<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 懐かしい茱萸(グミ)と大森のイベント  | main | どくだみ >>
高齢の方のガイドの難しさ・・・

  先日、高齢者といっても年齢の高いお客さまのガイドいたしました。団体のお客様で龍源寺間歩までの約5kmのコースです。あらかじめ歩くことが難しい方は町並み歩きでした。ところが以外にも間歩への方が多かったんですね。

 

お客様は、趣味をもったグループで、植物などにも興味旺盛、例えば、石見銀山の梅、この時期に咲くブラシの木(金宝樹)、スモークツリーなど意外な木にも興味を持たれ質問がありました。そしてガイドとしての案内に加え、その場での観察もされ時間もかかった次第です。

 

そうするうちにガイド時間どころかバスの時間が気になってきました。

お客様は、龍源寺間歩を出たらバスが待っているだろうというお客様もありました。いえいえ、「これから来たほどの距離歩いて帰ります。」と告げると驚かれていました。

 

さすがに後半は、ペースダウン、きつかったことでしょう。沢山歩いていただいてごめんなさい。

遅くなることは覚悟の上だったでしょうか。お世話頂いた方も苦言の一言もなく、笑って出迎えて頂きました。

 

私たちガイドは、通常はバス時間厳守でガイドしています。余裕をもってガイド終えることが使命ですがこういうケースもあります。少し反省し課題の残ったガイドでした。  (S)

| ガイドつれづれ日誌 | 03:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:23 | - | - |
コメント
銀山御料国語改革促進句会
(於:領内某寺子屋)

使い方以外に感嘆国語辞書 反省堂

誤字ぐらい気にせず移行ガイドの怪 工事園

さり気なく主語が混在脱「文法」 金田一狂介

*撰者逆選
美しい日本語求め日々手入れ 国家添削(かいざん)特区
| どっと・かめ | 2018/06/15 8:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3053
トラックバック