぎの中での行動であるため、いわゆる群集心理が働き、通常ではありえないことも起こります。ハロウィンと百姓一揆を結びつけること自体不謹慎な話かもしれませんが、TV等の報道を見て、ふと百姓一揆が思い浮かんだのも事実でした。

 

画像はいずれも許可されています

むろん、そうでないハロウィン支持者の方も大勢おられます。節度を守り楽しいイベントとして行われることを願っています。因みにハロウィンは、キリスト教とは無関係だそうです。(銀)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |
コメント
 このところ、ハロウィンだ、クリスマスだ、バレンタインだなどといって西洋の風習がはやっている。今やこの種の行事は保育園や幼稚園でも定番だ。流行とはいえ、マスコミの宣伝に乗って騒ぐ若者層の姿は情けなく思う。

 そのくせ、日本の伝統である花祭りやお盆、村祭りでさえも低調になった。日本では神さんといえば、合格祈願や縁結びに駆り出され、困ったときの神頼みとなっている。仏さんも死んだときにはじめて浄土でお迎えいただきたいなどと勝手なお願いをする。これでは、神さんも仏さんもやっておれないと思う。
| iso800 | 2018/11/04 7:45 AM |
ハロウィンか?閣僚席の土手かぼちゃ
(ケルトの古い俳諧から)

ハロウィンね・・(嘆息)。万聖節の前夜祭なのでしょうが、ま、”悪霊追い出し”祭と思えば上記の発句もいっそう味わい深いというものです。

「一揆」論をつまみ読みしてると、大略二つくらいの流れがあるようです。
^贐笋箸いΡ親安亮体を、民衆側からの運動と捉え肯定的に評価する。発動の背景や手法は比較的「問わない」。
一揆の「起源論」から分析し、合意形成された「穏やかな」運動であり体制変革までは望んでない。既得権側も含めた(武士や僧侶階層だって”一揆”をしていた)条件闘争である。

王政復古令を合図に全国で不穏な動きが起こり、民衆側も呼応していた。銀山領沿岸部でも同様な「騒動」はあったがこれを”一揆”と呼ぶにはもう少し事実関係を検証した方がいいのではないか−というような投稿を随分以前にしました。
一揆の行動様式には、「内部統制」や「一味同心間の合議と決議」が構成要件だとすれば、御領内の騒乱は一揆と呼ぶべきか否か悩ましいところです。
むしろ、ハローウィンで一時騒然とした渋谷の若者たちと地続きではないなのか。

ただ、彼らが無軌道な迷惑行為を繰り返す心性の裡に、現状への不満や絶望、「持てる者」への妬みや不公平感が胚胎しており、それが時折噴出していると見れば「おとな側」の我々ももう一度起きている現象を正視する必要も感じます。
むしろ、大人の側がもう少し、怒りや異議申し立てや「平成版ええじゃないか」運動を起こす必要が・・

刈田行く穂の稔りなく筵旗 亀鳴

| どっと・かめ | 2018/11/05 5:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3205
トラックバック