<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 新規オープン | main | 百人一首大会 >>
私の趣味から

 お正月から一週間がたちました。皆さんどんなお正月でしたか。

9日からはまた荒れ模様の天気となり大雪の心配もでています。車の運転にはスリップなど注意しましょう。

  筆者、正月明けの4日から岐阜県奥美濃地方のスキー場でスキーを楽しんできました。今年は全国的に雪はたっぷりあり各スキー場、沢山のスキーヤー、ボーダー、家族連れなどで賑わっていました。

つららの様子 道路は凍結。

標高1500mから下まで約4km余りの滑走です。

山頂で氷点下10度 向こうの山は御嶽山  山頂から

5kmの滑走可能、雪質も良好、快適に滑れました。

快晴の山頂の様子 ここから滑走距離5km滑るんですよ。

スキー場全体図

 

あと2週間で68歳を迎えます。この年までスキーに夢中になれる。何がそうさせるのか。ガイドで歩くその力が元気の源なんでしょうか。魅力は何といっても各スキー場滑走距離が数キロ、最高は5kmも滑走可能なんですね。そして雪質もいいし、コース多彩ということにあります。宿泊は民泊し地元の美味しい料理や宿泊した他県の家族などとスキーの話題などで過ごすことができてよかったし、施設の方と話しもでき良かったです。旅行最終日の7日は快晴の天気に恵まれ最高の気分になれました。

この気持ちを大切に明日から一生懸命仕事していきたいです。(S)

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:14 | - | - |
コメント
今、時代は「公私のけじめ」を求めています。

残念ながら、社会の総体としてその厳格なルールが定着したからではありません。逆に、上は為政者から下は企業や小団体の「ミニ権限者」までが、「公」の振る舞いや行使の中に「私」を優先させたり便乗する光景が蔓延しているからです。
これはあり得ない例えとして言いますが、銀山を案内するガイドさんが、史跡の説明の途中で頻繁に私生活に関わるトピックや趣味自慢を話し始めたら、訪問客はどう受け取るのでしょうか。
もちろん、会話の中味の適不適は「文脈依存」ですから「流れ」としての許容範囲はあるでしょう。それでも自制の意識は必要です。
卑近な事を言えば、私も偶然案内する事になった方から別れ間際、前職や趣味、学生時代の専攻分野などを聞かれる事もあります。が、大半の場合はうやむやにします。別に秘密主義でも「公私のけじめ」原理主義者でもありませんが、要は案内をする人間は、まずは黒子に徹すればいいと考えるからです。
当ブログを愛読していると、銀山遺跡を取りまく状況やこれを打開しようとする貴会の奮闘ぶりがよく伝わってきます。もちろん、遺跡観光の魅力やその楽しさも。
当欄担当者の中には、一見銀山に関係のない話題でも、最後は視野の大きな提言に落とし込まれていたり、批評性の鋭い文章で考えさせられる事もしばしばです。
貴会の問題意識と特に行動には、労力も経費も伴う事と拝察しています。その限られたリソース(当ブログも当然含まれます)の活用には背景に会員の付託があり団体の財政的支出があるはずです。そして、それはやはり「公的」性格を帯びます。
現代において、数十万人もの人がアクセスするHPは既にして「公器」です。
そこには自ずから、個人の資格と責任ですればいいFacebookやTwitterに書き込む内容などとは違う、「公的目的」とそれなりの「品質」(用語運用の品位も)も求められるような気がします。
そして、貴ブログは総体としては十分にその両者とも実践しておられ、だからこそ年間18万件のアクセスがあるのだろうと拝察しています。大田市民の5倍以上もの人がわざわざクリックして本当に読みたい記事が何であるのか。内輪にだけ向けられた記事の功罪は何なのか・・

それでも私は当欄の長い愛読者ですし、今後も期待は大きい事は最後に附言しておきます。
| どっと・かめ | 2018/01/08 8:31 AM |
 どっと・かめさん、この程度のことなら、まあいいじゃないですか。自己喧伝をしたり政治的な主張や営利行為に及んだりした訳ではないですから。それに、どこまでが公なのか私なのか分別は難しいです。良識に任せるほかはありません。

 これをあまり厳しく言い始めると、ブログがギクシャクしてきます。大目に見る寛容さも必要です。ガイドの会のブログはいろいろな話題やいろいろな意見があってよい。私は自由闊達にやったらよいと思います。
| iso800 | 2018/01/09 1:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2888
トラックバック