<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 町並みでよかった | main | ニュース >>
3月からのガイド案内について

季節は冬から春に移ります。確実に春が近づいています。銀山公園の梅の花も少しずつ膨らんできています。

天気に誘われ週末、多くのお客様の来訪もあり、久しぶりに駐車場は満車を迎えました。いよいよ、にぎやかな石見銀山幕開けとなりますね。3月12日には梅まつりも開催されます。

 

12月から2月まで冬季体制であった「ワンコインガイド」も3月より通常の体制にもどります。

 

間歩ワンコインガイド

午前 10時30分発  ガイド時間 10時半〜12時 90分

午後 13時出発 ガイド時間 13時〜14時半 90分

出発場所 いずれも銀山公園

ガイドコース 銀山公園〜豊栄神社〜清水寺〜龍源寺間歩〜間歩出口付近で解散

 

 

町並ワンコインガイド

午前10時半発のみ ガイド時間 10時半〜12時

出発場所 代官所前広場

ガイド時間 90分

 

いずれのコースもガイド料は大人(高校生以上)500円、小中学生以下は無料

 

大久保間歩ツアー   3月3日より再開されます。

一般公開日  金、土、日、祝日です。

料金 大人4000円 小中学生3000

出発時間 9時半

     10時半

     12時15

     13時15

集合場所 石見銀山世界遺産センター 出発30分前

 

ご予約、お問い合わせは大久保間歩予約センター

電話 0854-84-0750

 

その他、ガイド依頼につきましては、石見銀山ガイドの会

にお問い合わせください。

電話 0854-89-0120  FAX 0854-89-0706  (S)

 

| ガイドつれづれ日誌 | 00:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - |
コメント
《愛唱歌が流れたらそれは災害の発生です・・》

防災行政無線は,火災,風水害,地震などの災害発生時(中略)、緊急時に、住民のみなさまへいち早く情報をお知らせするため(中略)運用を行っています。
【大田市HPより】

私がコメントで「愛唱歌」に言及することも多いので、市民的一体感や周年行事成功の機運醸成に水を差すような発言はいかながなものか、とのアドバイスが聞こえて来ました。ここで、私の真意と希望を説明しておきます。

「自称・愛唱歌」はとても良い歌です。曲はもちろんですが、詩の内容が素晴らしい。
そして、この歌をもっと市民や市外からの来訪者に普及する必要があります。ですから、毎日16時半の放送を回数増で対応すればどうでしょうか。
その為には経費増(電気代)の問題もあるので、大変残念ではありますが旧大田市以外の地域と銀山周辺の拠点放送を止め、その回数分を市役所周辺に集約すれば、1時間おきにしかも今より大音量で流せて一石二鳥ではないでしょうか。
もちろん、銀山公園売店のように終日エンドレスという選択肢もあります。

多分、防災無線放送で定時音楽放送するという、「商店街BGM放送」ライクなユニークな取り組が総務省や他市町村でも評価されるはずです。
また、銀山周辺では、人工音が少ない本来の環境が戻り、鳥の囀り、川のせせらぎ、風が樹々を渡る音も聴こえる場所に立ち返ります。
一石四鳥ぐらいの効果が期待できます。

「銀山の古文書(未公開)を読む会」会報癸靴ら抜粋
『銀山耳袋』
(ぎんざんねこのふぐり:銀山の珍談・奇談、庶民の噂話を採録:年代不明)

丁稚のかめ吉:「ご隠居様!とうとう新しい元号の予告版が発表されました」
隠居の聖兵衛:「やはり〈瑞穂の國記念取りもろす国〉総統は国民の意見は無視か・・で、なんと?」
丁稚:「〈云々〉と表記して”でんでん”と読むのだそうで」
隠居:「でんでん元年、でんでん二年、と続くのか・・頭痛が痛いぞ。大田胃散(おおだひさん)を持ってこい・・」
丁稚:「はい、云々神宮、云々製菓、云々製薬も作ります。南極には云々基地もです」
隠居:「云々大学を加えて東京七大学野球リーグじゃな。伝統の早=云戦(そうでんせん)とか」
丁稚:「ご領内でも新たに〈云々間歩〉を掘削するようです。最盛期のような大量の銀が・・」
隠居:「出(で)ん出(で)ん」
| どっと・かめ | 2017/02/27 12:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://iwami-gg.jugem.jp/trackback/2567
トラックバック