<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 大久保間歩ツァー(地元団体からの参加) | main | ゲーム感覚”で観光名所を巡ろう!「島根ご当地クエスト」22日より実施! >>
牛のいる風景(4)

前回、中国山地脊梁地帯に今でも残る草原景観とたたら

製鉄について述べました。それでは、近世石見銀山領内

での山の利用はどうなっていたのでしょうか。

 

元禄時代における石見銀山領内での山の利用は、

山林が13.1%、竹山が0.5%、荊山が5.7%、草山が44

%、草山入会地(共同利用地)が36.2%で、およそ8割

が草山であったようです (仲野)。

 

江戸時代には、全国的にみても山野の7〜8割が草山と

いわれています(日本の草地面積の変遷、小椋)。苅敷

といわれる春先の若い養分の多い草木類の田畑へのすき

込みや、堆肥づくり、牛馬の飼料の確保のために田畑の

1012倍の採草地面積が必要であったと試算されていま

す。

安藤広重の版画や銀山絵巻など昔の絵をみると、ほとん

どがハゲ山だったことが肯づけます。ハゲ山というのは

実は適切な表現ではなく、実体はハゲではなく草山です

ね。

 

このように、近世農山村における農産物の生産は、草山

と人や家畜の排せつ物の循環に多くを依存していました。

その他に生活のための燃料用の木柴の取得も不可欠でし

た。農産物の生産性は、農薬や化学肥料に頼っている現

在のそれに比べ、相当低いものでした。しかし、生態系

の物質循環という視点からみると、当時の農民は最高レ

ベルの再生可能農業技術を駆使していました。

 

江戸時代の中期以降、3千万人といわれるわが国の人

を、化石燃料を一切使わずに支えていたのです 。

今、放棄され、荒れ果てた山林原野(再生可能エネルギ

ー)をみるたびに、もったいない、何とかならないもの

かと思ってしまいます(O)。

| ガイドつれづれ日誌 | 00:15 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - |
コメント
 石見銀山領内での草山の比率が8割、そして田畑の10−12倍の草地を必要とした。農業の生産性は低かったが、再生可能な農業形態になっていて、生態系の循環がはかられていた。貴重な情報、有難うございました。

 それに対して現代はいうと、農業の生産性は飛躍的に向上したけれど、その分食料の余剰生産に陥ったり、化学肥料や農薬の使用によって生態系が崩れたり、無計画な灌漑によって砂漠化が促進され、生態系だけでなく自然そのものの破壊をもたらしています。

 一方で、山林は放置され荒れ果ててしまっています。今や山林といえば、単層林がイメージされ災害に弱い植生になったり、猿や猪の天国になっていますね。

 人類は自然の「再生」なんてことをとっくに忘れ去って、化石燃料を使い尽くせば今度は原子力だなんて考えています。どうやら人類は破滅に向かっているようにも見えます。そういえば、わが国の財政も借金を重ねていて同様な状態にありますね。今これを止めないと大変なことになります。自然と共生した「石見銀山の精神」を呼び起こそう、ですね。
| iso800 | 2017/07/20 1:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2716
トラックバック