<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「石見銀山」明暗 | main | 雨の中のガイドも楽しく ! >>
アメリカのユネスコ脱退表明

アメリカがユネスコを脱退すると表明しました。

2018年12月末で脱退し、以後はオブザーバーとして使節団をを派遣するということです。

アメリカは1984年にもユネスコを脱退し、2003年に復帰しています。

アメリカは、ユネスコの分担金の22%を負担しており(2011年以降は支払いを停止していますが)、ユネスコの運営にも影響が出るのではないかと懸念されています。

ユネスコの分担金比率の上位6ヵ国は、

アメリカ(22%)、日本(10.83%)、ドイツ(7.14%)、フランス(5.59%)、イギリス(5.17%)、中国(5.14%)です。

この6ヵ国で分担金の55.87%を占めています。ちなみにユネスコ参加国は195です。

日本は、2016年38億円の分担金を支払っています。

 

      紅葉が始まっています

 

今回のアメリカの脱退表明の背景には「パレスチナ問題」があるようですが、「相互理解」を何よりも大事にしているユネスコにとって極めて残念なことです。(A)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:23 | - | - |
コメント
「黙れ!お前いちいち理屈言うなら出て行け!」
「おう、上等じゃん。出て行ってやる!」

「国連機関」とまで大きく出なくても、数十人程度の活動団体でもよくある話しです。
話題を変えます。

UNESCO(ユネスコ)は、「人の心の中に平和のとりでを築」くためには「すべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って、果たさなければならない神聖な義務」が存在し、その前提には「思想と知識が自由に交換されるべきことを信じ」る、と憲章前文で宣言しています。

国連憲章前文は(ユネスコは国連専門機関)、戦争の惨害から将来の世代を救うため「このために、 寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互いに」努力を結集することを決定すると謳います。

県立島根中央高校はユネスコスクールに加盟しています。私も彼らの石見銀山での竹林・雑木伐採ボランティア活動に参加した事もあります。
言うまでもなく、ユネスコスクールはユネスコ憲章の理念を実現するため「持続発展教育(ESD)」を実践する事を目的としています。
日本での加盟校(幼稚園から大学、特別支援学校まで含みます)は1037校(29年5月現在)ですが、島根県は高校2校のみで(多分)全国最下位クラスの筈です。
もちろん、世界遺産を有する大田市内にユネスコスクールは1校もありません。

この事が、大田市では行政や教育関係者ですらも「世界遺産」の冠(かんむり)は、まずは観光営業に資するものであり、今流行りの、「商品」への「箔付け」ぐらいの認識である・・とは言いませんがある実態を垣間見せてもいます。(学校現場での銀山教育の中で、副教材に取り上げているのは見た記憶があります)。

(A)さんは貴ブログでユネスコの理念と石見銀山遺跡に関しよく言及されます。他のガイドの方も当然ガイドの際には折に触れ説明しておられると拝察します。
私も、銀山で機会があって同行した人たち全てに「ユネスコの理念は・・」などと話題にしている訳ではありませんが、小・中学生相手だと思い出したように説明する事もあります。

今回の件は、ユネスコという国連機関が外交の駆け引きに翻弄されていいのか、と云う問題や、国内的にも「世界遺産登録」なるイベントが政治的思惑に利用されてはいないか、などを再度考える契機とも捉えています。




| どっと・かめ | 2017/10/15 11:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2804
トラックバック