<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「歩く」がどれだけ体に効くか知っていますか? | main | 道端の宝石 >>
お知らせ

その1 大森小学校入学式

 

今日は、大森小学校の入学式。

1人が入学します。

今年は、全校児童11人です。

 

花も満開です。

 

その2 第11回 よずく茶屋

 

 

恒例の「よずく茶屋」が開催されます。

日時 4月29日(祝) 11時〜13時

所  西田よずくの里

   くずがゆ定食(1000円)

   11時〜40食  12時〜40食

   いずれも予約限定

その他 さくらクレープ、炊き込みご飯、地元産物などの販売もあります。

連絡先

090−4802−9541(中西)

 

その3 春高楼で花の宴

 

 

これも恒例の熊谷家住宅、「春高楼の花の宴」が開かれます。

日時 4月23日(土) 11:30〜15:00

所  重要文化財 熊谷家住宅

内容 お花見弁当、お話、お菓子、コーラス

お話 「パンが第二の主食となった昭和」

    小泉和子館長

参加費 5000円

定員 30名

連絡先

0854−89−9003(熊谷家住宅)

 

その4 新刊

 

 

「石見銀山の社会と経済」が出版されました。

石見銀山資料館学芸員の藤原雄高さんたちの共著です。

価格は1080円です。

連絡先

石見銀山資料館

0854−89−0846

 

桜も、菜の花も満開です。

昨日は、台湾からのお客様が「空気がとてもおいしいところですね」と喜んでおられました。

たくさんのみなさんに、この景色と空気を楽しんでいただきたいです。(A)

 

 

 

 

 

| ガイドつれづれ日誌 | 07:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 07:14 | - | - |
コメント
《「サクラサク」ふうてんの寅何処の春・・》

台湾(島)の人にも中国(大陸)の人にも、「おいしい」と言ってもらえる空気はホンモノかも知れません。
窒素78%、酸素21%、その他・・という化学成分ではなく、「空気」の向こうに見える樹々の緑や桜や桃の香りや霧・靄の触感がブレンドされての「おいしさ」を、地元の我々が見過ごしているのであれば事は深刻です。

先日、町並みで雑談しながら歩いた大阪からの四人家族の奥様の方が、「世界遺産なのでもっと人混みを想像して来たけど、私たちの貸切りみたいでラッキーです」と嬉しそうにしておられました。
気持ちは複雑でしたが、大都市の歩行者天国並みとか、長い行列の後でないと飲食店に入れない状態を「にぎわい」と称するのであれば、大森の町並みはその辺とは少し距離を置くべきかとも考えるヒントになりました。
「石見銀山らしい観光とは」みたいな、枠組みの大きい議論も必要か、とも。観光の「プロ」と称する人や「業者」からは青臭いと笑われるかもしれませんが。

花道に降る春雨や音もなく
朝寝して寝返り打てば昼寝かな  風天

『男はつらいよ』で寅次郎を演じ切った故渥美清は、「風天」の俳号で俳句も詠まれたようです。
シリーズで石見銀山が取り上げられていたら(温泉津はありますが)、寅さんはどんな風にこの街を表現したのか、聞いてみたい気もします。
上掲句の二句め、座右の銘にしたいくらいです。

銀山の古文書(未公開)を読む会」会報癸隠瓦ら抜粋
『銀山商売瓦版類従』
(ぎんざんひとよせぱんだ):銀山の広告・チラシ・オレオレ文書集成:年代不詳)

「豪州経済線上」の《薀蓄1000章》から抜粋・転載

みなさん、ダラケリングはご存知でしょうか?
1.ダラケリングは比較的金銭負担の少ない有酸素生命活動です。
2.世界中で最も供犠人口の多いのがダラケリングです。
3.人間の全身には身体全体の筋肉の約100%が集中しています。
4.ダラケる時は頭も筋肉も一切使いません。ひたすら脱力します。
5.ダラケる、とは地に両足を着けて生きている状態です。
6.総統府の意向では「今後最も平民にさせたくない娯楽」として”でんでん元年”以来不動の第一位。
7.「この一年間に行った娯楽」でもダラケリングは断トツの最下位の座を守っています。
8.ダラケリングの適正所要時間の計算式は「24時間−睡眠時間」
9.〜11.(細か過ぎる、活動基準、数値目標につき割愛)
12.〜14.(当たり前過ぎる内容なので割愛)
15.1日に16時間のダラケリングを継続した結果、心疾患、脳卒中、糖尿病の発症が有意に減少したという報告はありません(と言うか、この種の報告はサンプル数、調査期間、因果関係判定の設定次第でどうにでも数字がいじれるので、やりません)。逆に、商売人感覚の欠如、使命感からの自由、厭世感、世間離れ、解脱の境地などの昂進が一部の愛好家で見られます。

「銀山領内開催場所不定不健全ダラケリング」
参加していただければゆる〜く健康にも不健康にもなれるすばらしい企画です。
「あなたもダラケリングに参加してみませんか、注目されている企画商品です。
なお、「共謀罪」の濡れ衣を避けるため、ひとつの会場の定員は1名で会場間の連携は一切ご法度です。


| どっと・かめ | 2017/04/11 2:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2614
トラックバック