<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< “忍原崩れ”のフィールドワーク | main | 「石見銀山」明暗 >>
石見銀山街道健康ウオーク 「ゆっくり歩こう世界遺産2017」 いよいよ最終回

  石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーン実行委員会助成事業で4月15日の仙の山Aコースから始まった健康ウオーク、特に山と街道シリーズは好評で多くのお客様に参加して頂きました。

   しかし、私達が一番の期待を掛けていた夏休み限定の「龍源寺間歩コース」は皆様の期待に応えられず残念な結果でした。1年前から準備を重ね、色々な方のモニターツアーを重ね、メディアの取材もありPRに一役買っていただきました。それは「非日常体験として銀山川での水刺激体験、ストレッチ、コーヒータイム、森のくまさん絶唱などなどありましたね。極め付きは、龍源寺間歩を貸し切って真っ暗な坑道内を螺灯を持って歩き、巻上節を聞きながら瞑想にふける」という取組でモニターツアーでは好評だっただけに残念です

龍源寺間歩内

 

また、昨年11月、大田市で開催された「第3回日本クアオルト協議会大会in大田」に参加された皆さんからも大変好評でした。しかし、7月22日〜8月26日までの夏休み期間中2回しか開催できなかった龍源寺間歩コースは、非常に残念で取組の課題として残りました。

この事業は来年度も継続して行われます。今年の事業結果を総括し何が欠けていたのか皆で話し合いたいです。

 

さて、いよいよ10月21日に迫った仙ノ山Bコースとは、世界遺産センターから展望台に上り、明治時代に近代化を目指そうと作られた選鉱場跡及び清水谷製錬所跡を巡るコースです。ご案内は当会きってのカリスマガイドと美人ガイドがご案内いたします。めったに歩くことのないコースです。乞うご期待ください。(S)

選鉱場跡

清水谷製錬所の上部

 

  集合場所 銀山公園内無料休憩所

  受付時間 午前8時半〜

  出発時間 午前9時

  ガイド料 700円

  コース  距離4km 所要時間約4時間(食事込み)

 

お知らせ 

〇格發の服装

飲料水、雨具は各自で用意

0天候で中止する場合、事前に連絡いたします。

っ鷦崗譴篭篁蓋園。

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:41 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/10/13 2:42 PM |
出発地点に返りませんか。

ガイドの会ブログとコメント(受入れ)システムが起ち上がった時、その広がりと活用に色々な思いがあった筈です。

もう一度返りませんか。そこに。

,海箸気蕁◆嵌人ガイド」の語を使う必然性はありますか?
「○○課は美人受付が応対します」「当店は美人スタッフのいるコンビニです」と言う役所やサービス業があったとして、どう思われますか?
▲張◆爾筌イド・プランを指して「商品」と言う語を使うのは違和感があります。それらが「商品」であるなら、参加した人や一緒に歩いて銀山の良さを共有した人たちは「消費者」ですか?

、「またケチを付けてる」とお思いでしょうか?「ユーモアの範囲じゃないか」と言われますか?
私は女性に美醜の形容を選択した時点でアウトであると考えます。少なくとも「ガイドの会公式ブログ」(不特定多数で様々な価値観を持つ人たちが閲覧する)上で使用する語彙ではありません。会話の中で、打ち解けた雰囲気の中で使う事はあっても、「一線」はあります。

□(S)氏記事ではこの「商品」なる語が頻出します。多分、旅行業者、観光業者などの「業界用語」を聞いての影響なのかと思いますが、ガイドの会は「業者」でしょうか?10数年前に本当に手造りでボランティア・ガイドを始めた人たちは自分たちの行為を「商品」と称したでしょうか。

以上に通有して感じるのは、「内輪で話したり盛り上がっている雰囲気」を何らの抑制もないままブログに書いている姿勢であり、内輪向けへのメッセージ・レベルに留まっているのではないかという懸念です。
その類の発信であればTwitterかFacebookでなされば宜しい(ついでに自慢話や身辺雑記も)。

ガイドの会のHPは閲覧者も多いしブログ読者も多数の云わば「公共空間」です。私も含めたコメント投稿者の拡がりと抑制の効いた意見交換で銀山の抱える諸課題に向き合うべきでしょう。もちろん、貴重な情報提供や和やかな話題で彩られる事は言うまでもありません。
期待しています。



| どっと・かめ | 2017/10/13 5:17 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2801
トラックバック