<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ご案内がご縁で | main | 食べる店が…… >>
雑 感(草むらのファンタジー)

 夜道を歩いていると、廻り一面に白い花を咲かせているような不思議な光景に出会います。

 

 これは、懐中電灯などの光を当てると起こる、ヨモギがつくるファンタジックな世界です。

 ヨモギの葉は、夜は太陽光線を受ける必要がないため、広げた状態の葉っぱを起こし、空に向かって立てた状態で閉じます。葉の裏側は、白色の綿毛状になっているため、光を当てると白い花が咲いているように見えます。

 ヨモギは、夜と昼との間で葉っぱを開閉運動させて、幻想的な世界をつくる面白い山野草です。

 

 ところが最近、このヨモギが少なくなっているような気がします。銀山公園でもあまり見かけません。 先日、銀山の清水谷製錬所あたりで、ヨモギと思って近づいたら、トリカブトの葉っぱでした。トリカブトの葉とヨモギの葉はよく似ています。

 ヨモギ餅を作るために、トリカブトの葉をヨモギと間違えて採取すると大変です。全国では毎年、数件の事故が発生しているようです。       文責(T)

 

 

  

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2735
トラックバック