<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 石見銀山学ことはじめ | main | 石見銀山の香りの風景(2)アロマテラピー >>
銀山の音風景・その3

 水曜日の当ブログで、銀山の音風景をご紹介してきました。今回は石見銀山の町並みの音風景をご紹介します。

 

 江戸時代から造られ、今も木造りの町が残る「大森の町並み」です。世界遺産に登録された町並みです。

 耳を傾ければ、その町並みには様々な音が聞こえてきます。

 

        ほうきで掃く音

 

       子どもたちの遊ぶ声

 

        傘に当たる雨の音

 

        川の流れる音

 

 人が作り出す生活の音や自然が繰り出す音が、町並みの中に見事に調和しています。

 木造りの大森の町に溶け込んだ音は、町並みの音風景と言えます。江戸時代から継続されてきた生活文化が息づいています。

 

 私事ですが、先週末、岐阜県の白川郷を訪れました。

 一度は行ってみたい世界遺産・白川郷の合掌造り集落でした。

 白川郷の合掌造り集落は、石見銀山より11年早く昭和51年の9月に重要伝統的建造物群保存地区として、国の選定が成されています。

 


    

     白川郷の合掌造り集落の町並み

 

 白川郷の町並みにも石見銀山の大森の町と同じように、町並みを後世に残してきた人々の力強い文化力を感じます。

                    文 責(T)

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3073
トラックバック