<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 悩む3月の季節 | main | 天空の朝ごはん >>
ホームページのリニューアル

本日、石見銀山ガイドの会のホームページをリニューアルしました。

「石見銀山ガイドの会」で検索していただければ、装い新たなホームページをご覧いただけます。

当ブログの直近の5日間のタイトルもご覧いただけるようになっています。

4月1日のAF通信を楽しみにしていただいている方には申し訳ないのですが、今年は、お届けできません。悪しからずご了承ください。

 

3月31日、金沢市のお客様がおいでになりました。

町並みの、ワンコインガイドに参加されたその客様は、毎日、昼休みに当ブログをご覧いただいていると言うことでした。筆者が、私が(A)ですと自己紹介すると、「どっと・かめさんはどなたですか?」と。「どっと・かめさんは当ブログの貴重なコメンテーターです」とお答えしました。

金沢で、毎日当ブログをご覧いただいている方がいらっしゃるということに感激しました。

 

 

3月29日の代官所前広場に、松ぼっくりがたくさん落ちていました。

 

 

落ちていたのでなく、一つ一つ落とされていたのです。

松ぼっくりが木の栄養分を吸い取って、松の木の成長を妨げるということで3年に1回くらいこのような作業が行われているということでした。

 

 

松ぼっくりはひとつ残らずとられました。

大森町の景観を守る一端です。(A)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 05:09 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:09 | - | - |
コメント
《拝観停止・・》

銀山の古文書(未公開)を読む会」会報癸隠阿ら抜粋
『銀山耳袋』
(ぎんざんねこのふぐり:銀山の珍談・奇談、庶民の噂話を採録:年代不明)

丁稚のかめ吉:「ご隠居様、悲しいお知らせです。遂にあのAF通信社が廃刊になりました」
隠居の聖兵衛:「おお!あの、4月1日しか発行しないという伝説の通信社か。たしか、April Foolの略号でAF通信じゃったかの」
丁稚:「いえ。論説主幹の口癖が♪あ(A)だし馬鹿よねぇ〜 お馬鹿(Fool)さんよねぇ〜♪なのでAFを屋号とした、というのが最近の有力な学説です」
隠居:「沖泊の大ダコ出現、とか、仙の山の恐竜の足跡とかスクープも多かったのに惜しいのぉ。やはり、キムラタクヤが銀山公園付近に出没しているという自作自演記事が致命的だったのか」
丁稚:「はい。これで、代官所に楯突いたり反御領内的な論調の瓦版がなくなるので、代官様や御用商人はほくそ笑んでおられます」
隠居:「これから路頭に迷う社員は、代官所のお情けで、川に忖度(そんたく)に行ったり山でしばかれたり辛い人生になるのかのお」
丁稚:「しかし、山道を彷徨う内に地表の銀鉱脈に出くわすかも知れません。これを鉱山用語では《露頭に迷う》と言って、ビンゴ!です」
隠居:「そういう幸運に恵まれたら、来年は是非とも復刊して欲しいぞ・・」
| どっと・かめ | 2017/04/01 11:42 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2603
トラックバック