<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 読み間違えやすい地名 | main | 連休 にぎわう! >>
江戸時代のシステム

代官は江戸から遠い地方に赴きます。従って目も届きにくく不正の温床になりかねません。8代将軍吉宗の時期口米の改革が行われました。代官は、年貢の他に口米を徴収それが代官所の経費とされていましたが。徴収率は一定しませんでした。代官次第で高額の口米を徴収することもあり不正の温床となる場合もあり享保10年(1725)口米は一度幕府に納め、改めて各代官所に支給されることになりました。また代官の権限は少なく、任期も数年と短いものでした。権限が大きく任期が長いと、不正やパワハラが起こるのは世の常という事なのでしょうね。

向陣屋跡(代官所前駐車場)から見た代官所門長屋

また、八代将軍吉宗が享保8年(17236月施行した、「足高の制」は、能力はあるが禄高の低い者、家柄が低いためにその役職に就けないという不都合を解消、(江戸期役職にはそれなりの禄高の基準がありました)。在職中はその不足分を支給されました。例えば俸禄100俵の者が代官になるとその期間中は50俵の不足分が上乗せされて150俵が支給されます。従来は加増という形でありましたが、幕府の財政が圧迫されるのを解消する意味もあったのでしょうね。石見銀山の場合、調べてみたら延べ59名中三分の一に近い代官様が該当していました。因みに、江戸の代官自宅は在職中には出張所になり代官手代が数名勤務し地方の代官所と江戸の幕府との連絡などをします。そのため自宅の改築もすることになります。(銀)

内側から見た代官所長屋門

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:01 | - | - |
コメント
 大森に赴任した代官は、江戸の自宅をどうしたのか気になっていました。井戸平左衛門などは単身で赴任していますね。家族が江戸に残っていたはずです。


 文中に「江戸の代官自宅は在職中には出張所になり」とありました。そうすると、井戸公の奥さんたちはどうしたのでしょうか。

 確かに、代官に任命されてもそんなに給料がよくなる訳でもなく、役柄から現場と公儀の板ばさみとなって様々な難題に直面します。逆に任命されれば、お説のように自宅の改築経費がかなりかかることになります。そのため代官になりたがらない傾向があったと聞きました。
| iso800 | 2018/10/07 8:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3172
トラックバック