<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 猛暑の次は台風相次ぐ | main | みどりのトンネルを歩く >>
反省

これまでに龍源寺間歩を何回ガイドしたか数えたことはありませんが、2000回は超えていると思います。

それなのに、龍源寺間歩の本当の姿を案内できていなかったことが悔やまれます。

 

坑道に入ってしばらくしてから、振り返ってみていただくようになったのも1〜2年くらい前からです。

立ち入り禁止の札があるところは、どこも、すごいということに気がついいたのは今年に入ってからです。

 

少し前にも紹介した立ち入り禁止の場所ですが、この穴は下に向かってあいています。

 

しゃがんでみると、よくわかります。

たくさんのお客様をご案内するときには、見ていただきにくいところです。

 

このほかにも、立ち入り禁止となっているところは、突き当りになっているところをよく見ると、その上に向かって掘られているところが多く、昔の人の仕事の大変さ驚かされます。

最近、大久保間歩をご覧になったあとで、龍源寺間歩に入られたお客様は、「大久保間歩はすごいと思ったけど、龍源寺間歩もすごいですね」と言われていました。

龍源寺間歩についても、まだまだ知らないことがたくさんあるのだろうと思います。勉強不足を反省しています。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3138
トラックバック