<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

カテゴリー
最新の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
月別の記事
リンク
サイト内検索
その他
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス)
美味しんぼ 109 (ビッグ コミックス) (JUGEMレビュー »)
雁屋 哲
著名なグルメ漫画に『日本全県味巡り 島根編』が登場しました。石見の食の幸も色々紹介されています

国銅〈上〉 (新潮文庫)
国銅〈上〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
帚木 蓬生
天平の世、大仏造営の命を受けて奈良へと旅立つ青年の苦難の人生を軸に、当時の人々の生き様が素朴で力強く描かれた良書
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
銀山旧記

  石見銀山を語るときその母体となっているのが「銀山旧記」という古文書です。実はこの銀山旧記なるもの数多く残されています。よく知られているのが、野沢家文書の「銀山要集」で文化13年(1816)に銀山付役人「大賀覚兵衛」が編集したものです。内容はほぼ同じで高橋家文書に「銀山旧記」もあります。

この度思いがけなく「銀山記」の古文書が見つかりました。表題から、文政13年(18305月に因幡屋・米平氏(いずこの因幡屋かは不明)が写し書かれた「石見国銀山記」を、大田町の「山根亀十」氏が嘉永6年(18531月に写した書のようです。

石見銀山古文書「石見國銀山記」(赤文字は実際にはありません)

 37ページからなる内容は、「大賀覚兵衛」のとほぼ同じですが、省略された部分もありまた、最後に歴代の奉行・代官が記されています、文化13年以降、文政13年(1830)までの代官も記されています。

阿久沢代官、大岡代官、蓑代官の名もあります、恐らくこのページが最後であったと思われます。

このページが元本の終わりだったかも「阿久沢」「大岡」「蓑」代官の名が見えます

 最後のページには、山根氏が(おそらく)書き加えたと思われる嘉永6年までの4名の代官が追加されていました、ただしこの間の3名の「預かり」(代官が死亡等で一時的に兼務)代官の名は省略し載っていません。

最終ページ、その後の4名の代官名が見えます「嘉永六・丑正月」に写本されたのでしょう

追伸

 松江城のお殿様「京極忠高」も石見銀山を管理しました。石見銀山3番目の奉行「武村籐兵衛」死去の後石見銀山は当時の松江藩主京極若狭守忠高が預かりました。(銀爺)

赤く囲みに「京極若狭守」の名が見えます

 堀尾家→京極家→松平家と継がれた松江城

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
山師と山相学P2

 金や銀の鉱脈を発見する手段として、植物の状態から探し出す方法があります。石見でも「葱芧」の類や草木の色(状態)等から探したそうです。ねぎ類の仲間は痩せた土地に育成することから、のびる、あさつき、等や茅(かや)の色が変化しているのを始め辺りの草木色、状態の変化も参考にしたそうです。また、「金山草」別名「ヘビノネゴザ」というシダも銀山固有の植物となっています。

龍源寺間歩入り口の「金山草」(ヘビノネゴザ)

 当初は、崖など、地層が崩れた場所などで鉱脈を見つけて採掘します、これを露頭掘りと云います。鉱脈が地中に伸びていれば、そのまま掘り進みます、これを「𨫤押し堀(ひおしぼり)」と云います。これらの採掘方法は鉱石そのものを掘っているため効率は良いのですが地中を掘ると湧き水が出るためその時点で採掘は出来なくなる欠点もありました。石見銀山開発初期はこれらの方法が主流でした。

代表的な露頭掘り「三本露頭」黒っぽい凹んだ部分が銀鉱石採掘跡

 一旦がけ崩れなどで表面に姿を出した鉱脈も長い年月で表面に土が積もり鉱脈が見えなくなっている所は前述したそこの草木の状態で鉱脈の有無を探し当てるのです。

具体的には、霜に注目する場合、霜が降りると草は一面白くなるが、鉱脈の上に生えた草は白くならない。また、立木に注意を払う場合、鉱脈に生えた立木は春になると葉は青みをおびるか鉛色になり、小枝の先は黒みをおびる等不自然な色になるそうです。

これらを、陰陽五行の相生・相克で説明すると、土は金を相生、金は水を相生し、金は木を相克という事になるのですね。(銀)

相生、相克

 

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山師と山相学

 「やまし」といえば「いかさま師」を連想しますが、石見銀山では大変優遇された特権階級でした。石見銀山で山師と認められると苗字帯刀が許され、武士に準じた扱いとなります。

一般には、鉱脈の発見、鑑定、鉱石の採掘事業を行う等の他、投機的な事業で一攫千金をねらう投機師的な要素もあるようです。

江戸初期石見銀山で大活躍をした山師・安原伝兵衛

 江戸中期に「佐藤元伯」の「山相秘録」なるものがあります。言わば山師の虎の巻のようなもので、山相学(人相、手相のように山にも山の相がある)の本です。

要約すると、夏の雨上がりの昼間北側から遠目に山を見ると山が光って見える事で鉱山が分かる。これが第一段階で「遠見の法」。

 次に行うのが「中夜望見の法」で眠っている金属の種類を見分ける方法ですが、夏から秋にかけて月のない良く晴れた日の夜繰り返しよく観察すると、金は華、銀は龍、銅は虹、鉛は煙り、錫は霧に似た精気が立ち上る由。

そのメカニズムは、夏季の暖かい雨が地中の鉱物を蒸し太陽は地下に廻って鉱物を熱し、その結果鉱物はそれぞれ特有の精気を空中に発散するのだそうです。

山師の虎の巻・山相秘録

 果たしてこの方法で鉱山が発見できるとは到底思えませんが、山師たちは大切にしたのですね。精気が見えないのは修業が足らないという事なのでしょうね。

 現在は理論を立てその後に結果を見つけますが、江戸期は実態が先に有りその後に理論を当てはめるという事でしょうか。又風水や陰陽五行を当てはめるなど、お見事と褒めたくなるような理論をも当てはめています。そんな中、川下で鉱石を見つけ川をたどって上り鉱山を見つけるような実践向きの発見法もあります。

 いずれにしても山師の山感に頼ることになったのでしょうかね。鉱山を発見すれば文字通り「一山当てる」という事でハイリスクハイリターンの世界である事は否めませんですね。一山当てることは男のロマンだったのでしょうかね〜。(銀)

山組頭・高橋家住宅

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
間歩、銀だけではないよ

 石見銀山には沢山の間歩が点在しています。一般に石見銀山の間歩といえば銀の採掘の為の坑道ですが、実は他の目的の間歩も存在します。今回はそんな間歩を紹介します。

龍源寺間歩に行く道中の中ほどにある「新切間歩公園」ここは秋の紅葉が美しく、トイレ、上水道、そして東屋のある龍源寺間歩への道中一休み出来る絶好のポイントです。ここは文字通り「新切間歩」という公営間歩(御直山)ですが、開発の目的は排水溝でした。そのため山の一番標高の低い位置にあります。他の間歩から出た湧き水をこの標高の低いこの間歩に流し排水溝とするためでした。実際にはこの間歩からも思いがけなく銀が産出しボーナスが支給されたそうです。縁起の良い間歩ですから、龍源寺間歩への道中お参りして御利益いただきましょう。

新切間歩

 他に、間歩は一般に崖などに坑口がありますが、時に平坦地に坑口を空けている間歩もあります。これは「立坑」で現在石見銀山では30っか所くらい確認されているそうです。目的は地下の坑道につながり、坑道内の空気の流れを発生させた空調設備という事になります。石見銀山山歩きする時はルートを外れないよう願います、大変危険です。(ルートは安全です)変わったところでは、水間歩と云うのが存在します。極楽寺本堂裏には水を得るための水間歩があります。ここは「龍女伝説」なるものがあり仙の山の龍がこの地に水を出してくれたとか。

極楽寺の水間歩(仙の山の龍が水を出してくれたとか)

  また、大森小学校隣の「西本寺」の裏にも水間歩があります。普通水を得るには地面に垂直に掘りますが(井戸)言うなれば横穴式井戸とでも言いましょうか、間歩を掘れば水が出るという銀採掘には厄介な問題を逆手にとった知恵ですね。(銀)

西本寺裏にある水間歩

西本寺

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀に目覚めた日本

  石見銀山に「灰吹き法」という銀の製錬法が導入されるとその後驚くべき速さで日本国中に銀山開発が伝播しました。実はそれ以前のわが国では銀は貴金属ではありましたが金とは違い通貨という考えは無かったのです。しかし、銀があれば海外の魅力的な物が手に入る事を知ると一変します。戦国大名は鉄砲に使用する火薬の材料「硝石」等を手に入れるため銀への関心が高まりました。

天正3(1575)長篠合戦(鉄砲が大量に使用された)

  兵庫県の生野銀山は天文111542)銀鉱石を石見に持ち帰り有望な銀鉱石という事で石見銀山から技術者がきて開発が始まりました。一方佐渡銀山は同時期に鶴子銀山が開発、慶長元年(1595)には、石見銀山から山師を招き本格的な坑道による採掘始まっています。佐渡の銀山発見伝説が興味深いのです。“越後の商人何某かが日本海を航行中佐渡の山が光った云々”これって石見銀山発見伝説と全く同じ(石見は博多の商人)です。

佐渡金山の「道遊の割戸」

  石見と佐渡はその後もかかわりが深く、江戸初期にはどちらも「大久保長安」が管轄していたため、石見銀山の地役人「宗岡佐渡」も佐渡の代官として活躍しています。また、興味深いのは鉱山関係者のみならず漁業漁師も石見から移住していたそうです。これは、急激に増えた佐渡銀山の食糧不足を解決する手段の一つなのです。また、佐渡には石見から移住した人の子孫らしい、「石見(いしみ)」姓があるそうです。(銀)

石見銀山地役人・宗岡家

 

 

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山陰中央新報8月24日記事より

 今までは、16世紀に古地図を通して石見銀山の存在が西洋でも知れられていることは知られていましたが、ポルトガルが直接石見に往来を記した資料はありませんでした。

テイセラ日本地図

 このほどポルトガル船が直接石見銀を得るために石見を訪れた資料がスペインで確認されたそうです。文献には石見と漢字で書かれたところに重ねるようにスペイン語が書き添えてありました、「イワニ国 銀が大量にある 当地にはポルトガル人が来航する」と書かれているそうです。又「安芸」の文字には当国の王がイワニの銀をすべて享受する。とあり、毛利氏が石見銀を掌握していたことをも表してあり、歴史上のつじつまが合っているようです。

山陰中央新報8月24日

 文献は1587(天正15)「マニラ来航日本人への質問録と日本情報」に記されている。スペイン国立文書館「マドリード」に残されていたものを、東大大学院「岡美穂子」准教授がっ確認したとのことです。当時スペインはポルトガルと国際貿易で互いに競っており、ポルトガルが独占していた大量の銀を産出する、石見銀山に注目していたようです。因みにこの時期の日本は豊臣政権初期の頃です。(銀)

桃山文化

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
万里の長城と石見銀山

 大永7年(1527)博多の商人「神屋寿禎」によって開発されたとされる石見銀山はその6年後、天文2年(1533)に朝鮮半島から「灰吹き法」と呼ばれる銀の製錬法が伝わり、その数年後には大量の石見銀が朝鮮半島に輸出されます。その見返りに輸入されたのは主に木綿でした。16世紀後半日本で大きく普及した木綿は石見銀が関わっていたのです。

神屋寿禎・銀山発見伝説「山が光った!」

 また、石見銀の情報を得た中国商人も日本に来航します。かくして石見銀の情報は倭寇等の情報網を経て、当時アジア貿易に参入していたポルトガルにも流れ天文12年(1543)種子島に漂着した「鉄砲伝来」となったのです。私たちも日本史で勉強しましたが、なんとなく偶然に種子島に漂着した、の如く勉強したように思います。実はその目的が石見銀であったという事なのです。

鉄砲伝来

 これらの銀を取り巻くその大元は、他ならぬ明国(中国)であり、まるでブラックホールの如く石見銀をはじめとした銀を飲み込んでゆきました。つまりポルトガルは中国と交易するためには何としても日本の銀が必要だったのです。当時中国は「北虜南倭」(北方民族の侵入、南シナ海を横行する倭寇の存在)に手を焼いていました。そこで北の万里の長城の整備にも大量の銀が必要でした。あの雄大な万里の長城建設には石見銀が大量につぎ込まれたという事になるのです。(銀)

万里の長城

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:18 | comments(1) | trackbacks(0) |
逸話は後で作られる

  代官所前の「大森会館」の河村前社長、生前は大変お世話になった一人です。初めてお会いして伺ったのがガイドになって間もない頃「仙の山(銀山)」の「石銀(いしがね)地区」にある複数の大きな窪みでした。先輩ガイドに聞いても明快な答えが得られず、河村前社長に伺ったところ、戦時中、松の切株ⁿの「肥松」から「松根油(しょうこんゆ)」を採った跡でした。

石銀地区の窪み(松の根を掘った跡)

 他にもいろいろ興味深い話を聞きましたが、その中から今回紹介するのは城上神社の「亀石」、元々馬路の城上山にあった城上神社が大内の時代に現城上神社向かいの「愛宕山」に移され、その際は共に亀石も移設されましたが、毛利の時代今度は愛宕山から現地に神社は移設され、その際この亀石は愛宕山に置き去りにされたとか、亀石は自力で山を下りましたが神社前の銀山川まで来て身動きが取れず夜な夜なしくしく泣いていたとか、それに気が付いて人々が川から引き上げ現地に安置した由。

城上神社神社の境内にある「亀石」

 私が疑問に思ったのが亀石の土台(コンクリート)でした。河村前社長に「土台はいつ作り直したのですか?」と伺うと、失笑しながら、始めっからあの土台との事。はっきり断言はされなかったですがニュアンス的には昭和初期頃に出来た話のようでした。また、城上神社が当初大内の時代に愛宕山に移設されたという確かな資料は無いようです。

亀石の台はコンクリート製

 逸話と云うものはこのように後の世に作られるケースがほとんどで、心に残るような出来の良い話は言い伝えられ、そうでない話は忘れ去られるのでしょうね。という事は、消え去った逸話も過っては多くあったかも、そういった話にも興味あるな〜。(銀)

代官所前の「大森会館」背景の山は「愛宕山」です

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
実は石見銀山、銀の生産が超楽だった

  過って世界のトップクラスの銀山として光り輝いた石見銀山ですが、トータル的に見ると石見銀山は世界のトップテンにも入っていません。また、国内でも佐渡金山(新潟県)や生野銀山(兵庫県)の方が多く銀を産出しています。では、何故石見銀山が世界にその名を轟かせたのでしょう。

銀山周辺の山々(写真上)と銀山(写真下)山の形の違い

  仙の山頂上付近は百万年くらい前に火山の噴出物が降り積もって出来ました。というわけでこの辺りの山々とは明らかに異なり、頂上付近が広く平坦です。その下の地層は津野津層が広がりこれが石州瓦の原料となった粘土層です。その下はさらに古い時代海底火山活動で出来たグリーンタフ(緑色凝灰岩)と呼ばれる地層がありこの地層には金属資源、非金属資源が豊富で周辺の鉱山を生んでいます。(大まかな表現です)

福光石切り場・グリーンタフ地層から出る石材採取場

  火山により出来た熱水は銀や銅等を溶かして地表に出てきますが、熱水の温度が冷めるとそこに金属が結晶となって現れます、銅は銀や金に比べ高温で出来ますが金や銀はそれより低い温度で生じます。従って金や銀は山頂など地表近くでき、地中深くなると次第に銅の量が増えてくるのです。石見銀山では銀を含んだ熱水が山頂付近でガサガサに降り積もった火山灰や礫の隙間に染み込むような形で入り込み冷えて銀を生み出したのです。

この頂上付近の銀鉱床を「福石鉱床」と云い自然銀や輝銀鉱のような不純物の少ない銀化合物で初期の未熟な精錬技術でも銀を生産することが出来ました。又鉱石は元々礫岩ですので容易に要石で粉砕できたのです。銀鉱石を採取するのも、銀を製錬するのもやり易かったのでしょうね。その後技術は日進月歩進化していったものと思われます。(銀)

仙の山山頂・石銀(いしがね)地区

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
山の見立て

 17世紀(1600年代)日本の銀は大半が対外貿易に使用されました。「新井白石」によると全体の3/4が対外貿易に使われたとのことです。一方17世紀半ば頃からは鉱石の枯渇、採掘場が地中深くなったため湧き水などにより産銀量は激減しました。

江戸時代の貿易の窓口・長崎の出島

 実は、日本の銀山は海外の銀山に比べて規模が小さく開発から数十年で枯渇してしまうのです。海外では採掘期間が何百年と長くその規模が大きく、それが日本との大きな違いなのです。この事は銀の採掘方法にも大きな違いが出ました。つまり海外では坑道は大きく滑車等機械化が進み、立坑が良く利用されます。一方日本では、そんなところに経費を費やしても設備の償却がなりません、したがって坑道は狭く、人力でチビリチビリと採掘することになるのです。結果的に自然に負荷のかからない採掘がなされた云々になるのでしょうね。

仙の山・山頂付近の第3号間歩坑口

 小規模な銀山は、新たな銀山を開発せねばならないので、わが国の山師たちは銀山を発見することが大切になります。俗に云う「山の見立て」が大切で、「山相学」なる学問もできました。しかし、どうも山師の経験を陰陽五行に当てはめた感が強いです。最終的には新銀山の発見は山師の「山勘」によって発見されたのかもしれませんね。(銀)

山相秘録

| 銀山 むかし語りいま語り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>