<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 事務所勤務の一コマ | main |  回 想 >>
藷殿忌さつまいもドーナツプレゼント

5月26日は、藷代官井戸平左衛門の命日です。

大森町の井戸神社では、春の例大祭が行われます。

今年の藷殿忌の5月26日、石見銀山ガイドの会は、ガイドをご利用いただいたみなさんに、さつまいもドーナツを、先着80名様にプレゼントします。

定時ワンコインガイドは、10時30分代官所前広場発の町並みコース、10時30分、13時銀山公園発の龍源寺間歩コースがあります。

特に、大田市のみなさんに、26日は、大森町においでいただいて、井戸神社にお参りいただき、ワンコインガイドに参加して一日ゆっくりお過ごしいただければ嬉しいです。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 06:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:40 | - | - |
コメント
 井戸公のことをコメントしたい。
 井戸公とさつまいもとの関係については、栄泉寺での旅の僧との出会いや種芋導入に尽力されたことなどがいろいろ言われていますが、かなりの潤色や尾ひれが付いているものと考えられます。しかし、何らかの係わりを持たれ導入に尽力されたことは間違いないでしょう。

 ところで、彼は仁政を行なって後世の人々は彼の功績を讃えました。一家庭人としての彼は果たして幸せだったのかはわかりません。幼少のころ養子に出され、また嫡子には先立たれています。江戸時代とはそういう時代だったかもしれませんが、今の感覚でも同情できるところが多い人です。

 井戸公の大森滞在はわずか1年半程度の短い期間だったのですが、彼は陣屋でじっとしている性分の人ではなかったようで、60歳を過ぎた老体にもかかわらず領内を何度も巡視し出雲や笠岡、はては伊予にまで出かけました。とにかく現場主義に徹しておられた方だったようです。誠実で実直な人柄で、領民にも慕われていたといわれています。

 同じ幕僚や官僚であっても、出世意欲にかられ、平気でウソをつき筋の通らないことを強弁しても居座ることができる世の中になりつつあります。今こそ世直しが必要です。私は井戸公のような人を今の学校の道徳教育に採りいれるべきだと思います。
| iso800 | 2018/05/15 8:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3021
トラックバック