<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 島根自虐カレンダー | main | ご案内がご縁で >>
酷暑に負けじ石見銀山賑わっています!

猛暑に関する記事が多いこの頃、6日の石見銀山、ガイド事務所の温度計軒下で37度越え、道路上で40度。この気温下では歩けませんね。

事務所軒下の温度

事務所前で測りました。40度です。

みにくくてすみません。

 

夏休み期間中、酷暑にも関わらず多くの家族が訪れていて、銀山公園駐車場は終日満車の状態でした。

終日満車の銀山公園駐車場

子どもさん連れのお客様が多くみられました。

 

お客様との会話も、石見銀山入口の道路標示の温度計37度超えてましたよ。というような会話。外にいるとしゃべるだけでも汗がでてきました。こんな中、益田市では13時46分に39.3度を記録したとのネット情報。ちなみに島根県内各地の気温ランキングです。(午後2時時点)

  益田市 39.3

  浜田市 38.5

  大田市 38.4

  出雲市 38.4

 

このような猛暑の要因は、台風5号によるフェーン現象、台風によって送り込まれた暖かく湿った南風は、太平洋側では雨を降らせ、山を越えて日本海側に流れ込むときには高温の乾いた強風となって吹きおろし、気温を上昇させたのです。この後も山陰など日本海側を中心に40度近い暑さが続く見込みと、民間のウエザーニュースは伝えています。

 

このような天気の中、石見銀山観光で間歩まで歩く方、熱中症対策をしてほしいです。こまめな水分、塩分補給、適度な休憩などしてください。

龍源寺間歩の坑道内の気温は12度とめちゃ涼しい。外気温が超高いので「寒い」の一言でしようか。

 

熱中症のサイン

  1. 脈拍が早くなる
  2. 呼吸が増加する
  3. 顔色が悪くなる
  4. めまいがする
  5. 皮膚が乾き、赤くなる
  6. 異常に体温が上がる

体調管理には万全を期してください。万が一、体調に異変を感じたら近くの人に助けを求めましょう。我慢禁物です。(S)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:01 | - | - |
コメント
《ウマとシカの耳に念仏・・》

通夜経にあわせすずむし鉦たたき 亀鳴

(昨年8月15日付投稿コメント再掲)
今年は遅いかもしれません。間に合えば提案しましょう。せめて来年には。もっといいアイデアもあるかも。
お年寄りの疲れ切った後姿、ベビーカーの中の泣き顔、声を掛けても反応のない子供たち、を現場はいつまで見ればいいのか。

[篆綉訖經錣寮瀉屐焚織所かに)
費用:電気代、水道料、紙コップ代、リース料(給水器)
足”冷や水”プール(氷を浮かべた簡易プール)
費用:水道料、氷代(含む搬送経費)、リース料
0篁坤札鵐拭写砧漸宗別埆覺限定)
・3歳以下幼児の同伴者と75歳以上高齢者(本人)
費用:実数カウントし委託費に上乗せで補てん

´△砲弔い討麓存性は分かりません。自販機があるし、という意見もあるでしょう。
しかし、「遠くから来られた方へのほんの気持ちです」を表すのは無駄ではありません。
に関して言えば、幼児(児童含む)及び高齢者向けへの有効な観光手段を提供出来ていない事への明確な反省の表明です(だって、そうでしょうが)。(再掲終わり)

財政潤沢なる我が大田市(または観光協会)は、観光キャンペーン事業に百万円単位の助成も出来るありがたい地域です。
注意喚起やスローガンも大切ですが、まずは目に見える形での「安全観光のお手伝い」にお金を惜しむべきではありません。

「誘客」などと言う、観光(営利)事業者が使う用語が、本来「受け身でかつ要請があれば万全に対応」すべきガイドの皆さんの団体のブログで濫発されるご時勢とは言いながら、何かしら理念が風化していくのは歯がゆく思います。
「観光」論については、またいつか・・

何はともあれ今日は立秋。昨日も城上神社の神域では黒揚羽の連れ舞が見られました。
台風余波の雨の中でも来訪されるお客様もあると思います。雨中のガイドご苦労様です。ご安全に。

秋立ちて目にはさや豆風立ちぬ 亀鳴








| どっと・かめ | 2017/08/07 11:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2734
トラックバック