<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 冬桜 | main | 糞虫(ふんちゅう)はすごい >>
富有柿との出会い

 南北に長い日本列島各地から、石見銀山には色んなお客さまが来られます。

 北海道から来られたお客さまの話題です。

 

        銀山の富有柿 

 

 上の写真は、銀山では普通に見ることができる富有柿です。この時季には、果実だけ残されたものが少なくありません。

 北海道のお客さまが『もしかして柿の実ですか?』と、真剣にお尋ねになったことがありました。北海道では柿の木は育たず、市販されたものしか印象にないから、木に生っている柿は新鮮です、とも言われました。

 

 そして、銀山の竹林(モウソウダケ)の多さにびっくりされます。北海道に自生していない竹も珍しいようです。

 また『瓦(石州瓦)の家並みも素敵ですね。』と言われました。瓦葺の屋根も北海道には無いようです。

 銀山遺跡の他にも色んな出会いがあります。

 

 「出会いの詩」をご紹介します。

 

 人は 何かに 会いたくて 

 誰かに 会いたくて 生まれてきた

 そんな気がする

 けれど それが 何なのか 誰なのか

 会えるのは いつなのか どこなのか

 だれも分からない

 けれど 会えることを みんな信じている

 

                 作 不詳

 

 多くのものに出会って頂きたいです。

 

 

 紅葉も終わりを告げようとしています。

 今の時季の銀山の間歩内(坑道内)は、お客さま貸し切りでご案内ができます。       文 責(T)

 

 

 

 

 

 

   

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2852
トラックバック