<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 「サキどり」の余波 | main | お知らせ >>
「歩く」がどれだけ体に効くか知っていますか?

  開花が遅れていた桜も、このところの暖かさで一気に満開となりました。ただ天気に恵まれず、桜の美しさが引き立てず残念です。

代官所前の桜も満開に!

桜に見とれてうれしそう!

 

4月7日のブログで健康ウオークの情報を提供いたしました。

今週末、4月15日の仙ノ山Aコースは満席となりました。この企画は石見銀山世界遺産登録10周年を記念しての企画です。4月から1年間かけて石見銀山街道健康ウオークと銘打って行います。お問い合わせは、石見銀山ガイドの会 電話 0854-89-0120へお願いしますね。

 

健康ウオークに関して丁度いい記事がありました。東洋経済オンラインのモノ・マガジン編集部の「歩く」がどれだけ体に効くか知っていますか。 という記事です。この蘊蓄100章からほんの一部を紹介します。

  1. ウオーキングは比較的負荷の少ない有酸素運動。
  2. 日本の競技人口が最も多いスポーツはウオーキングだそうです。
  3. 下半身には体全体の筋肉の約70%が集まっている。
  4. 歩くときは大腿四頭筋、大腿二頭筋、前脛骨筋、下腿三頭筋など大きな筋肉をいちどに使い、同時に腹筋や腰、腕の筋肉も使っている。
  5. 「歩く」とはどちらか片足が常に地面に着いている状態だそうです。
  6. 内閣府の調査で「今後やってみたい運動はウオーキング」と答えた人が平成3年以来不動の第1位。
  7. 「この一年間に行った運動」も平成6年から「ウオーキング」がトップの座を守っている。
  8. ウオーキングの適正な歩幅の計算式として最も簡単なものが「身長‐100僉廖
  9. 厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準2013」では18歳〜65歳で「歩行又はそれと同等以上の強度の身体活動を毎日60分以上行う」ことが望ましいとされています。
  10. 厚生労働省「健康日本21」では、一日の歩数の目標値男性9000歩、女性8500歩以上(65歳以上の場合、男性7000歩、女性6000歩)としている。
  11. ウオーキングの消費カロリーは、条件によって変わりますが60kgの人が普通の速さで1時間歩いて200kcal程度。1万歩歩けば300〜400kalが消費される。
  12. 大切なことですが、給水は歩き出す30分前300〜500mlが推奨。
  13. 注意は脱水作用があるため飲食後のウオーキングは厳禁。ウオーキング後はまず水を一杯飲むことが勧められている。
  14. ウオーキングには身体に蓄積した脂肪を効率よく燃焼させる効果がある。
  15. 1日30分のウオーキングを継続した結果、心疾患、脳卒中、糖尿病の発症が約30〜40%減少したという報告もあります。ウオーキングによって心拍数が増大すると体内に酸素を取り込む能力が高まり、心肺機能を高めることができる。

 

調査結果の一部をご紹介いたしましたが、ウオーキングすることによる効果が理解していただけたと思います。

 

「石見銀山街道健康ウオーク」 

参加していただければ楽しんで健康になれるというすばらしい企画です。「あなたも健康ウオークに参加してみませんか、注目されている企画商品です。  (S)

| ガイドつれづれ日誌 | 02:14 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - |
コメント
《夜桜のお七錯乱紅蓮の火・・》

桜の写真素敵ですね。でも桜の美しさが引き立てず残念ですね。歩いている観光客さんの笑い顔も素敵ですね。商品も満席のようで今後の販売促進、応援祈っています。

閑話休題。
先日、北海道礼文島から車中泊を重ねながら鹿児島まで南下されているご夫婦と、方向が同じなので少し雑談しながら歩きました。
気になったのは、「みてあるきマップ」も何も地図らしきものは持っておられない事でした。
貰ったけど手にしていなかったのか、渡される機会がなかったのかは判りません。同様な事は実は割とあります。

現状、マップは、「要求されれば渡す」「ツアーの際のサービスとして渡す」「道案内のついでに渡す」、と言う位置づけかと思います。
が、少なくとも駐車場利用者には、降車時に入手し易い仕組みは無理でしょうか。出口の目立つところに配置するとか・・
案内所や係員、あるいはガイド事務所と「まったく接触する機会の無かった」観光客は、結局はサービス・インフラから漏れることになり、折角の「おもてなし準備」も中途半端になります。
似たような、「石見銀山遺跡の来訪者受入れ体制の綻び」が他に無いのか、つまらない無頓着が必要以上に評価・評判を損ねていないか・・自分自身への自省も込めて、恐謹敬白。

銀山の古文書(未公開)を読む会」会報癸隠海ら抜粋
『銀山耳袋』
(ぎんざんねこのふぐり:銀山の珍談・奇談、庶民の噂話を採録:年代不明)

丁稚のかめ吉:「ご隠居様、悲しいお知らせです。遂にご領内では一人での散策が禁止になりました」
隠居の聖兵衛:「最近悲しいお知らせが多いが、今回のは深刻じゃ。歩くことも団体でないといかんのか?儂は、ひたすら一人でぶらぶら歩くのが好きでのお」
丁稚:「とんでもありません。ご領内のさくら保育園の園児ですら、列を守って歩きます。観光客に対しても、ここは歩行者天国ではないからと、右側通行や一列縦隊を口やかましく言う事に誇りを持っている人もいます」
隠居:「観光客にも保育園児扱いか・・辛い世の中じゃ。規則を感じさせずに安全を計るのが、オトナなんじゃがのお。話は変わるが、昨夜代官所で講演があっての、あまりに退屈なので一句詠んだぞ」
丁稚:「ご隠居様は、銀山の生んだ”俳聖”と言われてます。謹んで承ります」
隠居:「”聴衆の九分咲き匂うサクラかな”・・どうじゃ。代官所前の川土手の桜が目に浮かぶであろう。代官所の動員力へのゴマスリもしておる」
丁稚:「私めも、一句でけました。”サクラゆえ話しに花も咲かず散り”」


| どっと・かめ | 2017/04/10 4:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2612
トラックバック