<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ツーリズム・イノベーションの時代 | main | 「大航海時代」の命名者 >>
東京・神奈川・京都・奈良

 下の写真の館、石見銀山世界遺産センターの展示室に入って頂くと、石見銀山の全体像がよく分かります。センターは、銀山最大級の坑道に入坑できる大久保間歩(坑道)ツァーの受付け場所ともなっています。

 このツァーは、3月から公開しています。

 

       山里は 銀の館に 梅の花 

 

 石見銀山世界遺産センターを彩る紅梅と白梅です。

 先日、9名のお客さまを大久保間歩ツァーでご案内しました。

 

 

 来られたお客さまは、東京・神奈川・京都・奈良の皆さまでした。

 ガイド日誌を調べてみると、筆者がご案内したお客さまは、この4つの地方から来られる方々が多いことが分かりました。偶然にも今回も、東京・神奈川・京都・奈良の皆さまでした。巡り合わせは繋がるようです。

 時間の許す限り、お客さまの住んでおられる地方の話題を、ガイドに取り入れています。神奈川県だけが世界遺産の登録がないので、今回は神奈川県で、日本の世界遺産暫定リスト登載遺産となっている「古都鎌倉の寺院・神社」に因んで、鎌倉の大仏や小町通り、鶴岡八幡宮のお話しをしました。

 

 全国で、世界遺産の歴史や文化を観光に活用しようという動きがあります。これには賛否両論がありますが、世界遺産の周知のためには、観光に活用する動きはいいかなと思います。        文 責(T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2956
トラックバック