<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< サヒメルの石見銀山展 | main | 牛のいる風景 >>
山のガイド
 大田市内の国立公園・三瓶山へ学生の皆さんをご案内しました。
 国立三瓶青少年交流の家から「石見銀山ガイドの会」が依頼を受けた山ガイドでした。ガイドとして今年度2回目の三瓶山です。今回は、あいにく深い霧に覆われた三瓶山でしたが、皆さん元気に目的のコースを完歩されました。


 折返し目的地の大平山山頂は、視界は50mくらいの深い霧に覆われています。濃霧の三瓶山もファンタジックで神秘的です。
 下山中は、皆さんの歌声も聞こえてきました。(^^♪


 晴れた日には写真のように、女三瓶山の山頂からハート形の「室の内」の池が見れます。また、機会があれば、晴れた日に登って頂きたいと思います。


 ご案内したのは、広島県から来られた学生さんとその先生方の計65名の皆さんです。ガイド2名(前列中央)でご案内しました。

 パキーンと晴れた日には晴れのように、朝霧に覆われた日には幻想的に、三瓶山は四季折々の姿を見せてくれます。
 皆さんの良き思い出となりますように。 文責(T)


 (私的番外編)

 福島県尾瀬ヶ原の水面に浮かぶ「逆さ燧ヶ岳」です。
 尾瀬の木道は約70km設置されています。6月初め、その約20kmを歩いてきました。元気に歩けることは、本当に有難いことです。


| ガイドつれづれ日誌 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2678
トラックバック