<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 大型連休、石見銀山賑わいました。 | main | 銀山の有毒植物について >>
御取納丁銀1

 

毛利元就が正親町天皇に即位料として納めた「御取納丁銀」です。

中学校の歴史の教科書にも載っています。

正親町天皇は、1557年に践祚しましたが、即位したのは1560年です。

当時、即位の為には多額の費用を要するために、践祚しても即位の儀式を開くことは容易ではなかったようで、中には、践祚して十数年後に即位したという例もあるようです。

毛利元就は、1559年に御取納丁銀を1100枚を即位料として納めました。その翌年、1560年に正親町天皇は即位し、

1586年まで在位しました。

そして、毛利元就は、1562年に石見銀山を支配すると、天皇・幕府に石見銀山を寄進しています。

ちなみに、御取納丁銀は、1枚約160gですから、1100枚で約176kgということになります。

そう思えば、安原備中が徳川家康に納めた13.5tの銀の「すごさ」がわかります。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 05:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:48 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/3014
トラックバック