<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< お知らせ | main | 煙が身にしみる >>
さんべまるごと体験!

 スポーツの秋です。

 いま日本の注目のテニスプレイヤーに「錦織圭」と「大阪なおみ」がいます。テニスTV観戦をしていて、いつも疑問に思うのは、テニスでは「ゼロ=0」のことを、「ラブ」とカウントします。「ラブ、ヒィフティーン」「ラブ、サーティーン」などです。

 

 調べてみると、テニスの発祥地がフランスということに由来するようです。 フランスでは、数字の0が卵の形に似ていることから、テニスに限って卵を意味するフランス語「ルフ」を使っていました。 それが転じて、英語の「ラブ」になったようなのです。

 さすがにユーモアとエスプリの国、フランスです。

 スポーツにおいてもその才気と機知は忘れられていないようです。

 

 さて、スポーツの秋の本題です。

 国立三瓶青少年交流の家の主催事業で「さんべまるごと体験!」という親子で三瓶山を登るイベントがあります。毎年秋の9月と10月に2回開催されています。

 

     国立三瓶青少年交流の家の講堂

 

 今年は県内外から、100人前後の親子・家族グループの皆さんがご参加されました。登る前に講堂でオリエンテーションがあり、事業の目的と注意事項が伝達されました。

 

「石見銀山ガイドの会」は、この事業の登山ガイドを行っています。三日前の日曜日、男三瓶山(1126m)コースと女三瓶山(957m)コースの2つを6名のガイドでご案内してきました。

 

       晴れ間が覗いた男三瓶山の山頂です。

 

 三瓶山の登山道の周辺も彩り始めています。木々のこもれびが秋の深まりを伝えてきます。

 

石見銀山につながる車道沿いの木々も紅く染まりました。

 

 いつの頃も、もの哀しい孤愁を感じさせる秋です。

 今年の登山ガイドのシーズンも終わりが近づいてきました。日頃から「石見銀山ガイドの会」の登山ガイドをご利用下さり心からお礼申し上げます。   文 責(T)

 

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3200
トラックバック