<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 秋の銀山を歩いてみませんか。 | main | 紅葉を迎えつつある銀山路の様子 >>
森林の後始末

   そろそろ石見銀山も雪の季節を迎えます。数年前、重たい雪が降ったとき、銀山周辺の杉が枝折れではなく幹から折れ、無残な姿をさらけだしました。大した積雪量でもなかったにもかかわらず、このような現象が起きる一番の原因は、間伐の不足によるものといわれています。胸高直径と樹高の比が高い、すなわちモヤシのような樹が被害を受けるのだそうです。

 

今年の7月、杉の産地で有名な大分県日田地方を襲った豪雨は、下流地域に多くの被害をもたらしました。その原因のひとつには、上流の杉植林地に放置された間伐材が大量に流れ出し、それが橋脚にひっかり水をせき止めたためと考えられています。

 

最近、国道9号線をはじめ山間部の道路でも木材チップを積んだ大型コンテナ車をよく見かけるようになりました。なかには、細断用カッターを装備したトラックも威力を発揮しているようです。これらの木材チップは、おそらく江津市の工業団地の一角にある木質バイオマス発電施設へ運ばれていくのでしょう。

 

これらの多くは、間伐や枝打ちによって産出された、今までならそのまま林床に放置されていたものを集めてチップにしたものが多いようです。環境にやさしい再生可能エネルギーですね。木質を燃やすと当然炭酸ガス(CO2)が排出されるので、地球温暖化に悪影響を及ぼすと考えられていますが、植物は成長過程で光合成によってCO2を吸収するので、CO2の収支はゼロになります。これをカーボンニュートラルといいます。化石燃料である石油、石炭も元をたどれば動植物性由来のものですが、その起源は数億年単位の昔のものですので、現存環境には直接影響しないということで、カーボンニュートラルとは言わないそうです。

 

江津市の木質バイオマス発電所が操業する前に、そこを見学したことがあります。担当者に話を聞いてみると、いろいろ問題がありそうです。間伐や枝打ちで産出されるバイオマス資源は沢山あるということですが、多くの場合山奥にあり、しかも場所が散在して集めるのが大変らしい。また、集めた木質の水分含量を一定にするため、加熱処理により乾燥する必要がある。資源回収のばらつきを埋め、安定的に発電するためには、東南アジアからヤシ殻を輸入しなければならない等など。

 

こうしてみると、木質バイオマス発電施設を動かすためには、間伐や枝打ちにも、資源を集積するためにも、集積したものを運搬するためにも、チップ状態に破砕するためにも、それらを乾燥するためにも、資源の安定供給のために国外からヤシ殻を輸入するための大型貨物船を動かすためにも、多くの石油エネルギーが使われていることが分かります。これら石油を燃焼して生じるCO2もさることながら、ひょっとすると、木質バイオマス発電に必要なこれらの石油を燃やして発電した方が効率的なのでは、という疑念が浮かびます。しかし、木質バイオマス発電によって、森林が少しでも明るさを取り戻し、何にもまして原子力発電の悲劇が繰り返されないためには、多少の無駄や不合理が あってもよいと思うのですが(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 01:05 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |
コメント
 間伐が進まない理由は、事業として採算性に乏しいという経済原理が根底にあると思います。そういうなかで、このような木質バイオマスへの利用は採算性改善のための一つの方向を示すものでしょう。将来的には技術革新によって現在ある障害も解決されると期待しています。

 このところ電気自動車や水素自動車が環境問題を解決する手段だとして注目されています。しかし、現段階では自動車の製造コストや利用インフラの問題だけでなく、その電気や水素をつくりだすために大量の化石燃料を消費するという自己矛盾があります。これもやがて技術革新が進み解決されるでしょう。更に言えば、木質バイオマスの問題も含めて日本の技術で解決してほしいものです。
| iso800 | 2017/11/02 8:09 AM |
昨年、家族で奥多摩のイベントで、
間伐のイベントに参加したことがあります。

杉の木の皮をみんなで剥がしていくのですが、
木の下の皮をめくり、みんなで一斉にひっぱると上まで綺麗にむけました。

皮をとることで、たったまま枯らすそうです。
そうすることで、木の水分を無くして、
木を運ぶ際に重機を使わず、女性や子どもでも
簡単に運ぶことができました。

このイベントを通して、息子と杉の木に
マークしてある木をみると、問題がある木だからそのうち無くなる木なんだね。というふうに話をすることができるようになりました。

間伐ももっと手軽にできるようになると
いいですね。
| きほママ | 2017/11/02 8:58 AM |
私は10/19付投稿で、三瓶山及び石見銀山の景観に関連し「植林野の伐採管理」「皆伐の可否」について触れました。本日ブログの「炭素中立」とも絡むと思いますので駄弁を承知で・・

現状、多くの気候学者や環境部門の専門家が炭素排出の抑制を喫緊課題にするのは、偏に「温室効果ガス増加=地球温暖化」の主犯が二酸化炭素であるとの共通理解である事は論を待ちません(ある国の大統領は”地球温暖化”自体をフェイクと言っていますが)。

(O)さんが指摘されるように、最近の間伐施業(ないし斜面全体の皆伐)の増加は少し里山を歩けば実感できますし、背景に木質バイオマスエネルギー(Woody biomass Energy)の開発・拡充策があるのであれば歓迎出来ます。
そして例えWEの炭素排出に関し、現システムが総体としてカーボン・ネガティブとしても「森林管理」「林野政策」としてはやるべきであるとの意見には同意します。

さてそこで、銀山遺跡地内の植林針葉樹の間伐・皆伐と他の樹種への置き換えを、具体的にはどう進めて行くかの問題です。
これも以前に投稿しましたが、土砂災害防止や地表保全、植生の急激な変化による影響などの他に山林ないし立木の所有権の問題、そしてそれら事業の資金的裏付けをどうするかという最大の難問が待ち構えています。

くどいようですが、石見銀山遺跡の世界遺産登録以後、一番議論されてきた事柄は、「観光客の減少問題」であり「観光をてこにした地域活性化」が主流であり「遺跡の恒久的な保存策」や「(自然)景観の復旧・保全」などという視点は等閑にされて来たような印象があります(但し、裏方で地道に上記のような問題にも取り組んで来られた方々を存じ上げていますが、如何せんスポットライトは当たっていません)。

後2か月で、登録10周年行事という”狂躁”の1年が終わります。この1年に注ぎ込まれた人的・物的資源と財政資金がどのように「石見銀山遺跡と文化的景観」の近い将来と遠い未来の為に使われどう活きて行くのか、などと云う検証がなされる事には、今までがそうであったように殆ど期待はしていません。
が、祭りが終われば人間は「地に足を着けた営み」に戻り、またそこから出発します。

「登録11年目」を内省的で落ち着いた議論が交わされる土台作りにする為にも、(O)さんのようなユニークな視野のブログが増える事を期待します。
(多分、)(O)さんが専門の生命系・生態学系の基礎教科書である「進化論」にはまず間違いなく「生命進化の原動力は生命自体の多様性」と書いてある筈です。
「多様性」は政治の場でも、芸術・文化の諸相でも、小さな組織や集団の中でも、まず保障されるべき「生きる構え」のような気がします。


| どっと・かめ | 2017/11/02 11:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2820
トラックバック